FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

編み針いっぱい…

100均のデニムを2枚つなげてから、ジャバラに折って、3、4センチ間隔でミシンをかけて作ったウォールポケット。
そこにポケットごとに号数をわけて、編み針をいれようというわけだ。

今まで、ごしゃごしゃと筒状のものに立ててあった編み針を、部屋中にわけて分類。

…神社のおみくじより多いな…。
私が棒針で編み物をするようになったのは、18の時。
当時は、「女の子は、短大で十分」という風潮もあった。つまり結婚適齢期とされた25歳以下で結婚しようと思うと、22で卒業する四年制大学で、働いて3年では、ちょっと働く期間が短いから、(だって、当時は「寿退社」という言葉が堂々と、まだあったからね)、20歳で卒業して、5年働き、寿退社して専業主婦というのが、まだ有効だった最後の世代(だと思う)。

そんなわけで、短大にいる女の子たちは、まあ、併設の大学の3年に編入しようなんて言う野望がある子はともかくも、それほどキャリア志向でもなく、なんとなく「今、お付き合いしている彼と結婚かなあ…仕事はお給料よかったら、つづけたほうがいいんだろうけど…」ぐらいのノリ。都合、専業主婦をやる=料理や手芸が割と好きだ…というタイプの子が多かったように思う。

当時は「お菓子作りは割と好き」。小物づくりや、編み物は「女の子なら、このぐらいは、ねえ」みたいな子たちがどっさりいたのだ。
冬はもう、休み時間は編み物している子でいっぱいだった。
2週間でセーター編めるような友達がいたし、本を見ながらセーター編んで、わからないところはうまい子に聞く…というような感じ。私も、当時付き合っている彼に、セーターあげられたらいいなあ…なんてふんわりしたことを考えていたので、友達が、「教えてあげようか?」と言ってくれたのをいいことに、針を相談して買い(確か10号棒針4本と、8号棒針4本だった)、編み物ライフに飛び込んだのだった。

私の隣でセーターを教えながら編んでくれたナオちゃんは、編めたセーターを「まこちゃんにあげる」とくれたりして、びっくりしたが、そのあとも、私は5本指の手袋の編み方とか、ミトンやマフラーだとか、ワッチキャップだとか…といったようなものを編んだ覚えがある。

20年以上前の針は、安いものだったのもあって、プリントが剥げてしまって号数不明。
プラ板に、指定のサイズの穴が開いた、「編み針ゲージ」というものがあるので、それで1本ずつ、サイズを同定。
かろうじて読めるものもあるが、もう、汚く見えてもいいから、油性ペンで「8」とか「7」とかサイズを書き込むことにした。
3…じゃないな。2…には入らない。えー?多分これ、渡米したとき買ったやつか?2.5と書いておこう。
かなり湾曲した4号針。細いからなあ…。多分手袋とか編んだ時に曲がったのか?
6号の針も、何本か曲がっているのがある。思い切って何本か捨てる。6号いっぱいあるもんね。

どうみても針のプリントは8だが、編み針ゲージの「7」に通ってしまうものがある。捨てる。こんなのが混じっていたなんて知らなかった。

まあ…ねえ…直径にして、0.3ミリしか違いがないような号数なんだから、そんなものかもしれないねえ。きっと当時200円で買った針だよ(当時は最安。最近は100均があるからいいけど、当時は100均に編み針なんかなかった)

時々、ちゃんとプリントが残っているのがあって、たいてい「クロバー 10」とか。こういう高い(4本1000円以上する)タイプのは、字を彫り込んでから、インクが入れてあるから、すり切れにくい。

8号が14本?なんでこんなにいっぱいあるんだ…。10号も、7本(半端だ)。6号が15センチぐらいの、25センチの、30センチのあわせて30本ぐらいジャラジャラある。まあよく編む号数ではあるが…。
4本か5本のセットで売っているはずのものが、なぜ「7本」とか「6本」になるのか。

どの針も、4本か、5本になるようにして、残りのあまり分を、輪ゴムでまとめて戸棚に押し込む。メモ付き。
「2018年12月までに、一度も触らなかったら、全部捨てること」

輪針はこないだ、セットで買ったけど、結局帽子のてっぺんの目数の少ない場所とか、手袋の指部分とかを編もうと思うと、4本針を全部捨てるわけにもいかない。でも、どの号数も4、5本ずつ輪ゴムで留めてウォールポケットにいれたら、かなりすっきりして、ほしい号数がすぐ取れるようになった。

そして、9号の針が3本しかない…。やっぱり買うべき?ネットで見たら、「国産棒針100円」なんていうのがある。
1組、買おうかな!と思ったとたん、気分が上がった。

やっぱり、買い物はいいね!
そう思って自転車にのって、近所の手芸やさんまで行って、9号の短いのください!と言ったら、すみません、品切れですー。…ってえー?
カタログを見てもらったら、ハマナカの短い針、「ハマナカあみあみ」は、8号の次は10号らしい。なるほど…。ないわけだ。
お店の人も、「あー、ないんですね!」と目からうろこ状態のようだった。あららららら…。

ネットで買おう…。とすごすご帰ってきた。

« メモを忘れない方法|Top|ビューティフルサンデー »

コメント

marginalって言葉、はじめてみたよ
ツイッターとかでもレスもらったけどまずいしかでてこなかったw

よっぽど売れないサイズなんですかね、9号
逆に気になるでしょうこれ

てかとさんへ

みんなが編み物が出来た時代は、割とサイズとかの調整を目数とかで出来る人も多かったので、1号飛ばしに偶数でしか針を持っていなかった人が多かったようです。近いサイズで編んで、残りをうまく調整してしまうというような。でも、今はビギナーが多いので、ゲージを合わせるのに針のサイズで調整する(と目数が変わらなくて簡単)人が多くなって、細かいサイズが必要になったみたいです。
そーいや、うちの母、祖母の編み針セットは確かに、偶数号が多かったような。

marginalというのはつまり「閾値ぎりぎり」だってことが言いたかったんですー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる