FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

突然の出会い

昨日、ゲーム内の自分の家で、ちょっと細かいものを揃えていた。たとえば自分が動けなくなる魔法にかけられたときに、ダメージを受けるまでその魔法が持続するので、自分でちょっとだけダメージが入るようにする「罠のかかった箱」。こういうのは、わざと能力の低いキャラでこしらえないと大ダメージが来て自分が死ぬので、そういう風に調整して…とか、うっかり他の箱と間違えたりしないように「anti-paralize-box」と名前を入れておくとか、そういうことも考えておかないといけない。戦士じゃなくて弱いキャラだとその箱を持ち上げたり、開けたりするとダメージが入り過ぎで死んじゃったりする。

その箱に文字を掘る道具がまた、作るのが面倒な上に1回で使い切り。材料を集めて、何度もキャラを変えて箱を作り、罠をかけて、魔法を使って、大工仕事をして、文字を彫って、ついでに箱を赤に塗って。もう、ゲーム内とはいえ、家事のような感じで、モンスターも世界にいるし、クエストだの、なんだのもあるのだけれども、こういう何でもないことに時間をかけてしまうのがこのゲームの特徴だ。

そんな作業を家の中でやっていたら、家の敷地の前に、プレイヤーが。珍しい。私が昔一緒に遊んでいたアメリカ人プレイヤーたちはもう、いなくなっていて、私はゲーム内にほとんどお友達がいない。知り合いぐらいならいるけれども、それにしたって私の家まで訪ねてくる人は、ひとりか、ふたり。

全然知らない人を家の前で見かけるというのはかなりめずらしい。この家はダンジョンや、モンスターが出る「湧き」からは遠い。普通のプレイヤーが用事で通ることが少ない。近くに家がある人という可能性はあるけれど、大体移動魔法があるこの世界で、人が「歩いて通り過ぎる」というのは、あんまり見ない。

玄関まで行って、とりあえず挨拶をしてみた。
うちの敷地はプライベートに設定していたので、その人は敷地には入れない。外から見ているだけ。と思ったら、玄関の階段に、ポンとその人がアイテムを置いた。

セミレアぐらいのちょっと珍しいアイテムで、あるのは知っていても、私がこのゲームにいない間のもので、持っていないもので、you do not need this? と聞かれた。必要なものではない。飾っておけばかわいい、そういうものなんだから。
I do not have the reason to receive this, why you just give it away?もらう理由もないし、どうして人にあげてしまうのか、ときいたら、このサーバーには家がないから、置けないと。

まあ、このゲームのサーバーは全世界に20個以上あるけれども、昔はいくつでも家を持てたけれど今は1アカウントに全サーバー通じて1つしか持てない規定になっているから、しょうがないか…。つまりこの人はどこかほかの世界に、自分の家があるのだろう。

しばらく話していると、どうも外国の人っぽい。つまり、英語圏の人ではないかも…?と思ったら、are you american,と聞かれた。
このゲームはアメリカ発祥、サーバーもアメリカのサーバーで遊んでいる。No, I m Japanese、と返事をしたら、相手がびっくり。
I am Japanese, too、と。

あー。ふたりで笑ってしまって日本語に切り替えた。家が、きれいに出来ていると思ってくれたらしい。
アメリカのサーバーは、家を物置程度にしか思っていなくて、アイテム展示場みたいになっている人が多いけれど、日本のサーバーは傾向が違って、ものすごく住宅に凝る人が多い。見に行ったことはあるけれど、びっくりするぐらいきれいなおうちが多い。私の家は、ゲーム内で販売されている建売タイプのに似せて建てられているので、整って見えたのだと思う。

外国で日本人に遭遇すると、なんだか親近感を覚えて、おしゃべりすることは多いけれど、それがゲーム内でも起きた感じ。
親御さんを介護中だそうで、音声を使わないゲームしか遊べないのだと言っていた。出かけられないからこれがいいストレス解消なのだとも。

自分が遊んでいるサーバーではもうキャラクターのスロットがいっぱいで、それでもキャラを育てるのが好きなのでいろいろなサーバーに自分の好きな、動物を使役して戦う「テイマー」を作って歩いて、ついに日本のサーバー全部に作ってしまったので、外国に進出したと。遊び方はいろいろだと思っていたけれど、よっぽどテイマー職が好きなんだなあ。

使い方が難しい職業なので、私は最近作り始めたばっかり、つまり一人目もまだ使えるようになっていない。
ペットの訓練の仕方や、戦い方を教えてくれる代わりに、私にゲーム内英会話を教えてほしいと。引き受けておいた。私も、戦い方がわかるのは助かる。

ふたりで疑問解消の質問会をやった。「こういう育て方でオッケーか」とか「brtとは、何の略か」とか、お互い「聞けるほど親しい人が思い当たらない質問」で、とても面白かった。

どんな方法でもいい、こういう人に迷惑の掛からないストレス解消は、必要ですよね、と2人でしみじみ話し合ったことだった。

« 大切な人を送る時。|Top|気温が下がった »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    04 | 2021/05 | 06
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる