FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

一つの幸せ

 彼女は私よりちょっと年上で50代。この人の年代は、バブル華やかだったころに20代だったのが特徴で、ただでさえ話がおもしろい人ではあるのだが、お酒を飲みに行ったお店で見知らぬオジサンが20万とか30万もするワインをテーブルに贈ってくれた話とか、仕事先の人が、お友達とどうぞ、と食事に招待してくれたレストランで一人前5万円はくだらないようなコース料理で、この際だから、とお友達グループ4人で行って、コース料理食べて、ついでに20万もするようなシャンパンだったかワインだったかを何本も頼んで、ごちそうさまでした、とにっこり笑って帰ってきて、招待してくれた人さえそれで喜んでいた…というような話を聞くのが、そこはどこなの?本当に日本?という感じで、特に楽しい。
 私が成人したころにはバブルは終わっていたからねえ。

いまもとても「きれい」な人というか、美しい人で、20代だったころの写真も見せてもらったことがあるけれども、もう本当に、ミス・ナントカが本気で狙えそうな感じで、輝くような美貌とスタイル。本当に、今だって服装のセンスもスタイルもよくて、一緒に出掛けるとまるで百貨店のマネキンみたいなのだ。絶対個性的な服なんだけど、きれいだと何でもキマるんだなあ…という感じ。
 「これが流行りで、人気でみなさん買っていかれますよ」なんていう服は絶対着ない、「誰も買ってないのを出してください」とブティックでは言うぐらいだそうだ。ちなみに、普段の服は「生協の通販よ」と笑っているが、いや、もうどこから見ても、ジャクリーン・ケネディみたいだから!!(画像はジャクリーン・ケネディ。wikipediaからお借りしました)
 
 そんな美しい人に、もちろん旦那さんはいて、お子さんも2人。中高生でうちの子より年上だが、両方男の子なので「ああー、そんなのよくあったわよ」という彼女にはしょっちゅういいアドバイスをもらっている。
  ある日、お子さんの学校に呼び出されて、早くつきすぎてしまったので、彼女はショッピングモールで時間をつぶしていたらしい。
そうしたら、「あの、もしお時間よかったらお茶でも…」と、なんと、同じぐらいの年の男性にナンパされたのだそう!

 この年でナンパされるとは思わなかった、と彼女は笑っていた。もちろん、「全然時間はよくないのでお断りです」みたいなきっぱりした断り方をしたそうだし、「なんでこんな男とお茶のみに行かなきゃいけないのよ!」と腹が立ったそうだが、それでも、ちょっとすごいと思う。

 本人は、若いころには特に、お茶だの、食事だのに誘われたことが数えきれないぐらいあるみたいだから、こんなことは珍しくもないのだろうけど、きっと誘った人以外にも、彼女を美しい、魅力的だと思った人はとてもたくさんいただろうなあ、と思う。
 美人に生まれるって、どんな気分なんだろう。通りかかる人が振り向くぐらい美人って、こういう人のことをいうのだ、きっと。



 …という話を、夫にした。
 いいなあ…一度でいいから、きれいだと思われたかった。今更だけど、美人だったら、なにかもっと変わったことが起きたのかなあ。専業主婦ではなくて。
 そんなことを考えていたら、ふっと夫と目があった。

「かわいいよ?」 と笑顔で言われた。
 なんだか、それだけで、きれいだったらよかったのにな、なんて気分がしなくなった。

何万人もの人から、きっと、あ、美人。と思われている人もいるけれど、たった一人の人から、かわいいと思われるのも、またこれはこれで、いいのではないだろうか。
 お見合い結婚だった彼女は、恋愛結婚だった私と夫が、ちょっとうらやましいと言っていた。
 彼女のお友達で、お見合い結婚だった人は、もし、もう一度、若いころに戻れるならもう一度今の人と結婚するか…という質問に、「いや、もういい。結婚自体、いらない」という人が多いのだが、恋愛結婚だった人は、どんなに旦那さんの悪口を言って、こんな人と結婚しなけりゃよかったと言っているような人でも、「うっ」と一度考えるそうだ。その詰まるのが、うらやましいと。
 ちなみに私もその質問をされたが、即答で「うん、相手がどう思うかはわからないけど、私はそうしたいね」と答えたので、「ねーほんと!だと思ったけどうらやましいわ!」と言われた。

…なんでもは手に入らないものだね…。としみじみした。
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
今日のポケモンGO
ポケモンボールPlusは、任天堂スイッチの本体用の充電器で充電できる…と書いてあるんだけど、うまく充電しない。
本体にUSB-Cをつないでおいてそのケーブルに差すと充電するので遊ぶのには不自由ないんだけど、これはどっちの不具合なんだろう。充電器はスイッチ本体に充電は出来るのでポケボールの方なんだろうか。
 一応、問い合わせフォームからこうなっていますが、これは故障なのかどうか、と聞いておいた。(まだ返答は来ていない)

 今日、ポケモンボールPlusのスティックスイッチを押したら、赤いランプがともった。
あ?電池切れ?まだ電池切れには早いはず…?

それともエラー?ポケモンを捕まえたりしている時は白いランプがつくんだけど、赤は見たことがなかった。
何のエラーだろう?
いや、あ、違う。コイキングだ!
ポケモンボールPlusは、スティックボタンを押すと、中のポケモンの色に光るんだったね。
つまりピカチュウをいれていた時は黄色く、ミュウをいれておいたらピンクに。
コイキング入れて置いたら赤くなるってことで普通なんだけど、ドキドキするからやめてほしい。茶色とか、黒とかの時はどんな色になるんだろう、今度やってみよう。

念のため、エラーじゃないことを確かめるために振ってみた。コイキングの鳴き声がしたのでOK!
ピカチュウの鳴き声はかわいいけど、他のポケモンはゲームボーイ版とおなじような電子音なので、なんとなくしかわからない。これを機にポケモンの鳴き声も覚えるかな。

« トマト煮込みと節約|Top|塾はいつから? »

コメント

わー、なんて羨ましい。旦那様、女ごころを分かっていますね(*'ω'*)

私なんて、ご近所の奥様が背が高くて若くて細くてきれいなので、「いいなあ、あんな風に生まれたかったよ。努力してもなれないしねえ」って言ったら、「俺は好みじゃないから全然思わないけど、一般的にはきれいなんだろうなあとは思う」ですって。。。
あと一言足りないですよねえ(笑)

「もう一度今の人と結婚するか?」見合い結婚と恋愛結婚の差、面白いわ。
私も恋愛結婚。
しょっちゅう旦那さんの悪口言ってるけど、もう勘弁とは思わないから、この法則あたりかな?
まこちゃん夫婦、幸せそうで読んでてこっちもあたたかな気持ちになりました。
ごちそうさま❤

しおさんへ

なんだか、わかる気がします…。きっとしおさんのところの旦那様も、しおさんがいいよ、と言いたかったんでしょうね。
 不特定多数より、特定単数、そういうことですよね。

フジカさんへ

長く一緒に暮らせば、きっかけがお見合いだって、慕いあって生きていくことはもちろんできると思うんですけどね…そうでなきゃ、こんな制度残りませんよね。
 フジカさんちも、あんまりブログには書かなくても、仲がよさそうだな、って思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる