FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

大丈夫か、トランプ…。

  私は、あんまり政治には詳しいほうではない。それほど気にしないでやってきてしまった…とはいえ、アメリカではあまりにも大統領選挙がにぎやかだ。いやでも目にするし耳にする。

 私は、妊娠中絶する患者を銃で撃つとか、医師を脅して病院を爆破する人はそりゃないだろう、と思っているし、銃で4歳が6歳をうっかり撃ち殺す事件が起こるこの国は、どうかと思うよ、ほんと…と思うし、人種差別はされてみればわかる、あれは本当にいやなものだと思うし…。というわけで、民主党か、共和党か…と言われるとやっぱり民主党のほうだな、と思うのだが(アメリカの投票権ないけど)、それでも、トランプの支持者、それもトランプの近くでサポートをしている人たちには、ちょっと同情する。

 大体、トランプ発言があんまり知的じゃないのはまあ…前から知られていたし、まったく政治経験がないという経歴を見ても、無理もないかなあ…とは思うけど、「もし大統領にならなかったら、また元の生活に戻るから」という発言は、そりゃそうだろうけどー。今それ、言ったらすっごい士気にかかわらないか?というのは、私にでもわかる。「ねえ…もっとましな候補はいなかったの…?共和党って、そんなに人材いないっけ?」と共和党支持者は思うだろうなあ、と。

 大統領選挙は秋、それも11月。今はまだ、真夏。これからいろんなことが起きて、どっちの候補にも上がったり下がったりがあるはずと、みんなが思っている時期。それで、「俺、もう負けてもいいしー」という宣言だよねえ、これ。戦う気なくすよね、これが、下っ端のほうなら、まあいい。やる気のないメンバーというのは混ざっているものだ。でも、トップの発言としては、ないな、と思う。

 まあ…トランプって「ISISを作ったのはオバマとヒラリーだ」とか、それはコント?なんて突っ込めばいいわけ?というようなことを言い出すかと思えば、KKKとの関与が指摘されたり(KKK(白人至上主義団体)方面からトランプを応援します、と言われたとき、イメージのことを考えたら「いや、それはお断りします」と言わなきゃいけなかったんだけど、はっきり断らなかった)、人種差別的な発言はもう、ここに例を挙げると多すぎるぐらいだし、自分のお母さんが移民で、おじいちゃんも移民…な割には、移民は全部犯罪者的ノリだし、この間の「銃の規制をされないためには、「銃の規制反対派には何かできることがあるかもしれない」」という発言は、確かに「ヒラリーを暗殺すれば、銃の規制が来ることはないだろう、やっちまえ」と取れる発言だったからねえ…。

 あれは絶対、共和党で、トランプの面倒見てる人たちは「うげっ」と思ったに違いない。さすがに、「大統領選で暗殺が起きた」というのは、アメリカ大統領選挙の歴史において最大のスキャンダルになるだろうからだ。トランプ自身が、どうこうという話ではない。でも、トランプの支持層には、脳みそまで筋肉みたいな人が多いのだ。血気にはやる若者が、「そうだな、ヒラリー殺せば、全部解決だよな」とズドンとやるというのが、「ないだろうそれー」と言えないだけの銃の数と人間の数が、あるのがアメリカ。

 もちろんヒラリー陣営もセキュリティはあるだろうけど、「初の女性大統領候補が、男性対立候補の支持者に暗殺される」…どれだけ野蛮に聞こえることか…。民主主義国家とも思えない乱暴さ、歴史が「百年ぐらい逆行」しているとヨーロッパ諸国から揶揄されてもしょうがないだろう。イメージがた落ち、共和党は自滅、サッカーでいうオウンゴールみたいなものというか、共和党のイメージが下がると、民主党のイメージが相対的に上がるからねえ。「逆キャンペーン」だ。。

 ていうかああいう時って、誰かがスピーチの原稿書いてるんじゃないの?あんな公的な場でする発言にしちゃ、あんまりだ。あれが誰かが書いたスピーチなんだったら、選んだのはトランプ…じゃないだろうから、あれはブレインの誰かの失策だと思うけど。もし、トランプが原稿にないこと口走ったのなら(多分こっちだと思うけど)共和党の支持者の人はお疲れ様ね、という感じだ。

 大体、私的な発言にしろ揚げ足取られるのが大統領選のイメージ合戦なんだから…トランプに演技させるのは無理だろうなあ…。スピーチが上手いかというと、そうでもないものね…あおる技術はあるし、インパクトはあるけど、それっきりというか。オバマは、スピーチが激烈にいいからなあ…。スピーチのうまさでいうと、オバマとか、クリントン(ヒラリーもだけど旦那のほうは特に)とかに、絶対かなわないからね…。聞いていても、英語が第二言語の私にも十分わかるぐらい違う。

 オバマは、「貧しい黒人層や、マイノリティ」の支持を取り付けるために、貧しい人の味方みたいな顔してるけど、実はエリートだし、知識層にアピールするからなあ…。発言も、すごく知性派という感じだし。それに比べてお金持ちだけど、頭が悪そうな発言が目立つトランプ。アメリカの良識が勝つか、金の力が勝つかみたいな勝負に見える。

 「自分も同じようなバカに見られたくない」人をどのぐらいヒラリー陣営に引き込めるか、ということになっていくんだろうな、と思う。割と、トランプのめちゃくちゃな発言を楽しんでいる人も多いんじゃないのかなあ、こう、テレビのショーみたいなノリで。トランプ陣営がつけこめるとしたら、そこだよね。「有名人」「面白い人」に大衆は弱いからね。

 これが大統領選挙じゃなくて、トークショーの司会決定戦なら、それでいいし、トランプ圧勝なんだろうけど…。あと、運動会みたいに勝敗決めて、へー、面白かったねー。で終わればいいんだけど、そのあと4年、トランプが「アメリカ合衆国大統領」をやる…ってこと考えると、やっぱり、ヒラリーのが、無難かな…という気がする。
 

« かわいいゴムのあひる|Top|危険安全ピンボール »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる