FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

迷って迷って買った本

もう、30年越しになるだろうか。いや、もっと長くか。
迷って買っていない本があった。

買っていない理由は簡単、これはどの図書館にもある本だから。
子供の本のコーナーと、大人の本のコーナーの両方に版が違うものがあることが多くて、まず、すぐ読めないということはない。

それは、この本。見られない場合は画像のリンク切れです【ムーミンシリーズ】
この本は、私にとっては不思議な本だ。何回読んでも、何となく頭に残らない本で、でも読んでいる時はすごくいい、という感じがする。
こんなエピソードがあった、こんな言い回しがあった。そういうことはちょっとずつ覚えている。
 でも、全体的な世界が目の前に広がって、遊びに行った後、記憶の残らない桃源郷のように、気が付いたらあんまり思い出せなくなって、また読むことになる、そういう本。

最初の出会いがアニメだったからか、子供向けかと思っていたら、実は本のセリフは意外に辛辣で、自分勝手な登場人物も多く、読むと時々ドキッとさせられる。
北欧の習慣にはあんまりなじみもなかったし、昔は北欧風インテリアなんて望むべくもなく、イケアなんてどこにもなかったのだから、ムーミンにちらちら見える北欧っぽさも魅力だった。

 ジュースを温めて飲むなんて思いつきもしなかったが、そりゃあ、子供にカフェインが入ったものを飲ませないとしたら、零下の気温な季節に飲ませるなら、ミルクやココアや…まあ、温かいジュースもありか?とか思いながらリンゴジュースを温めて飲んでみた記憶もある。

この本が買いたかったのは、中学生の時。私は、「秘密の花園」とか、「小公子」とか「若草物語」とかの名作子供向けの本が、いつでも家で読めたらいいなあ、なんて思って、自分の「ライトリーディング文庫」を作りたかった。
 何度読んでも好きな本で、軽く読めて、箱に入れて置けるぐらい小さい、文庫本。お小遣いで何とか手が届くのはそのぐらいが関の山だったというのもある。

 近所の古道具屋の床に置かれた段ボール箱で30円だの50円で売られていた古い文庫本を、一体何冊自分のものにしただろう。
 ムーミンのシリーズはたくさんあった。手に入れたのが、2冊かそこら。後は新品で買う…となったらチャンスはお年玉シーズンか…というような頃だった。

今回は、ついに!この本をまとめて買うことにした。文庫本は、字が小さめなのでそろそろ老眼が入り始めた身にはつらいか、ということはあるが、そこは安心の電子本。字は大きく出来るから!

 シリーズそろえても4050円。そろそろ寒さの遠ざかったリビングでなら、北欧の11月のような薄暗いムーミン谷に行くのも楽しそうだ。
今度から、忘れてしまっても、手の中のkindleに桃源郷はある。
 距離が、ちょっと縮まったんだな…。
ゆっくり読もう。



 

« ちょっとだけ、映画。|Top|笑うために本を買う »

コメント

「記憶に残らない桃源郷」ってすばらしい表現ですね~

ムーミンの岩波の本を読んでました、大人になって図書館で読んで、あ~なんか大人になっても読めるなと思って、本を買いたいと思ってました。
赤毛のアンも、子供の頃より、大人になってから揃えました。
私が児童文学は、寝る前にベッドで読んで、心地よく眠りにつけるという所が好きです。

こんばんは

ムーミンですか。
借りに行けばある本ってなかなか買おうって感じにはなりにくいですもんねぇ。
借りに行くってのがめんどいって思ったら本を買ったりしそうだね。

自分は借りに行くのがめんどいから買った方がいいかなって思うかも(・。・)

いいですね。こういうのを大人買いというのかな。
自分も昔読んでいた本で北欧風ののがあったのですが、それが思い出せない。
陽の良くあたる村とあたらない村があり、それぞれの村に住む若い男女が恋をする。こんな感じ。
ようやくこれぐらいの記憶を引き出せるだけ。
ただ、北欧風であったことは間違いないと思うのですが、これも定かではなし。
タイトルでも分かれば自分もまた読んでみたいのですが。
もちろん買いますよ♪

wancoさんへ

講談社文庫は、500円から600円ぐらいで買える薄さでしたから、全部そろえようと思えば、まあ…というぐらいだったんですが、イマイチ買う機会がなくて。電子書籍になっていたのはうれしかったです。文庫本とはいえ、結構場所を取りますからね。

よしおさんへ

借りに行くのが面倒…で買って満足できるのなら、それでいいんですが、読書量が多いと、思うがままに読むと先に資金が尽きるんですよね。
一度10万円持って行って、文庫本を一気に100冊買う、というのをやってみたいなあ、と子供の頃は思っていました。

ミドリノマッキーさんへ

昔の岩波少年文庫か、岩波の子供向けの本の中に、ありそうな感じのお話ですねえ。本の表紙がどんな感じだったか、わかるともうちょっと絞れるんですが。たとえば、本の大きさとか、正方形に近い形だったかどうか、とか、背表紙が同じ色の本が何冊もあるうちの1冊だったとか、表紙がマルチカラーの縦縞だったとか、何歳向けぐらいの本だったかとか…(字の大きさで大体の判別でいいです)そういうことがわかると、私たちの年代ですと、かなり本が少ないので、あたりがつけやすくなります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる