FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

寝食を忘れる

しばらく前の記事に、【石板の利用】のことを書いた。
 多分フランスに行ったら、今でも売ってるだろうけれども、日本で買えるのに越したことはない…と思った私は、「石板」とグーグルで検索をした。

 ズラズラと出る検索結果を順番に見ていくと、これは…物語?というのがひっかかった。
 ネットで出てくるということは大抵、無料で公開されているものだ。いきなり物語の途中から読む…というのもなんだから、そのページのリンクをたどって、一番最初から読み始める。

 この日、私はなんとなく体調が悪い…というか、気分が上がらず、なんとなく…ではないな。決まって、生理の2日目ぐらいになるともう正直動きたくなくなる。痛み止めも全部の痛みがなくなるわけではなくて、ずーっと薄い痛みとお付き合い、気分が上がる人がいたらびっくりだ。

 そんなわけで、「今日は掃除は無理」と夫には言っておいて、「早く治るといいねえ」と言われていた朝。

 見つけたウェブ小説がなんだか、面白い。
 横書きは読みにくいがしょうがない、どんどんバリバリ読み進める。

 気が付いたら、昼。慌てて昼ご飯を食べて、夕飯を作成。その間はパソコンではなく、スマホでおんなじサイトを検索して片手間に読む。

 こんなに夢中になったのはいつぶりだろう。
 簡単メニューで夕食を作り、みそ汁を作るのをすっかり忘れて、ぼうっとしたまま夕食と片づけを済ませて、そのままリビングのPCで読み続ける。

 長いねこれ…でも面白いのでかまわず読む。

 気が付いたら、4時…?夫が、「そろそろ寝たら?」と迎えに来た。
 う…。まずい。面白すぎて時間が過ぎるのがわからなかった。

 次の日も、体調はイマイチだけれども、続きが読めると思うとわくわくする。家事を最低限やって、読みまくる。
 しかしこれ、長いぞ?私は長編が好きだけどさ!途中でどのぐらいあるのか…と思ったら、なんと通しナンバーが700弱。そのうち300ぐらいのところを、読んでいるらしい。

えー?まだ半分?多分15時間ぐらい読みまくっているんだけど…。
 しかし面白い。面白い本を読んでいる時のこの高揚感を味わうのは、なんだか久しぶりな気がする。

前の夜に2時間しか寝ていないのに、結局2日目の夜も2時ぐらいまで読んでしまった。
 次の日も、もう読む手が止まらない。
ジャンル的には、「ライトノベル」。それも、あまりにも安易な設定が可能なため、新人賞では受け付けない規定がある出版社もあるという「転生もの」だった。 
転生ものというのは、私たちが知っている世界から、全然違う世界へ生まれ変わってしまう…という物語で、平凡だった主人公が、生まれ変わった後の世界で権力を使える立場になったり、超能力とか魔法を使えるようになってしまって、昔の…つまり平凡だった時の記憶を維持したまま新しい世界で暮らす、というものを書いたもの。スラップスティックなコメディと、シリアスが両方入れられるので、ライトノベル向き。広い意味では、SFのタイムスリップものとか、異世界に紛れ込んでしまうファンタジーとか、そういうのと近い。

 ゲームだと、高校生が戦国武将になってしまって、学園ものから、いきなり戦国戦略ゲーになるという「高二→将軍」とかめちゃくちゃな設定のものがあったりする。(かなりひどいゲームだけど、やったことがある)

 
 2日ろくに寝てないのに、次の日はもう、続きが読みたくてしょうがない。

まあね…。丸二日費やして、450番まで行った。

パソコンとか、タブレットとか、スマホとかで読んでいるのだけれども、横書きなのが…縦書きの表示方法もあるようだけれど、そういう調整が面倒。せっかくそのサイトにいるのだからさっさと先が読みたい!!!

 「そろそろ、夕飯にしようか」と言われて顔をあげる。用意は出来ているから…と立ち上がったら、すごーーくトイレに行きたい!
あわててリビングから出ながら思った。ひさしぶりだなあ…。

 私はずっと本好きだった。ストーリーに没頭していると、かなりギリギリになるまでトイレに行った方がいい…というのが意識されない。こんなに夢中になって読んだのは、本当に久しぶり。
 
 3日目。 「体調が悪いのは、直った?今日は、片づけておいてね?眠れていないようだけれど、大丈夫?」

夫から、やんわりと注意が入った。まずい。
つまりこれは、「体調管理への注意」と、「家事が最低ラインを切っているのでは」という警告だ。

 それと、この微妙な下腹部痛は、多分、膀胱炎の前哨戦だ。はあ…。寝てないのと、トイレにひんぱんにいかないのの組み合わせは、こうなりやすいんだよね。仕事の繁忙期にこれ、やったわ…と思いながら、掃除を念入りにやって、2日分の掃除をしていなかった分を埋め合わせて、夕飯を早めに準備。

また読みまくる。

 結局、読み終わるまで丸4日。ついでに、5日目に同じシリーズのショートストーリーを60篇読んだ。
 これは多分、ライトノベルの厚さの文庫本にしたら、20冊ぐらいあるんじゃないかなあ。

長かったけれど、面白かった。下手するとこれはよくある転生ものライトノベルよりずっと面白い、商業出版でも売れるんじゃないか…と思ったらさー。
題名を調べたら、もう本にもなっていたし、コミックスにもなっていたし、ドラマCDまで出てたよ!!!
だーーーっ。そっちを知っていれば(電子書籍もあった)もっと読みやすかったのに!!
これだけ楽しませてもらったのだから、電子書籍も買おう。続編ほしいもんね。
 売れるなら、出版社が作者に書いてくれ、というのだから、これはタダで読んで終わりにするわけにはいかない。
ちなみに【本好きの下克上~司書になるためには手段を選んでいられません】これ。

 夢中になって読んでいたので、いつもならもっと使う痛み止めも少なく済んだし、なんと言っても気分が違う。
なに、この高揚感。本に酔うというのか…お酒を飲んで楽しい気分になるというのとちょっと似ている。本を読んで、気分が高揚して楽しくなった。

 これを読みながら思った。自分の読書傾向には、偏りがあるなあ…と。
多分、私は魔法とか、超能力みたいなものがある世界で、馬や、剣が使われる割と中世風の物語を気に入る傾向がある。
 そして、食べ物がおいしそうで、その世界の文化、慣習、言葉なんかががたくさん解説してあって、脇役にも生活があって…というようなことが細かく書いてあるもの。
 
本を閉じても、きっとどこかでこの物語の中の人たちが暮らしているのだ…と思えるような本が好きだ。
 最近は主人公が若い本は、なんだか共感できない感じがしてきて、あまりライトノベルを新しく開拓しよう、という感じでもなかったのだけれど、この本は全然気にならなかった。多分、私も本好きだから…なのかなやっぱり。

 また、本を読もう。最近あんまり本を探していなくて=面白い本に当たっていなかった。
 寝食忘れて読めるような本と、また出会えますように。
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
 全然本の紹介にならなかったので追記。

大体、平凡だった主人公が、異世界へ飛ばされる転生ものは、なんていうか…割と定番がある。つまり、平凡な自分の記憶と、スーパーな新世界の自分の体の落差を楽しむものが多いので、大概の転生ものの場合は、これでもかというぐらい主人公が有利なものが多い。ま、つまり「ハンサムで王子様でモテモテだったら」とか、「びっくりするほど身体能力が高く、珍しい能力を持ったスーパーマンだったら」というようなことが「実際今、この自分に起きたらすっごいだろうなあ」という感じに設定してあるのが多い。
 つまり、「中の人」として平凡な現代日本人(=自分)が入っているスーパーな人…になるわけだ。

 一応、今回私が読んだ小説も、ある程度はこのパターンなんだけど、ものすごいハンデ戦なのが面白いところ。つまり転生先の体が、ものすごく虚弱…下手したらすぐ死ぬ!というあたりからスタート。
 そして主人公がほしいものは、題名からもわかる通り、「図書館と本」なのだけれども、大体地球でいうと中世ぐらいの世界観で、馬とか、馬車が使われており、戦いには剣と楯が出てくる程度…ってことは、本はあっても、巻物とか写本で、そうそう手に入らない。
 生まれたのが貴族や、お姫様ならよかったのに、バリバリの平民だった…。特別な力はあるんだけど、体が弱いために「強くて最初から」にならないところが、この本の売り。

 現代の知識を使い、1つずつ弱点をつぶしていくのが面白いところ。
 本好きだったら、変な知識をため込んでいるのは割と普通だけど、レシピ本や、ハウツーものや、内側がどうなっているか…みたいな絵本とかをもっと私も転生に備えて読んでおこうか、なんてこれを書きながら思うような本だった。

本好きの女性に特におすすめ。☆☆☆☆☆
本好きの男性なら、割とおすすめ。☆☆☆☆
本好きではない人には、時間があったらおすすめ。☆☆☆
読書は嫌い…という人は大概、私のブログみたいな文章ズラズラのブログは読まないだろうなあ。なので☆不明。

まあ、ネットで読めるものはおすすめにしても気楽だ。
リンクをたどって読みに行って、面白いと思えば読めばいいし、ダメだと思ったらそこで終了だものね。

 

« 冷蔵庫が壊れた(と思う)|Top|作り置きと保存 »

コメント

こんばんは

石坂の利用?
大丈夫なのだろうか・・・
うまく使えれるといいですよねぇ~。

よしおさんへ

石板は一枚は鋭意利用中です。ですが、予備がほしいんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる