FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ケーキ男子

甥1号は社会人、甥2号は大学生。二人とも、そろって青春謳歌中らしい。

今日聞いた話で面白かったのは、甥1号は、恋人へのプレゼントにケーキを焼いて持っていくのにはまっているらしい。
チーズケーキ、パウンドケーキなどで、お菓子を作る道具、つまり型とかも買っているのだとか。
 彼女も喜んでいるらしい。

うちの姉は、それなりにお菓子を手作りする人だったので、手作りのケーキになじみはあるだろうけど、なかなかやるな…と思う。
甥2号も、その話を聞いて、やりたい、となったらしく、兄弟の会話を聞いてみたところ、丸いケーキの型は、底が外れるもののほうがいい、とか、そういう話になっていて、姉は、時代は変わったなあ…と思ったのだとか。

同感だ。
 私たちの年齢の場合は、お菓子を作るのは、まあ、製菓学校に通っていた友達を除けば、作ってみんなで、と持ってくるのはもれなく女性に限られた。

 夫がいうには、「同じゼミの女の子の誕生日には、絶対ケーキを焼いてくるという男子がいて、気味悪がられていた」という話もあったのだとか。いやそれは、ちょっと今回のケーキ男子とは違うと思う。

 つまり、その昔の男子君は、「別に恋人でもなんでもない」人の、それも「女性限定」で(男子にも焼いてくるなら、それほど気味悪がられなかったかもしれない)焼いてくるのが、気味が悪いのであって、それは「別に好きでもない男性に誕生日を把握されている」ということが嫌…とかそっち系統の話で、それはケーキであろうが、カードであろうが、その無差別さが嫌なんじゃ…と夫には突っ込んでおいたが、つまり…男子がケーキを焼いて、プレゼントするというのは、かなり、非典型的なことだった。

 今じゃあ、そんなのも「アリ」なんだなあ。そうだよね。ケーキが作れるってことはさ?簡単な料理も出来るし、台所で片付けとかだって出来るってことだからね。将来のパートナーとしての能力値がある程度予測できる。
 これは、前までは「いい奥さんになりそうか」という判定に使われていたのだけれども、今は、それは「いい夫になりそうか」という判定基準にそういう「家庭での作業が出来る」という評価が入ってきている、ってことだよね。

 甥たちは、どんな人と結婚するんだろうな。
 オーブンでケーキを焼く男子、それも自分で食べるのではなくて、プレゼントに。

 いいなあ…ケーキ男子。
 
自分で焼けばいいようなものだろうけども、家でケーキを喜んで食べるのは私だけだし、アメリカにいたときはしょうがないから作ったけど(市販のケーキがおいしくないから)、自分のためにケーキを焼くなら、その手間省いて、町のケーキ屋さんのケーキを食べたほうが絶対おいしいんだよねえ。

 ええ…作るのが私、という時点でね、お店のみたいなケーキは望みがたいからねえ…。人からもらうプレゼントということになると、それは、「手間暇かけて、作ってくれるという気持ちがうれしい」という要素も入るんだけど。

 いいね、青春で。甘いケーキと、二人の時間が、楽しいものでありますように、と祈った。

« コンロ周りの汚れを取る|Top|レース針のキャップをなくしたときに »

コメント

甘い物好きなので、好きな男の子がケーキを焼いてくれたら嬉しいけど、好きでもなんでもない男の子が誕生日にケーキ焼いてきたら、ちょっとひきますね、気持ち悪い。

ただ、ケーキを焼くことが大好きで、とにかく自分の美味しく作れたのを、誰かに食べさせたいのならOKかな~

昔、ライブハウスで仲良くなった男子は、おすすめカセットテープを作って、せっせとくれたけど、気持ち悪くはなかったです、結局は見返りを求めるか否か、でしょうか?

まこさん、こんにちは。
アメリカの市販のケーキ、美味しくないですよね。 蛍光色だし。 なんで青色とか使っちゃうんだろう?とアメリカ人の感覚が不思議でなりません。
そんな状況なので日本で全くお菓子作りをしなかった私も自分で作る気になったのですが、市販のケーキよりまずいものができあがったのでもうケーキを食べることを諦めましたよw
ホイップクリームが日本とアメリカでだいぶ違う代物とネットで調べたにも関わらず薬品みたいな味のケーキができました(涙
日本にいたらおいしいケーキが手軽に買えるので確実に作らなくなりますが(アメリカにいても既に作らなくなってるけど)、でも自分で素敵なケーキが作れたら楽しいでしょうね。 

いいなあ、ケーキ男子。そして、恋人と楽しく過ごしているであろう青春も、いいなあ。
( ◠‿◠ )
時代は変わったね。これからも変わっていくんだろうと思う。

スイーツ男子とかいうカテゴリに入るとか聞いたことありますね。
俺は炊飯器でケーキを焼いて食べてるからスイーツおっさんですかねw

wancoさんへ

そういやあ、カセットテープを私ももらったことがあるなあ…。
ダウンロード時代の最近は、そういうのは、もうやらないものなのかもしれませんね。
下心があるかないか、でしょうねえやっぱり。

Kyrieさんへ

Sara LeeのAll Butter Pound Cakeだけは、食べられました(冷凍のです。ほかのケーキは同じメーカーのでも全滅)。あれと、Cool WhipのLiteというのは「まし」でした。(オリジナルと、freeとsugar freeのはだめ。エクストラクリーミーもだめ、ストアブランドのもダメ)生クリームは液体で牛乳売り場にあるのを、自分で泡立てるのが一番おいしいです(そりゃそうだ)。
 海外ケーキ事情、きついですよね、あの派手さが。写真はどれもおいしそうなんですけど!
 バナナと生クリームと、ナッツとハチミツにどれだけ助けられたか…。

きたあかりさんへ

自分で調理できるというスキルは、便利ですからね…。男女ともに、基礎生活スキルとして、覚えて損はないと思います。妻に先立たれた男性が長生きしないのって、偶然じゃないですよ、ほんと。
 自炊出来れば、平均寿命延びそうですよね。

てかとさんへ

あ、そういう総称があるんですね、スイーツ男子か…。
おいしいものは、誰が作ってもだれが食べてもおいしい。
やっぱり手をかけてそういうものを作っているてかとさんはすごいです。

まこさん♪

こんばんは♪

甥っ子くんたち、すごいな(*^▽^*)♪
仰るとおり、家事能力の高さを想像させてくれますね!
しかもケーキ男子の甥っ子1号くんに影響を受けた、甥っ子2号くんとの会話が楽しい♪
彼もそのうちにケーキ男子くん(^_-)-☆
それにしても自分のために、特別な誕生日ケーキをプレゼントくれる
素敵なカレがいてカノジョさんは幸せですよね(^o^)丿♪

おはようございます(^^♪

ケーキを焼く男子、カッコイイ~!!
そういえば有名パティシエもシェフも男性がいっぱい活躍していますもんね~。
こっちのマッドケーキなんかも重くて重くて、フォークを入れる手が腱鞘炎になったくらい(笑)!!
って一人で一生懸命作っていましたが、
最近は台湾系のケーキ(これが日本の味!)も手軽に買えるようになり、
おフランスなどのおしゃれ系のお店も増えてきて、
私だけで食べるなら買った方が美味しい!
ってまこさんと同じく買っています。
結局息子の分と二つ買っているけれど・・・・・・・・・。

○○男子

こんにちは~。

うちの息子はどうも料理男子みたいですわ。こないだもサバの味噌煮の画像が送られてきました。

ちょうどその日、私はサバ缶にレモンをかけてそのまま肴にしていたので、ひどく反省しました。

はりねずみさんへ

一人暮らししていると、やっぱり料理はある程度出来るほうがいいですものね。親元を離れたからこそかもしれません。
 必要と思えば、なんとかするということで、私も一人暮らしするまではあんまり料理が出来なかったことを思えば、男女の差なく、穏当な線なのかも。
 誰か、私にケーキ焼いてくれないかなー。って思いました。

みのじさんへ

そうですよねえ。シェフや、パティシエには男性も多いのに、どうして家庭料理となるといきなり、女性ばっかりになるのかといわれてみれば不思議かも。
マッドケーキっというと、どーんと重たい、チョコレートケーキですね。最初聞いたとき、泥…ってなんてネーミング!って思いました。
台湾のケーキは日本の味!いいですね、そういうのがあるのって。アメリカ系の味はどうにもこう、こってりしていて、激しく甘くて、単純な味がしました。

ぢょん でんばあさんへ

料理のできる男子って、いいですよね。息子さん、えらい。
いいんですよ、私たちはもう、人のために料理を作り続けてきたんですから、自分の分だけなら、作らなくても!
 まあ…あんまりやらないと勘が鈍るかなあ…っていうのはあるかもしれませんから、時々はやるにしても。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる