FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

おいしいスープが飲みたい

息子が、クラスメイトが「食べ放題のピザ食べに行ったんだって、すっごくおいしかったといっていた」という、食べ放題のピザ屋。アメリカで、食べ放題…というのは、あんまり期待値は上げない方がいいのは、私も夫も知っている。

 まだ、夫婦二人しかいなかった、そしてとーてーも貧乏だったころ、ピザの食べ放題が、クーポン使って食べに行ったことがあった。飲み物を「水道水だな」という水にしてしまえば、びっくりするほど安かった。

 アメリカの食べ物の中で、マカロニチーズ、ハンバーガー、マッシュポテト、それからチキンナゲット。このあたりには、「ま…値段なりで、こんなもんでしょう」という均衡点が割と、いいあたりにあることが多い。値段の割にこっぴどい、というのが少ないということ。

 ピザにも、「まずくなる限界値」というものは、ある。特に「あったかいピザのまずい限界値」というのは、それほどは、ひどくないものだ。 つまり、あったかくて、チーズが乗っていて、タンパク質が乗っていれば、まあねーっ。というわけで、クーポン付き雑誌を調べてみたところ、大人1人7ドル、子供1人4ドルという値段設定からいって、「まあ…ね」と夫と顔を見合わせたのだが、息子がどうしてもこの店で食べたいというので、食べに行った。

 ピザは、「アルフレド」という、白いクリームっぽいチーズソースのもの、それにチキンの角切りが乗ったやつ、ペパロニ+トマトソース、バジルソースにマッシュルーム玉ねぎオリーブ、ハムの「シュプリーム」、それから「チーズだけ」、そして、これはアメリカの食べ放題ピザでよくみかける、「リンゴにシナモンソース」という甘いやつ、名前は「アップル・ババリアン」(なんでこれだけ突然、ドイツ?)だった。

 リンゴのピザ、これは何回かこういう食べ放題で食べたことがあるのだけれど、アメリカの普通のケーキほどは甘くないことが多くて、私としては嬉しかった。ソースはカスタードだったし、あったかいアップルパイみたいな味。もう少し甘さが控えめなら、これだけ食べて終わりにしてもいいぐらい。
 
 あとは、途中で、丸じゃなくて四角いピザで、端にソーセージを巻き込んだやつと、アイシングがこれでもか、とかかったシナモンブレッドが足されて、サラダバーとパスタ(ソースが、マリナラというトマトっぽいやつと、アルフレドソース、つまりチーズっぽいやつの2択)それから、チキンスープに同じパスタをいれたやつ…というのが、全ラインナップ。

 ピザはあったかいうちに食べるのがコツ、という味で、パスタはアメリカ好みのやわやわ、マッシュルームとブロッコリーは生で、玉ねぎ超厚切りで辛い、そういうサラダバー(笑)。プチトマトとオリーブはおいしいけど、という状態。まあ、アメリカのサラダバーは、どこでもこういう感じだからね…。マッシュルームの生、ブロッコリーの生、慣れれば平気なんだろうけど、なんとなく苦手。

 スープは、アメリカで一番安いスープキューブのチキン味をお湯に溶かした味だった。つまり「こういうレストランのスタンダード」。申し訳程度に野菜が入っていて、一番たくさん入っているのはマカロニ。お椀いっぱい、とっても、千切りのニンジン1本、玉ねぎひとかけら…多分スープのもとに入っているパセリがチラチラ…。

 わかる、アメリカでいうチキンスープは、こういうものなんだよね…。特にお店でサービスで出す奴とか、缶詰のやつはこういう味でさ…。そして、何がどうって、微妙にぬるいの。アツアツだったら、寒くなってきたことではあるし、それだけでもおいしいというのはある。冬に、山へ出かけて、お湯で溶かして飲むブイヨンがおいしいってことを考えたらねえ?

 でも、アメリカは訴訟社会。スープが熱くてやけどしたなんて訴えられたら困るわけであって、そんなわけで、日本のファミレスのサービスのランチスープより、一段階…いや、二段階ぬるいのだった。

 はあ…。スープのあとはサラダバーのオリーブと、プチトマト、リンゴのピザ、それから、チキンクリームソースのピザを食べて帰ってきた。夫と、「昔を思い出すね」と笑いあった。「あ、でもさ、今日は飲み物、ソーダ頼んだし、そこが違うよ」なんて。あの頃は、セルフサービスのソーダ1ドル半(リフィル無料)でさえ、出さなかったものだ。

 夫は「まあ、ピザはあったかければ、割といけるよね、うん。俺はシュプリームは割とおいしかったと思う」
息子は「ピザは、ペパローニのがいちばんおいしいね」 (確かに、家でサラミの切ったのとか出さないしね)
私は「値段考えればこんなものだな。リンゴのピザはおいしかったし」

1人15ドルでこれなら、悲しいけど、全員で20ドル(セルフなのでチップなし)なら、こんなもんだろう…という外食だった。

私は熱いスープがすごく飲みたくなって、帰ってきた。
スープの中で、野菜が押し合いへし合いしているような、スープが飲みたい。ニンジン、セロリ、豆…チキンか、ハム、それから大麦に、トマトに…。

 物語の中で、おいしそうなスープを作っているところのフレーズが思い浮かぶ。豆のスープ、野菜のスープ、スプーンが立つような、あっつあつのスープ。

 今日は、そんなわけで、豆スープ、ハム入り。セロリ、ニンジン、大麦。トマトは迷ったけど…。具が多すぎかも、というぐらい入れた。ついでに、水から鶏肉入れて煮て、基本はチキン味で。あんなぬるいのじゃなくて、熱々をはふはふして食べたい。

 豆は、どれにしようかなっ。と思って売り場に行ったら、「豆スープ用15種類パック」が売っていた。すごいな。
隣に、同じ15種類パックなんだけど、「ハムのフレーバー付き」豆も売っていた。なんだそれは…。

裏の説明から察するに豆のスープというものは、ハムを入れるのがデフォルトで、でも、ハムは高いから、いれなくてもいいように、合成香料が入っている…という商品らしかった。あれだ、「松茸のお吸い物」のアメリカ版ってことか…。

 今回は、自分でハムはいれるので、香料入りは買わなかった。

« 気づきたくなかったこと|Top|りんご »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる