FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ダグトリオからの連想

11月に発売された最新作、ポケモンサン・ムーンの舞台になる、アローラ地方には、今までのポケモンとは、違った姿のポケモンが出る…というのが売りだった。まあ、正直ポケモンて、もう今回ので801種類とかいるので、そろそろ種類を増やすのには、無理がある…ということではないかな、と思っている。私だって、まあ、さんざんあそんだゲームボーイアドバンスぐらいまで(400種類弱)ならなんとか、図鑑のナンバーで行くと何番ぐらいだったはず…とはなっても、ダイヤモンドパールのDS世代のぐらいから、あやしくなりはじめ、400番台後半から、XYの600番台、それから今回のサンムーンの700番台は、「ああ、いたね、いたけど…」状態で何番だったか、なんてわかっちゃいない。


昔、ポケモン全部言えるかな?なんていう歌まであったぐらいで、150種類全部図鑑順に言える子がいたぐらいだけれど、さすがに今は800種類では、全部言えるとはなかなかいかないだろうなあ。

 ポケモンゲームで、新しいポケモンに出会う楽しさというのは格別で、「ああーーっ!これ、みたことない!捕まえたい!」というのは、ポケモンゲームのハイライト!という感じだから、任天堂も、やっぱり「種類を増やさないで、増やす」という微妙なラインを狙ったものだろうなあ。

 そして本当に、アローラ地方の冒険で出会うポケモンの面白いことったら!発売前に、任天堂が「こんなのがでますよー」と発表して、ネットの話題をさらった、「アローラ地方のナッシー」は、「これ、ニセ情報だよね?」と思った人がたくさんいたぐらい、予想外の格好をしていたし、イシツブテを最初に見たときは、夜中にベッドの中でプレイしていたのにもかかわらず、「ぶはっ」とふきだしたぐらい、ああ?そうくる?ってなった。

 中でも一番気にいったのは、冒頭に貼った、このダグトリオ。全員、髪型が違うのがもう、なんともいえないキュートさ。

これね…。これに、にてない(右の写真)?この女性グループは、ポインターシスターズというのだけれど、70年代デビュー、80年、90年代、そして今にも活躍している、女性のグループで、最初はゴスペル系だったのだけれど、ダンサブルでポップな曲をはやらせて、、そしてボーカルもコーラスも、大変うまかったので、違うジャンルにも進出して、私も日本で何枚かCD買ったぐらい、いかにも、アメリカンなノリで大好きだったんだけど、最初ダグトリオ見たとき、マイク1本に寄り添ってリードボーカルとコーラスを歌う、グループが思い浮かんだ。まあ、そういうトリオのグループで、私がCD買うほど好きだったのが、このポインターシスターズだけだったというのが、思いついた理由かもしれないけど、でも、このダグトリオ、歌、歌わせたらうまそうだな…って。


ほんとうに、かわいいなあ…。
思わずポケモン図鑑をしげしげ眺めてしまった。色違いのポケモンもいるだろうけど、どこの色が違うんだろう。ボディか?それともやっぱり、髪の毛の色なのか…。がんばって、「助けを呼ばせて」捕まえてみようかと思ったが、地震だっけ、マグニチュード8!とかに当たってしまって、正直痛くて、粘るのがきつい。殿堂入り後に、飛行パーティでも作って、やってみるかな。

« Jell-O、アメリカンデザート|Top|キルロイは、なぜ現れるのか »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    09 | 2020/10 | 11
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる