FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ピンと来ない英語

大統領選挙の後、よく聞くようになった、alternative factという単語。alternativeというのは「…のかわりになる」とでも訳せばいいだろうか。alternateという単語もあって、これは「交互に」かな。たとえば、打楽器をたたくとき、右手、左手、右手、左手、と交互に使ってたたきましょう、という時には楽譜に、「alternate」と指示がある。

 alternativeで、他のコンセプトで聞いたことがあるのは、alternative rockとか、alternative music、これは聞いたことはあった。つまり、「主流じゃないタイプの」だと理解すればいいらしい。つまり、同じようなジャンルなんだけど、代表的なもの、みんながそのジャンルのことを考えたとき、ああ、あんな感じね?と思いつくものではないものが、こう呼ばれるらしい。

 そこまでは知っていたのだけれど、このalternative factってのは、なんだ?というのが何度も聞く割にわからないな。と思って、今日改めて調べてみた。

 ネットで、「what is alternative fact?」とグーグルにかけてみた。
するとてっぺんに出たのは「what are alternative facts?」あ、そうか。複数形で聞くべきだったか。
 トランプ大統領が、就任式をやったとき、オバマ大統領の時より集まった人が少なかったのだけれど、それを「すごい大人数」と報道したことがあって、その報道が、「うそ」ではなく、alternative factだと言ったことが、この言葉がよく使われるようになったきっかけらしい。
 
 alternative fact=falsehood、つまり「虚偽」ということは「うそのこと」…という理解でいいようだ。
えー。なんていうの?これはつまり、英語としてもともとある言葉を使っているけれども、コンセプトは最近のインタビューとかで出来て、はやっちゃった…というだけのことか。わかりにくいなあもう。

 ちなみにalternative rightという言葉は、「主流でない」という意味の方で、「右翼のなかでも、少数派」ということでいいみたい。
「人種差別主義者たちは」とはっきり言うわけにはいかないんだろうな。

 こういう、辞書に載っていない組み合わせの言葉というのは、学習するのは難しいね。その時々で学んでいくしかないんだろうけど、細かい雰囲気、例えばalternative factとトランプ側の主張をあざけるときの、シニカルな感じとかまで読み取れなくてはいけないってことだからねえ。

 「不都合な真実」とか「おひとりさま」とか、「負け犬」みたいな、流行った時代を知っていれば、「ああ、あれね」という感じの日本語と同じなんだと思う。

 ピンと来なかったら、やっぱり調べるしかないんだな。語学って、ほんと、底がないよねえ。



 

« どーやったら、かわいくできたのかなあ。|Top|ベッドメイキングのコツ »

コメント

パソコンのキーにも「alt」があります。
あまり使うことのないキーでしたが、今回の”alternative fact”がきっかけで、親近感を覚えるようになってきました。

声なき声さんへ

あーー。そういわれれば、そうですよね!毎日見てる割には、気が付きませんでした。キーを押したとき、別の機能を持たせるキーなんでしょうね。
 おるたーなてぃぶ、という発音は知っているはずなのに、「あると」と呼んでいます(^^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる