FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

冬の旅行に行くときの話

冬、旅行に行くとき、毎回夫に文句を言われるのだが、私は予備の服を持っていくのが好きだ。
長袖のTシャツ、ズボン下、ジャージ(下半分)、厚手の靴下。

 私が、予備の服をいれるのは多分、若いころからの習慣だ。一度そういう荷物を省いて、国内長距離移動をしたとき、かなりの長距離だったからか、異常気象だったからか、ついたところが温度がかなり低くて、出発点では半袖1枚、みたいな恰好だったのに、現地では寒くて寒くて、半袖を2枚重ね着して襟元がへんてこりんな重なり方になった上に、舞台衣装だったビロードのぴかぴかしたジャケットまで「ないよりまし」で羽織って動くことになったのが、とても印象に残って。

 途中で合流した友達が、上着を貸してくれたが、体格が違ったために大きくて、不便極まりない。
そんなわけで、私の旅行カバンには、真夏でも絶対、1枚は長袖が入っている。下手すると2枚入っている。

 夫は若いころから旅行が好きだ。貧乏と旅行とは、相性がとても悪い気がするが、夫は貧乏でも旅行に行きたがった。だから、いつも最低ランクの宿で、お土産も何も、なるべくお金を使わず旅行するわけだ。そうなると、寒くなったときに、現地で服を買ってしまうというオプションは、ない。
 そんなわけで、「またー。本当に要るの?」…と毎回言われるのだが、私はいつも「予備」と「予備の予備」ぐらいは入れて持っていくことになるのだった。
 最近は、もうちょっと家計に余裕が出て、本当にピンチなら、安い上着ぐらい買えるとは思うけれども、旅行先でうまい具合に上着を売っているお店があるとは限らないからね…。

 コットンのTシャツは、下着代わりに着てよし、アウターにしてよし、ジャージはこっそり、普通のパンツの下に履けば暖かいし、パジャマ代わりにもなるし、もし、履いていたジーンズが濡れたりしたときには、もうジャージ履いて帰ってきちゃえばいいし万能!夫は、3日ぐらいの旅行なら、出かける時に履いているジーンズ「だけ」しかもっていかない、というような人なのだが、子供が小さかったころに、夫の膝に乗り物酔いして吐いた事故が起きてからは、私は絶対、夫のジャージを1枚、入れることにしている。

 その時のこと、覚えてないのかなあ…と思うのだが、「そんなこと、そうそうおこらないよ」で終わり。子供が吐かないにしても、飲み物がこぼれるとか、そういうことだって…と思うんだけど。

 いつも、私が、たくさん入るように丸めてパッキングするので、夫はもうあきらめているようだ。私がパッキングをすると、夫が詰めるよりたくさん入るからね…。

 今回は、スキー旅行だった。何日か楽しく滑って過ごして、最終日。最終日も、午後いっぱい滑って帰ろうね!というときに、なんと、雨。

 しばらくこれで最後だから、とすべっていたのだが、「だーーー。冷たい」となって帰ってきた。
 
着替えなきゃ無理っぽい感じ。雪だと払えば落ちるけど、古いスキーウェアの防水があんまりよくなかったのか、結構濡れた。
 
 「あのさ…予備とか、ある?」
夫は控えめに、聞いてきた。

あるともさ!夫がはいていたジーンズは、かなり濡れていて、さすがにこれは無理、という感じだったが、ジャージがあるでしょ、それから予備のジャージが!じゃーん!

 午後からは、また晴れたので、スキー再開。息子の分も、夫の分も、ちゃんと予備のパンツがあったからね!
 まあ、家に帰る時には、ジーンズはロッジのストーブの前に放置するだけでは乾かなかったのでジャージだったけど、別に誰かが見て困る格好でもないし。

 シャツも、下着も全部予備あったもんね!子供は雪で遊んだりしたので、靴下も濡れてしまったのだが、まかせろ、靴下の予備もあったりするから!

 さすがに、ネックウォーマーの予備は、なかったが、私の腹巻帽子をネックウォーマーにして、なんと旅行中に編みあがった毛糸の帽子を使うことでなんとか…。ネックウォーマー、ウールでないものは、びっしょびしょで再利用不可だったが、ウールのは、タオルで水を絞ったら、かなりいい感じに再利用可になった。うーん。ウールの物を使うってこういうとき、意味あるかも。

 家に帰って、大量の洗濯物を出しながら、「今回は、まこが持っていく予備の予備、役に立ったねえ」とほめてくれた。
 こういうことがあるとね…やっぱり毎回入れようかなって思うのよ。役に立つのが5年に1回でもね!

 予備…の予備の、そのまた予備。旅行先で寒いのは、本当にいやだものねえ。
 次回旅行に行くとき、予備を詰めたら、夫はなんていうだろうか。ちょっと楽しみだ。

« ICカードがうまく反応しない時|Top|本の読み方(線引き読書って?) »

コメント

私の友人のマツオさんもちょっとしたお出かけの時でも
すーんごい大きなバッグを持ち歩く人でした。
近所の公園行くのにその大荷物はナンナンダ? と思ったものです。
でも、ちょっとアレを持ってくればよかったな〜と言うと
「あるよ」と言って、大きなバッグからウェットティッシュや
大きな水筒、人数分のプラスチックカップ、タオルに、虫刺されの薬etc.
ドラえもんのように差し出してくれるのでした。
まこさんの記事読んでてマツオさんみたいだな〜と思いました。
その旧友マツオさんに明日久しぶりに会う予定。
きっと大荷物でやって来るんだろうな〜。

こんにちは、まこさん
我が家では、下の子どもがそうですね 予備の服はもちろん
パジャマやドライヤーまで、本人が持つなら気にしません
まこさんは、ご自分の服だけでなく皆さんの分もでしょ
その荷物は誰が運ぶのかな?

こんにちは

冬は寒いですからねぇ。
旅行に行くなら、風邪対策のために、できるだけ暖かくしておくって事が大事ですね。

あ~、体系と服が違ったら使いにくいからねぇ~。
それは問題だよねぇ(・。・)

旅先に予備のモノを持って行く、同じです。

腹巻帽子がそんなにすぐ!役立つなんてラッキーでしたね、ウールはいいんですね、すぐに乾くんですね。

寒さ対策して行ったつもりでしたが、北海道の雪まつりの時に、厚い靴下とすべらないブーツ、襟巻き(きつね?)を買った事あります。幸い、札幌で都会ですので、買う店もあって助かりました。

1泊でも、着替えの長Tシャツとかボトムスを、下着と靴下の着替えももちろん!ちょっと寒い時用には、昔流行ったパシュッミナ(本物)のストールを。薄くて軽いのに温かいしコンパクトで、乗り物でひざ掛けにもできるので便利です。
真夏でも乗り物で寒い時もあるので、その時はシルクのスカーフ持って行きます。

さとちんさんへ

それ、学生の時そういう感じでした。後、山登りをする人はそういう傾向があるかも知れないな、と思います。なんせお店なんてないわけですから…。ついつい、いっぱいもってしまって、しまった重いや…というのは、普段のお出かけにも時々あります。でも、旅行の時はなおさらです。
ただし旅行の時は、予備が入っているのは大概服だけですから、それほど重くはないんですが。

ヨッシィーさんへ

Tシャツと、パンツ1枚、という予備が一番多いのでその時は各自で。それより多め…ということは旅行は長めなので、荷物はどっちにしても大きくて、トランクだ、なんだ…ということになりますから、重さはあんまり問題ではなくなります。特大1つだったり、大型2つだったり…ってなるとまあ、誰の荷物も、一緒に入れます。
 子供が荷物も普通に運べる年になったり、親に荷物の中身をみられるのが嫌だったりすると、変わってくるのかもしれません。

よしおさんへ

子供がもうちょっと大きくなったら、私たちと共有とかもできるのかもしれませんが、今のところは別に持つことになってますからね…。
子供って、先のこととか全然考えてませんから、旅行先で朝に着替えて、上着をもっていけ、といったとき「いらなーい」と行ったくせに、夕方「寒いー」とか文句言うことがあったりして。「だからいったじゃないかあ」というのを、次回の旅行の時、覚えていてくれないのが、まだまだな感じです。
 いつ頃こういうことを考えてくれるようになるのかなあ。

wancoさんへ

北海道の寒さは、ちょっと東京近辺で売っているようなものだけでは、対処が難しい時があると思います。寒いときはマイナス10度より下がりますからねえ。転びやすいからです。
 雪まつり…札幌に住んでる間に行きましたけど、「みた?みたね、はい帰りましょう」というぐらい寒かったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる