FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

風呂フタのカビの実験

このシーズン、まだお昼は暖かい時期には、うちのふろのフタには、カビが生えるのが通例だった。
風呂のフタは、プラスチックで、多分中空、ふちにゴムがかぶせてあって、色はクリーム色。

ここに、薄黒いものがくっつく。大概は、ゴムのところ、つまり断面。時々、表面にも付く。

これに、カビ取り洗剤をかけておいておいて、流す作業が必要になるんだけど、これがもうちょっと、どうにかならないかな…と思って今回実験してみた。

カビが生える原因は、多分3つ。
1:カビそのもの。
2:温度
3:水分

1番のカビは、まあ…そのあたりにいっぱいいるらしいけれども、これを全部なくすというのは、多分無理。
2番の温度。これはもっと寒くなると、カビが生えることのできる温度を下回って、カビが減る…という現象が起こることからも、割と明らか。ただ、マンションのお風呂は窓がなく、温度が下がりにくいので、一戸建てに住んでいた時よりも、ここをどうにかするのは難しい。
実家のお風呂場は、とーーーーーっても寒かった。このシーズンどころか11月の初めぐらいで、もうカビは生えづらくなっていたと思う。お湯は熱めに沸かさないと、寒くて寒くて、まず、ある程度の時間、つかって温まらないと、洗い場へ出るのもいや…という感じ。もちろん、風呂の残り湯は、水になったので、次の日の朝、運動の後再利用なんて無理だっただろうと思う。

3番の、水分。黒いカビは、カラカラのところにはあんまり出てこない。ここは、もしかしてもうちょっとどうにかなるかも。

…ということで、コントロール可能なのは、風呂のフタの水分量だ、という結論に至ったので、朝、お風呂(と掃除)が終わったら、フタをベランダに干すことにした。

 2週間経って、結論。
 確かに、少ない。全部はなくならないけれども、まず、外の温度のほうがぐっと低いことと、カラカラに乾いている時間が長いことで、一晩お湯が入ったままの湯船の上に置いてあるにしてはカビが少ない。ちょっとはついているけれども、頻度も低いし、面積も狭いので、カビ取り作業の頻度が下がった。

というわけで実験は成功の有効だった。

« 朝に運動はしないほうがいい??|Top|風呂掃除のタイミング »

コメント

お風呂のピンクカビだとかは、上がる時に水を撒くと良いですよ。
温度が下がるので、生え難くなる。
あとは・・・蚊取り線香ですね。あの昔からある煙の出るやつ。
アルカリ性と酸性で反発するので、これまた生え難くなる。

水が浴槽に残っているのに風呂の蓋をしていたらカビるでしょうから、
最後のひとがお風呂をでたとき完全に湯を全部捨て去って、
換気扇をまわすしかないですね
窓がないならこれでだめならお手上げです。
残り湯を使うにしても一晩放置したら雑菌大繁殖と水蒸気がふたにまとわりついてカビの温床でしょうしねぇ。

鬼瓦さんへ

蚊取り線香って、久しくたいていない気がします。
…今も売ってるのかしら、つまり季節的に。

てかとさんへ

回数が減るだけでも御の字…と思うしかありませんね。一戸建てのほうがずっと、通気性はいいと思います。窓も多いし。
浴室に窓を回すほど、間取りに余裕がないんですよね、マンションって。

カビは大変!

浴室のカビは厄介ですよね~!

多分ですけど市販のカビキラー等では完全に取れないと思います。
こういう場合は、
1.業務用のカビとり洗剤(価格は高いです・・)

2.換気扇を常時稼働

3.掃除が終わった際にお湯ではなくて冷水で流す

あたりでもかなり効果があるように思えますし、特に夏場は
3の冷水がお勧めです!
カビは38~40度近いお湯が一番繁殖し、冷水に弱いというデータもあるそうです。

それと改めてですけど、いつもうちのブログに来て頂き
ありがとうございます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる