FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

今日のドラクエ11音楽とシナリオ

私たちは、文章が似ている、または音楽が似ている…ということをどこで見分けているのだろう。
たとえば、ピアノソナタだの、ソナチネだのを集めた本なんか見ていると、モーツァルトそっくり…に作ったのがある。でも作曲家はモーツァルトじゃないの。

 ピアノの先生に言わせると、そういうスタイルがその時はやりだったのだけれど、やっぱりモーツァルトのだけは違う…ということになるのだけれど、私にはクラシックの知識がほとんどないから、正直10曲ぐらい弾かれて、その中にそっくりさんと本物のモーツァルトが混じっていても全然わからないと思うぐらい、よく似ている。

文章だってそうだ。文章を書く人には、スタイルがある。たとえば、長編シリーズを書いていた人が亡くなったとき、続きを書き継いでいくようなときは、うまく似せてあるなあ。と思うことが結構ある。英語なんかだと、文章のスタイルがみわけにくいので「監修者だけが同じ」ぐらいのものでも、違和感なく読めてしまう。

ドラクエのシナリオを書いている人、それから、音楽を作っている人はずーっと同じ人なので、似ているのは当然なのだけれど、これだけの曲数を作り、長いシナリオを書くのだから(おまけに皆さん、結構お年だから)若いアシスタントさんがいっぱいかかわっているはずなのに、やっぱり、「ドラクエっぽい」んだなあ…。

長く、何百回と聞く(私の戦闘回数は1500回超えた。こういう記録も取ってくれる)戦闘の時の音楽とか、フィールドを移動中の音楽とかが、本当になじみ深い感じがする。

多分だけど、ストーリーで行くと、ボス戦直前のはず…なんだけど、途中のクエストとか、試練に挑戦とかをやっていると、魔王を倒して終わらせてしまうのが残念で、つい…うろうろして、楽しんでしまって。
 世界を救うのは、後回しののんびり勇者、レベルは55ぐらい。

« 日本語にない単語|Top|クイックルワイパー用雑巾自作 »

コメント

シナリオ書いている人が同じなら、俺がプレイした3作目までと同様に
勝手に人の家や城の中で箱あけてものとりしてんのかなw

てかとさんへ

人の家の中のものをあさらない…という制限付きプレイも自力でやったことがあるんですが、序盤がきついんですよね。あと、装備によっては足りなくなりますから、中盤でも、レベル上げ必須になったりして。

夕方に、はぐれメタル系の経験値くれる敵が出て、がっつりたおして、レベル60になりました。そろそろ世界が救えるころかもです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる