FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

あったかいビスケット

赤毛のアンシリーズとか、ドリトル先生シリーズを読んでいると、お茶の時間に「ビスケット」が出る。

小さいものほど上等とされることもあるらしく、粉を練ってビスケットを作る時、指ぬきで型抜きするなどという記述もあったりして、私の頭の中には、当たり前田のクラッカーの兄弟である、見られない場合は画像のリンク切れです【前田のクリケット】が浮かんでいた。


そのあと、「ケンタッキー・フライド・チキン」というお店を遠くの街で体験した。
 ビスケットというのは、あんまり味のない、上下がかりっと焼けたもので、多分イーストを使わず、ベーキングパウダーで膨らませたパンみたいな感じ。上下に割って、ふわふわ真っ白の内側にメイプルシロップをかけて食べる。

 アメリカでは、ビスケットというとこれ…という話を聞いて、見られない場合は画像のリンク切れです【森永ビスケット】のマリー、チョイス、ムーンライト…が頭にあった私は、ちょっとびっくりしたものだった。

 そのあと、【おかしなお菓子】という、お菓子のうんちく本みたいなのを読んで、フランスでは「ビスキュイ」というのだが…ということで、出てきたのが、フィンガービスケット。ショートケーキというのは、このフィンガービスケットにクリームとイチゴをな…という話で、もう、なにがなんだか…。
 

赤毛のアンの時代には、「店で売っているパッケージのビスケット」なんかダメダメ、という感じだったらしい。家に娘さんだの、奥さんだのがいるのなら、パン、ケーキ、ビスケット、クッキー、ドーナツなどは、買うものではなかった、みたいな論調。でも、そのあとの時代の本を読むと、店でパッケージを売るようになって、看板だの、宣伝だのが出るようになり、こんなかわいい広告が出たり(左図)。Uneeda BiscuitってのはつまりYou Need a biscuitの駄洒落なんだねえ。
ちなみに、このナショナル・ビスケット・カンパニーというのは、ナビスコのことらしい。


 
 結局ビスケットって言われるものは、小麦粉が入っていて、焼いてあるもの、ぐらいの共通点しかないな…。

こんなことを考えたのは、1分間、オーブントースターであたためたココナツサブレと、紅茶を、朝のおやつに食べたから。

最近、見られない場合は画像のリンク切れです【ココナツサブレ】は、5枚ずつの個包装になって、何回かに分けて食べられるようになったし、味もずいぶんバリエーションが増えてお気に入りだ。安いしね。100均に売ってるの。
 別にクリックしても宣伝費が入るとか、そういうことではないのだけれども、いろんな味が増えたのがうれしくて、皆さんとシェア。
 このお菓子、長いことあるものねえ。きっと、このブログを読みに来ている人にも、これ、食べたことある、という人は多いだろう。
 確かに、安いし、たとえば、メープル味とか、チーズスフレ味?とかあるけど、その味がすごーくするかというとそうでもない。でも、そこがとても良心的だと思う。材料通り、そのままが味に反映している。
 香料も、アメリカのなんかだと本物じゃないけど、たくさん入れておきますから―。違いなんかわかんないよねー!と言いたげな味がするのだが、日本のは、どれにしろ、「もしかしてちょっとは本物…」と思わせる控えめさがある。

 ナッツ味のココナツサブレなんか、「いわれれば確かにその味だ」という味ではある。でも、もちろん、ナッツの味がするクッキーの高いのと比べてはいけない。なんたって、100円なんだから。
 こんなにいっぱい、食べちゃっていいの?というぐらい入っているもんね。

 安くても、サブレという名前がついていても関係なく、あたたかいビスケットでお茶にするというフレーズは、私をどこか、物語の世界とつないでくれる気がする。
 赤毛のアンか、村の生活でも、読もうかな。真冬に飲むお茶がおいしそうな、ナルニア物語でもいいし、さすがイギリス、お茶にはうるさいメアリーポピンズでもいい。

 外は雪。家の中でお茶にするのがいい感じだった。外には出ない。




« 梅干しを買う|Top|ダンシング・ヒーロー »

コメント

その発想はなかった・・・

こんにちは、まこさん
本を読みながらビスケットをつまむ
たしかにそんな気持ちになる本はありますね
ヨッシィーが読んでいる本では、お茶とおかきかな

こんにちは

ビスケットですか。
おいしいですよねぇ~♪

そう言えば思い出したけど、カンパンとはどこがどう違うんだろうねぇ。

ココナッツサブレは子どもの頃は、おいしくてよく食べてたなぁ~。
最近は買って食べたりできてないからねぇ(・。・)

ココナッツサブレ、美味しいですよね。
『赤毛のアン』のお茶する場面で出てくるビスケットは、慣れ親しんだマリービスケットとかとは違うんやろなぁ~とか思いつつ、イギリスとかのアフタヌーンティーとかに出てくる、クリームとかジャムとかつけるやつをイメージしてました。スコーンかな?
ココナッツサブレとか、クッキーを片手に、紅茶を飲みながら、本を読むって、気持ちがゆったりして優雅ですよね。
リゾート地のビーチで、マンゴージュースを片手に読書と同じ感覚です♪

ココナツサブレ私も好きです。
ノーマル以外にも別の味のがあるけど、やっぱりノーマル。
これ食べ始めると止まらなくて一袋全部食べちゃうw

こんばんは

赤毛のアン! DVD 全巻 子のバースデー プレゼントで 持っています、 リタイア後 子と グリーンゲーブルへ 行きたかったのですが 行先は 病院 手術でした、

いつもありがとうございます、 たか

てかとさんへ

人のブログって、そういう感想になること、ありますよね。てかとさんのブログも毎回参考になります。

ヨッシィーさんへ

なんとなく、物語に出てくる食べ物がおいしそうなものは、そういう気分になることがあります。
お茶とおかき…は時代物に合いそうですねえ。でなければ、日本の探偵ものか。

よしおさんへ

多分ですが、乾パンは、日持ちがいいように、油脂分が少な目だったと思います…。
非常食にとってあるんですが、あれを賞味期限ぎりぎりに取り換えの時に食べるたびに、どうにかしてもっとおいしく食べられないのか?と思って、結局途中で見つけた「パンの缶詰」のほうに鞍替えしてしまいました。

wancoさんへ

スコーン、あれも大人になるまでは謎の食べ物でした。
「軽焼きパン」なんて訳してあることもあって。デートしたとき、英国風ティールームなんていうので食べて、クリームをのせたり、ジャムをのせたりしないと、それほどおいしくないなーって思った覚えがあります。
 ビーチで、グラスに入った飲み物を片手に、読書、いいですねえ…夏が恋しい寒さです。

鬼瓦権蔵さんへ

ココナツサブレは、どこのお菓子屋さんにもあって、定番ですよね。1パッケージ全部…はやっぱり、高カロリーなので、小分けになったのを幸い、何回かに分けて食べています。
 ちょっとあっためるとおいしいんですよね。今度はレギュラーのにしよう。
チーズとかメープルもお気に入りです。夏にあった、ソルト入りは、みかけなくなりました。

たかさんへ

グリーンゲイブルスは逃げませんから、また、是非…。
最初に読み始めたのは、子供用でしたが、ずいぶん長い間新潮文庫のを読んでいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる