FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ゲーマーの悩み

読書が趣味…というと、別に何とも思われないのに、どうしてこう、「ゲームが趣味」といったとたんに、「えっ」という感じになるのはなぜなんだろうなあ…。

 私は本が好きだ。3歳ぐらいから本を読み始めたらしいし、図書館では顔を覚えられるほど、学校中で一番たくさん本を借りる人になったことがしょっちゅうあるぐらい好きだった。学生のころは1年に1000冊ぐらい平気で読んだ。
 時間がないない、という割には、今でも年間200から300冊ぐらいは、読むと思う。
 もちろん、純文学とか、名作とかではない。小説、エンターテイメント、通俗小説、なんといってもいいが、お勉強になるような本ではない。ほとんどが楽しみのためだけに読む、そういう本。

 蘊蓄を傾ける本も、豆知識の本も、トリビアの本も、歴史ものも、大好きだったからどれも読んだが、だからといって、私がとてもカシコくなったか…というとそうでもない。子供に勉強を教えられるか、というと全然だし、カンガルーが何メートル跳べるかなんて知識、知っていても何の役にも立たない。(注:息子が読んでいた本によると、12mぐらいらしい)

ゲームも、ただ、楽しみのためだけに遊ぶもので、これで人生変わるような効果がでるか…というとそうでもないなあと思う。
映画も、映像作品も、嫌いではない。でもどっちかといえば活字のほうが好きだ。自分のイメージというのはあるから、映画のノベライズ作品が一番好きだと思う。でも…。ゲームはなぜ好きか、というと、こっちからの働きかけによって、変わるものだから。

 例えば、一大ジャンルである「シミュレーション」ゲームには、「恋愛シミュ」というのがある。ゲームの中のキャラクターと仲良くなっていく過程を楽しむもので、最初は男性向きしかなかったけれども、今は女性向けもある(俗称、乙女ゲー)。これはつまり、双方向であることを除けば、恋愛小説と同じような楽しみ方をするもので、ただ単にメディア違いだといえばそこまで。
 でも、これが、なんとなく、おおっぴらに公開できないんだよね。

 まあ…恋愛ゲームの中古を買うときとかに、こんなのをやるのか…と思われそう、というのがちょっと気恥しいだけなんだけど。

 でもさ?2次元、つまり小説とか、ゲームとか、映像とかで恋愛ものを楽しまないとしたらだよ。3次元になったら、やっぱりまずいよね?それはつまり、「ほかの人間とそうする」ってことだもの。
 …と思ったけど、実はそうじゃないか。ジャニーズファンのママ友さんは案外いる。あれを大っぴらに公言している人は多いよねえ。あれはどうして、恋愛シミュレーションゲームほどは、問題にならないんだろう…。やっぱり、相手が生身の人間だからか。

こんなことを書こうと思ったのはつまり、今日、近所にある中古ソフト屋さんをちょっと見に行ったらば、ワゴンに積んであったDVDが、昔遊んでいたゲームのファンイベントのDVDだったから。90年代から遊んでいたゲームで、最初はスーファミのだった…といえばわかる人にはわかってしまうようなゲーム
 イベントというのは、そのゲームに出てくる声優さんがやるショーで、つまりファンがどっさり詰めかけ、会場でしか買えないグッズを買いあさるイベント(もちろん有料)。まあ、ゲームにはまっていた時には、ショーにはいかなかったが、CDは買うぐらいにはファンだった。そのショーのDVDが50円。

 50円…。たとえ1回しか見ないとしても、午後の楽しみに50円。この金額ではコーヒーすら飲めない。ガチャポンに50円のなんてないし、ゲームセンターのゲームで50円って、ねえ、昔はあったけど。
 買ってみた。
 映像はともかく、セリフで作られる音声ドラマは聞いてみたかった。私はラジオドラマが好きだ。
 わはは、ゲーム2本分の声優さん達が、しゃべるドラマは、アドリブの入った掛け合いで面白かった(ストーリー性はそれほどなかった)。

 見てみたら、かなり古いのね。なるほど、私がゲームを遊ぶ時間が減ったころ=妊娠、出産したころに、いろいろ出ていたらしい。
繰り返し見るか…と言われたら微妙だけど、50円分楽しめたか、といわれると、YES。

レジで、持っていくのが何となくためらわれたけど(同じようなのを何枚も買ったから)これって、男性で恋愛ゲームをやる人に聞いてみたい。やっぱり、レジに持っていくのは気恥ずかしくないか、と。なんかこう、ポケモン、ゼルダ、マリオ、どうぶつの森、フライトシミュレータ、信長の野望…とはちょっと違うんだよなあ、買うときの気分が。
 
 通販で50円ってのは、見たことないからな…。たとえ1円だとしても、送料が340円とかかかるし。そうなると確かに、50円で、これだけ楽しめたら、文句は言えないな。

« キャンドルの魔法|Top|微妙な出来のゲーム機カバー »

コメント

元ゲーマーの開き直り。

僕は属性的に元ゲーマーなんですよね。

一度は現役に復帰したが、今回は自主打ち切り引退。
話せば長くなるんだけど、今回は恋愛ゲームに関して。
僕はサクラ大戦をセガサターンでやっていたんだけど、マリア(冷静なロシア系女性)が一番好きでしたね。
さくらは恋愛対象というより、妹分といった感じ。
ときメモは紐尾結菜が推しメンだった。実際に結ばれたのが彼女だったし。(笑)やはり、同じコンピューターオタクだというのが惹かれる。
どうやら僕は知的な女性に惚れる傾向があるみたい。
能天気系な女性には一時的に好意を持つが長続きがしない。
逆に僕のいうことを理解してくれないから、疲れるのだ。

多分、母が元文学少女だったからその影響があるのかもしれない。
そんな僕が一番好きな女性の偉人は、ジャンヌ・ダルクだ。

逆に壇蜜(彼女自身は悪くない!)や峰不二子は嫌い。
女子力が高すぎて、彼女を満足させられる自信がないのだ。
…だから、ロリコンなのか。(自爆)

私も本好きだけど、すごい量ですね。

私は現役時代は文庫本が多く、いつも背広のポケットに本を入れ、電車の中、バスの中、いつでも本を読み、読み終わると、本屋に立ち寄り、新しい本を買い、またポケットの中に本を・・・
の生活でした。
息子がそっくりとなり、本ばかり読んでいます。

ただし、単行本が多く、自宅に収まらなくなって、実家に送ってくる始末です。
この頃はその中から、私も読ませてもらっています。

本がない人生・・・想像もつきませんね

まこさん、こんにちは。
私も「ゲームが趣味」で「えっ」と反応される側の人間ですが、大抵の場合ゲームに興味がない人がそういう反応で、ゲーム=子供がやるもの、とか時間の無駄みたいな印象を持っているようでした。
「乙女ゲー」などは、3次元のアイドルのおっかけと違ってゲーム内のヒロインに自己投影して2次元キャラと疑似恋愛をしているような、非リア充の烙印を押されるような後ろめたさや「えっゲームのキャラと恋愛・・・?」と憐れまれる感じ(?)が公言をためらわせるんでしょうかね。 かくいう私も「ゲームが趣味」とは言ってもジャンルを聞かれても「RPGとか」と濁しますw 
でも50円で楽しまれたのでしたらよかったですね。 レジに出すのは一瞬ですから気にしないようにしましょう!w

人の命構うより己の命を磨きなよ、
といってあげればよろしい。
趣味ゲーム、多いに結構、善哉善哉。

九星道さんへ

「元」っていう場合はなんていうか、「武勇伝を語る」でいいんですよ。
問題は「現役」ゲーマーの場合なんですよね。
「マリア」の顔が浮かぶ私です(笑)。
当時のだと、「プリンセスメーカー」が好きでしたねえ。なかなかプリンセスにならなくて、確か意地になって全エンディング見ました。

kmomotaさんへ

わかります、文庫本を持っていない日はなかったです。上着の内ポケットに新書が入っているか、外のポケットに文庫本が入っているか。分厚いのをいれ続けているとポケットの形が、悪くなってくるんですよね。
このポケットに、女もののポケットには、マチ付きが少ないので、マチ付きポケットが付いた男性用がうらやましかったです。

Kyrieさんへ

恋愛ゲー、いいんですけどねえ。
リア充じゃないから、というのは、確かにそうなんですけど、それはやっぱりあんまりはっきりと公言することではない…ということなんでしょうね。
 既婚子育て中の中年のリア充って、なんなんでしょうね。独身だと、恋愛とか、友人関係とかが、ってなるでしょうけど。
ゲーム=こどもがやるものというのも、大人になってからゲームを始めたんですよね、私。
 やっぱりいろいろと規格外なのかも、と思います。
 

てかとさんへ

やっぱり「ひとりで」「動かず」「いつでも=夜中でも」楽しめる…となると、このあたりになるんですが、それがやっぱり、「他人との接触をせず」「体を動かさず」「健康的な生活をせず」…ということになるんでしょうね。
 一応、夜は寝てるけど…。でも自分の都合だけで、楽しく遊べるの、いいと思うんですよねえ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる