FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

日本人が英語を話せないわけ

日本人が英語を話せない本当のわけは、こちら。そう書いてあって、ボタンに誘導する広告を時々見る。

 見るたびに何となく、イラっと来る。
なぜなら…使わない本当の原因は、つまり「必要とされる場面にいないから」だ。
生粋の日本人であろうと、アメリカとかイギリスとか、英語がどうしても、どうしても必要なところへ行けば、絶対なにかしら話せるようになる。
 ただ、日本にいると、英語を話さなくてはならない機会というものは、滅多にない。
 英語が必須、社内では絶対そうなる…。そういう環境に入って、自分の言いたいことをなんとかひねり出せるように毎日苦労すれば、話せるようになる。時間がどのぐらいかかるかは、その人がどのぐらい英単語を知っているかによって違ってくる。

 文法をある程度覚えて、英語の文章を組み立てる方法を覚えるのは、中学校、高校でやる。
最初は2歳よろしく、単語だけ、ポン、と出す。

 「lunch?」こういえば、多分英語を話している同僚には、ランチに行こうか、と誘っているのだと大体わかってもらえる。
 NO, YES これも、最低限、そうだ、違う、ぐらいの判別には使える。
 だんだんI want toなんとか…とか、let's go、みたいな短い言い回しを出す。
 ほんと2歳と同じようなことをやらないとだめなわけだ。

たべる?ときかれたら、「たべる」と答える2歳。
 いく?「いかない」と答えられるようになったら、おお、否定が使えるようになったね、ということ。
 「どっちがいい?」と聞いたとき、「こっちがいい」と言えたら、おお、指示語が使えるね?と喜ばれる。
 毎日、毎日人が話すのを聞いて、自分が意思を伝える訓練をする。

 そうすると、2歳から考えると3年で5歳、幼稚園年長さんになったら、まあ…なんていうか、日常生活に大体困らないぐらいは話せるわけだ。ちょっと大人が聞くとわかりにくいが、ゆっくり、気を付けて聞いてもらえば、大丈夫。5年たって。小学校低学年にもなればかなりのことが伝わるし、お店でお買い物が出来るだろう。
 
 大人の英語も、毎日毎日英語で話すこと、伝えることを5年、何時間も練習すればそりゃもう、絶対違ってくる。
大人の知識と単語力を駆使すれば、多分5年はかからない。

 でも、だ。大人は間違いたくない。すらすら出てこないものを、単語を1つ1つ出したり、あとでいい直したりしてもたもたしたくないから、つい…そこでもう、いいや、と黙ってしまう。すると練習が出来ない…上達しない。

 本当のわけ、なんてもったいぶったこと言う割には実は簡単。そうしなくても生活できる環境にいるからだし、練習しないから。
 
留学するとしゃべれるようになるわけは、もう恥などかなぐりすてて…または恥ずかしい思いをしながらでも毎日生活することが練習することになるから。発音が悪かろうと、すらすら出なくて気まずかろうと、言わなきゃ出来ないことが多すぎるのが、外国生活。

 だから、英語が喋れるようになりたければ、単語を覚えて、文法を覚えて、そして恥ずかしくても英語を使うこと。
 あいー。あい。あいうぉんとー。となっても、めげずに一文、口に出して、相手に通じるかどうか。それに喜びを感じられるか…というのが英会話習得へ道だと思う。

 みんな、魔法みたいな解決法があるといいな、って思うからね。そういう人を狙って、こういう広告は出る。
でもほら、あれよ、ダイエット。あれと一緒なのよ。

 魔法みたいな方法はないのよね。ダイエットは、摂取カロリーを制限して、運動するのが結局一番堅実で成功率が高い。
英語も、単語力増強と練習が、結局堅実で成功率が高いんだけど、どっちも時間がかかるんだよね。努力もいる。

 だからこういう商売が、楽して出来ますよ、というとひっかかってお金出す人がいるから成り立つんだよね。
 自分がひっかかりそうな性格をしているからこそ、この広告が何となく、腹が立つ、そういうことだ。

 恥ずかしがり屋の日本人が、英語を話せるようになるには…。つまりやっぱり、慣れるまで練習。
ダイエットに成功したことはないけど、英語はアメリカにいたときは結構話していたので、私はそう主張したい。
 今、英語話せるか…となると、買い物は出来るし、どうしても、ということならゆっくり話すしかないな、と思って、単語を出すところからスタートすると思う。しばらくしゃべってると、戻ってくるものなんだよね、これ。

 だから最近でいうと、一番英語が話せるのは、海外旅行の帰り道。ああ、あのときこういえばよかったなあ、って思いながらいつも帰ってくる。きっと、英会話を習っている人もそうだと思う。英会話教室の帰り道が一番頭の中が英語でいっぱいなんだよね。

 誰かと英会話の練習でもしようかな…。そういうのやりたい人がいたら喜ばれるかもしれない。

 

« クーラーをかけて寝ていても注意|Top|ダメだ、シャンプー撤退 »

コメント

広告って、そんな訳ないやん!が99%と思ってます(~_~;)
痩せすぎて困る?!それってヤバイくすりじゃないんですか???とか。
英語、まったく解りませんが、単語だけ解れば、旅行ならなんとかなるんですよね。若い頃に一時期、英会話習ってたことありますけど、先生以外に『英語を話す人』が居なかったので、ものにできませんでした。
ダイエットも、運動と食事制限、それが究極の方法なんですよね。

こん○○は。

 
御意!
至言!

そっ、話す機会がないからだと私も思います。

そしてダイエットはカローリー収支の管理、たったそれだけのこと。

なんか、胸のすく思いでした。

こんにちは

勉強のやり方が違うんだろうねぇ。
単語を重点的に学んで、そこから文法にしていくとかの感じだもんね。
それに使う言葉の選択肢も時代と共に変わってきてるから、日本のやってる教え方だと古いタイプの言葉だったりするものもありそうだしね(・。・)

最近じゃ、小学生の頃から学ばせるべきだって文部科学省とか考えてるみたいだけど、日本人にとって日本の方が重要だから、そっちをちゃんと使いこなせるようになってからでも良さそうなのにねぇ・・・
何でもかんでも詰め込み教育をしてきてるから、学校も教育機関もこれでいいんだろうって考えをもってそうだね・・・

wancoさんへ

広告というのは「盛ってナンボ」ですからねえ。その盛られ加減をどのぐらい見破れるか…というか、見破っちゃったら何にも残らない…というタイプの商品の場合は、ね。
 騙されたくないので、「何とかの方法」を売るものは全部もう、みないことにしてます。「儲かる」のと「簡単に達成」するのは全部。

のんちさんへ

ま、若いころはダイエットの効果が出るのも早かったんですが、一体どのぐらいが脂肪なんだろう…というぐらい筋肉が減っているらしく、全然効果が出なくなってるんですが。
 運動が嫌い…というのはあるんですよね、大体。
英語は、必要ならなんとかなる人は多いと思います。どの程度必要なのか…によって、それにかける時間と気力が違ってくるだけなのではと。

よしおさんへ

まあ、大学教育が英語でないと、現地語で書かれた教科書がない…という国はともかく、日本は大学まで日本語だけでやっていけますからね…。
ただ、国外の人と仕事をすることになったとき、いきなり大変になるのは確かで、やっぱり発展途上国の人は、英語が出来ると給料が違う!ということを念頭にがんばるらしいです。日本でも、英語が必須になって、間違いなく給料が違う…ということになれば、もっと必死になるのかもしれませんが、現状では「なくてもそれほど」という仕事が多いですからね、やっぱりそのあたりはあくまで「教養として」の習得に終わると思います。音楽とか、スポーツとかと同じくくりかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる