FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

洋書の新作を買いながら思うこと

愛読している作家の新作をダウンロード。8ドルでペーパーバック1冊。アメリカでの定価で買えて、今のレートだと、800円ぐらい。送料は、kindleにダウンロードなので、ゼロ。


 洋書って、私が学生だった頃は、高かったなあ…と思いだした。実際のレートはもっと安かったのだけれど、洋書には、その時の為替レートとは無関係に、固定?とも思える設定で値段付けがしてあった。仕入れたときのレートで値段が決まるというようなことには、なっていなかったってこと。


もちろん、値段付けが面倒になるのは間違いがないし、同じ本でも去年買ったのは1000円、今年買ったのが700円とかになったら、困るものね。そんなわけで、当時、洋書というのは多分1ドルが、200円から250円ぐらいの換算だったと思う。6ドルの本なら、1480円というところか。たまに、ペーパーバックの絵本なんかで、6ドルぐらいのものが、1000円みたいなお得なものもあった気がするが、少数派、ともかく洋書…というものは高いというイメージしかなかった。


 古本屋(ブックオフではない)で、黄ばんだペーパーバックを買って、まだ翻訳されていないものを読んだ…というほど読んだのは、多分社会人になってからだ。当時から、大好きな作家にはまだ訳されていない本があることは知っていたが、英語力が足りず、「楽しく読め」なかったから、冊数を買えなかったのがお金がかからなかった理由だろうか。


 私にとって、「グローバル化」が進んだな、と思うのは、こういう時。
ここまで書いてから、一応、日本のアマゾンで、紙の本はいくらなのか見に行ったら!!中古でも1400円した。キンドル版は837円なのに。ぬうぅ。グローバル化、ならず?


 やっぱり、電子版だよね。グローバル化とともに、何化っていうの?電子化?技術革新…。ええと。ITは、コンピュータだから、電子書籍は、含まれないのかな。ハイテク化?(って言葉あるっけ)


 電子化=ハイテク化と、グローバル化。この二つが、進んできたってことだよね。このシリーズ…。何年読んでるんだろう、と思って考えたら、多分私これ、20年以上読んでる…。書いてる作家もすごいけど、読んでる私もすごいな。キンドルでグループ分けしている中に、この人の本が41冊も入っていた。アンソロジー含めてとはいえ、かなりあるよね。

« ラジオが好き|Top|一億円、あったら。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる