FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

いいな、と思う生き方

時々、集まる趣味の集い…といっても、学生時代のサークルが元になっているので、古くから知っている人が多い。
多いときは数十人来るが、少ないときは数人。大体会場を借り、SNSで通知。

場所があんまり近くないのでなかなか参加できなかったのだが、久しぶりに行ってきた。
 会場の準備をしているうちにだんだん集まってくる。今日は大体10人前後来ると連絡があったらしい。

じゃあ、始めようか…となってから、入ってきたのが、友人K。
 おや、久しぶりだね?

大体、開催後に撮った写真なんかもSNSにアップされるのだけれども、このKはあんまり見かけない。
 誰とも特に取り立てて仲がいい、というでもなく。それほど目立つタイプでもなく、よく話す奴でもなく…。

「K、ひさしぶり」と声をかけた私に、「おう」とちょっとうれしそうに挨拶はしてくれたけど。反応は薄めだ。

 まあ…昔からこういうやつだったけどさ。

雑談をする。暑いね、とみんなで言い合っていると、Kは「もう暑くても汗も出なくなったよw慣れたから」みたいな感じ。そういや、焼けたね?としばらくぶりに見ると、みんなに指摘されるぐらいに日に焼けている。
 「ああ、これは、旗振り焼け」
なるほど…多分、工事現場とかで交通誘導とかをしているああいう野外の仕事なんだろうなあ。
 彼は体が慣れてくると、まあ、それなりに大丈夫になるのだ、と笑っていた。
ヘルメットのベルトの形に顔が焼けている。
 真面目に、仕事をしているんだなあ…。仕事を全然していなかった時期も知っている私はちょっと、ほっとした。

 話しかけられれば話す。そうでない場合はもう、黙々と。終了まで活動して、じゃあ、2次会というか、夕飯みんなで食べて帰ろうか、となったときに、「K、来る?場所わかる、このレストランね」と言うと「ちょっと、打ってから行くから」とサラッと出て行った。

 あー。パチンコだ。彼は結構ギリギリの生活をしているようなところがあるのに、パチンコを打つ。これはちょっとな、と思われるところだった。奥さんと子供も2人いるときに、生活が苦しい感じだったのにやっぱりパチンコはやめなくて、結局離婚したと聞いたものね…(奥さんは再婚しているらしい)。

 大丈夫なんだろうか…と思ったけど、レストランに30分ほど遅れて到着した彼は、普通に料理を注文して、みんなと一緒にデザート食べて、「このあたりの店はあんまり来たことがないから、もうちょっと打って帰るよ」とみんながまだ話している途中に、「じゃな」と帰っていった。

 なんか、いいなあ…と思った。彼は自分に必要なだけ仕事をして、自分の気に入った気晴らしをして、他の人と軽く交流して、生きているのだ。誰が自分のことを何と言っているか、なんて全然気にしていない。昔からの友達に会うこの場所に自分が来ることに何の問題もないとわかっていて…いくら久しぶりでもだ。

私なんか久しぶりだと気後れして、気分が上がらない時はこういうところに来るのはなかなか骨の折れることで、予定が空いていても今日はいいや…とやめてしまうこともあるのに。一年に一度しかいかないけど、別に…みたいなひょうひょうとしたところが彼にはある。

 仕事は好き嫌いではなく、やれる仕事があるから、やっている…ぐらいのノリで、毎日働いて、慣れれば別に大丈夫だし、と言い、自分で楽しいことを見つけて生きている感じが、とてもいいな…と思った。いるだけ稼げれば、仕事に「合う、合わない」とか悩んでいる暇なんかないのだ。明日はまた、仕事があるんだから。
 
 疲れるまでパチンコ打って、お金が儲かっても損をしても、家に帰って寝ればOK。割と…これでいいのかもしれないな、と思った。
 顔色もよかったしな…顔色が悪くて、辛そうだった時期もあったのを覚えている。でも多分彼は、一人で暮らしている今、ちょっと幸せそうだった。
 
若い時より貫禄はついてたし、額の線は後退していたけど、でも、若いころの彼に戻ったようだった。
 彼が嫌いだ、と公言する人もいた。あのいい加減な感じが、すごくイヤだと。でも、私はそういういい加減な感じがする彼の生き方が、ちょっとうらやましい、と今日思った。
 
 私は気分があがらないとか、他の人がどう思っているかとか、例えば古くから知っている友達が最近声をかけてくれなくなったとか、そういうことでくよくよしているのだ。多分、そういうことを考える暇があるから。
 でも、彼はもう、そんなことを気にしていない。
 自力で稼げるだけ稼いで生活を成り立たせて、好きなギャンブルで破綻しないようにバランスを取りながら生きている。趣味と、仕事と、生活。自分の満足だけを求めて。衣食住に趣味。誰が何を言っていても、そんなこと気にしない。誰が何を思っていても、俺にわかるわけはない。
私はそれでいいのか…と思うけど、彼はそれでいいのだろうとしか思えない。彼は…つまり10代の頃から、そーだったなあ…。

 「まこは、マジメだからなあ…」 
 「悪いね、融通が利かなくって」
二十代の頃、ほめてるともけなしてるともつかない口調のKと、そんな会話をした覚えがある。

 意外と…いや、これは意外じゃあないのか。変わってないってことなんだなあ。

« サマータイム導入のこと|Top|クーラーをかけて寝ていても注意 »

コメント

古い友人の生き方ほど見ていていろんな思いを馳せますよね。
私も丁度うーーんと古い同級生のことを書こうとしていた時に
まこさんの記事読んで、あれ?若干シンクロしてる??
と思いました。生きているといろんな方と出会いますね。

さとちんさんへ

さとちんさんのところへコメントいれたとき、名前が入ってなくて名無しコメントになってしまいました(汗)。
ちなみに今日書いた人は会ったのは20歳ぐらいの時だったと思います。小学生の頃の同級生にはそこまで印象深い人はいなかったなあ。
 さとちんさんの記事も、なんだかとてもノスタルジックで、すてきでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる