FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

明るい色の服を着ること

今日の当たり前ポエム↓

十代のころから、私はあんまり目立たない色の服を着ていた。白、ベージュ、茶色、紺、カーキ、ワイン色、くすんだオレンジが最高に明るい色というぐらい。それでも若かったらそれなりにかわいいものだ。
 今、十代、二十代の人たちを見ていると、どんなに地味にしていても、かわいい年ごろだよなあ、と思う。

 そういうのがある程度似あった年齢だっただろうに、赤とか、明るいオレンジとか、きれいな黄緑とか、黄色なんかも、全然着なかった。
 子供が生まれてしばらく、子供が小さかったころは、子供が手を適当に私の服で拭いたりとかするし、(ケチャップとか、チョコとか、油とかでも)泥だらけの子供を抱えて帰るというような事態も起きたので、私の服はかなり、褐色系に偏った。

 その時期を越えて、好きな色の服をある程度着られるようになったのだけれど…。
 黒とか、茶色とか、代わり映えのしない服を着ていると、なんだか、あーあ、って思うのだ。
 
 なんか、変わりばえしないなあ、というのもあるし、気分が暗くなってくるような気もする。
 深緑、紺、焦げ茶色…。

 焦げ茶色のTシャツに、ジーンズをはいて出かけた散歩で、この木をみかけた。
 深緑色の葉っぱの中に浮き上がる朱色のグラデーションを見たとき、ああ、こういうのいいな…。と思った。
 
ちょっと明るい色のものを着よう。
 時々、おばちゃんたちが着ている大きい花柄のものや、奇抜な柄のものは、多分こういう選択基準で選ばれているのではないだろうか。
 
他の人からどう見えるか…という基準だけではなく、自分の気持ちが明るくなりそうなものを着るのも、考えてもいいなあ。

 おばちゃんが、派手なものを着て歩いているのを見たら、若い人はあんまり気にしないでください。

そういう時期が、気分があがらない日が増える時期があるんだってことで、知らんぷりしてくれると助かります、うん。

« 心の傷は|Top|月見草ホテル »

コメント

ようこそ

ようこそ、ハデハデの世界へ!

…というのは冗談ですが、私はハデ好きです。

10代の頃は「土みたいな色」(母曰く)の服ばかり着て、「ぢょん子ちゃんちはお母さんのほうがかわいい服着てるね」と言われたものですが、いつしか母のハデ好きの遺伝が開花しました。

気分もあるけど、顔色だなー。肌の色がくすんでくると、地味な色はキッタナく見えるんですよ。茶色なんか着るとサルみたいだもん。

パッと明るい色を着ると、レフ板効果あると思います。

葬式や法事でもないなら気にせずどんどん明るい服でもきたらいいと思います!
俺なんか黒しか着ないw
服装で気持ちが高揚したり落ち込むこともないいつも精神はフラットだからよくわからなかったくらいです。
あと、いただいたコメントありがとうございました。
試したいけど鴨居を押し上げるほどの長さのつっかえ棒や延伸できる洗濯用の棒みたいなのがなくて悶絶してました。いいアイデアだと思ったんですけど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぢょん でんばあさんんへ

なるほどぅ…。茶色はそろそろ、卒業したほうがいいのかもしれませんねえ。案外多い色だったんですけど。
 クリーム色とか、オフホワイトとか、薄いペパーミントグリーンとか…みたいな抵抗の薄そうなあたりからチャレンジしようと思ってます。

てかとさんへ

気持ちは服装とは無関係。なんとなく魅力的ですね、それ。
あんまりオシャレなほうでもないので、これはダメだ、と思ったらそっちに鞍替えすることにします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる