FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

きんもくせいの香り

キンモクセイの香りが、町中に漂う季節になった。

私の実家の庭には、キンモクセイの木があった。その花を水につけて、「香水やさんごっこ」なんていうのは、女の子なら、みんながやる遊びだった。
砂糖菓子のような、あのオレンジの小さな花の香りは、甘く濃く、もちろん食べられないことは知っていたが、それでも、私はその季節に、塀にこしかけて、ただ、その香りを楽しんだものだった。

一年生になった、秋のこと。
下校途中で、やんちゃ坊主のシンゴ君とテツヤ君がが、「あーー。トイレのにおい」という。
キンモクセイの香りが、トイレのにおいだというのだ。

えーーーっ。
なんだか、仲良しの友達の悪口を言われたような気がした。

同意する子が何人かいた。そのころ、人気のあったトイレの芳香剤に、キンモクセイの香りを模したものがあったからだろう。

一年生は、全員集団下校。嫌いな子でも、苦手な子でも家の方角が同じというだけで、グループで一緒に帰らなくてはならないというもので、私はこの、やんちゃなシンゴ君とテツヤ君ペアが、すごく苦手だった。
先生に一番注意されるのは、シンゴ君、次にお小言を食らうのはいっつでも、すぐ女の子を泣かせるテツヤ君。
シンゴ君は、かばんのフタを閉めるのを忘れて、道端のどぶ川に、教科書を全落としにしたことがあるような子だったし(残りのグループメンバーは、絶句した)、テツヤ君は、あまりにも「くつがへる」というので、お姉ちゃんのおさがりの、赤いのを履かされていたという記憶がある。

息子のクラスメイトにも、こんな感じの子が一年生の時には、いたことを思えば、当たり前っぽい子だったのだろうけれども、勉強が出来ておとなしめだったコウジ君と、私は、「あーあ、早く帰れるといいのにね、集団下校がなきゃいいのに」と目で会話しつつ、黙って、シンゴ君テツヤ君が出すからかいや、パンチや、キックや、ちょっかいに耐えていた。通学時間は、結構長くて、一年生の足だと、30分は優にかかった。

なかなか、「そんなの、ちがうよ、トイレの芳香剤のにおいが、キンモクセイの真似をしているんだから」とは、言えなかったのだった。

 その時…。私は決心したのだった。

将来、自分の家(とトイレ)を持つことになっても絶対、キンモクセイのにおいのは、使わない!と。

 この前、小学生の息子と自転車で街を走っていて、「おかーさんこれ、なんのにおい?」と息子が聞いてきた。おいおい…この年になっても、知らなかったのか、と思いながら、「キンモクセイという木の、花のにおいだよ、みたことない?」と聞くと、「?」という感じだったので、次のキンモクセイの目撃地点で自転車を止め(小学校の本当にそばだった)、「これよ、これ」と木を見せた。

「あーーーー。これかあ」
…という反応を見ると、見たことはあったらしいが、このあたりに、集合的に発生するので、においの発生源が特定出来なかったみたい。

 「いい、においだねえ」

息子が言った。

 私は、約束を果たしたよ、ね。昔なじみの、キンモクセイに。

そうだね、息子。これは、本当に、いい匂いだよ。おかーさんも、そう思う。

« ちょっとすれ違い|Top|最近気を付けていること »

コメント

うう~!

こんにちは~。

あの時期、なんであれだけトイレの芳香剤がキンモクセイ一択になったんでしょ。

いいニオイみんなが好きなニオイであるほかに、再現度が高かったのかなあ、と思ったりします(ホントのこと知らないからあてずっぽだけど)

息子さんは、幸せですね。

うん。まこさんは、約束を果たしたよ。( ◠‿◠ )

キンモクセイの香をトイレのにおいというようでは、
将来は大成してない可能性がありますね
つまらないことですが、気遣いが足りてないからさ。
世の中にでたときってつまらないことの連続でダメージを受ける仕組みだし。
損するんだよな、こういうの。俺もその一人だw

息子さんは、お花の香りに気づくって素敵なお子様ですね♪
気になってたんでしょうね~

私は好きですけど、姉は『トイレの香りみたいで嫌い』と言いますが、キンモクセイとクチナシの香りは、散歩していて香っていると、ウキウキしてきます。

キンモクセイダメです

キンモクセイ、チンチョウゲ、ヤマユリ他、この類の強い臭いは、嫌いです(笑)。
ゴメンナサイ。

ぢょんさんへ

今はあんまり見かけませんが、確かに昔はキンモクセイの香りの芳香剤、多かったですよね。ちなみに、うちでは「トイレはそういうにおいがするものだ」という方針のもと、芳香剤は使っていませんでした。
 田舎の家だと、そういうものなのかもしれません。

きたあかりさんへ

この木のにおいがすると、秋も本番、って感じですよね。
涼しく、ではなくて、「うすら寒くなってきて、上着がいるようになるのだ」と認識してました。
子供ってこの時期ぐらいまでは、結構薄着だった気がします。

てかとさんへ

まあ、別に花の匂いがわかったところで、人生に何の得が…といわれると困りますが、一年のうち、数週間だけ、味わえるこの香りは、香水や、洗剤や、アロマキャンドルのにおいとは、ちょっと、違う気がするんですよね。
多分、短い時間しかもたない花の香りな割に、あちこちからにおいがするから、だと思います。この花のほかには…クチナシぐらいでしょうか、においが住宅街でもわかる花って。

wancoさんへ

ネットで見たところによると、あまりにもキンモクセイの香りがトイレの芳香剤に使われすぎて、今時キンモクセイの香りの芳香剤を出すと、「お花」よりも、トイレの芳香剤の香りを模した芳香剤、みたいな印象が強くなったために、キンモクセイの芳香剤からは撤退したメーカーが多いみたいです。
 本物の花の香りを、連想出来るほうが、お得ですね(笑)。

MKさんへ

沈丁花も、確かに、においで分かるかもしれませんね。
そういえば、垣根になっている家が、近所にありました。
ヤマユリの香りは頭に浮かばないところをみると、近所の庭にはなかったのかも。
 香りってよけようがないだけに、嫌いだと、つらいものがあると思います。時期が短くてよかった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる