fc2ブログ

LuckyDuckyDiary

暇なときにやること

 いつも読みに行っている【OKKANABIKKURING】のブログのぢょんでんばあさんが、PCのソリティアのあと、アナログ、つまりカードを使ってソリティアをなさったという話を書いていらっしゃった。

 これはPCとかゲーム機が出る前は、普通のカードでやるのが当たり前で、つまり女の子が読むような本では「占い」と言われていたものだった。カードが全部場から取り除ければ幸運だとか、そういう感じのもので、誰かが遊びに来たりしないと遊べない四人とか五人で遊ぶようなゲームではなく、ひとりでちまちまと遊ぶもので、自分一人しかいないときとか、夜だとかという時に遊んだものだった。

 そして本もあったりする。私が持っているものは朝日新書の「トランプ一人遊び88選」と1968年出版のトランプ占い、一人遊びの本(のはず、出てこなかった、どこに片づけたんだ)だけれど、要は子供の頃私が持っていたのは「トランプ遊び、占い」の本。横に四枚並べて、それをずらっと何段にも並べて、縦横斜めに同じ数字のカードが来たらどけて、全部なくなったら終わりという、幼稚園児でも遊べそうなものから、Aを全部出しておいて、その下に13から始まる数下がりの列を作るとか、いろいろなルールはあるけれども、暇つぶしにもってこいのゲームたち。

 英語ではpatienceとかsoltaire呼ばれるらしい。

 トランプ一組あったら大抵のことが出来るけれど、2組使うのもあるので、ソリテア用のカードは裏側の模様が違うものが2種類セットになったのが多い。安いのは100均にあって、2組セット。背中が赤いのと黒いのがセットになっているのが多い。
子どもの頃から大好きで、多分遊んだ回数は1000回じゃきかないし、パソコンにこれが入っているのを見かけてからはなおsら、私は人生のかなりの時間をこのゲームに費やしている派だ。

 ぢょんさんの記事を読んでいたら、ふらっと遊びたくなった。
 もちろんトランプはうちにある。小さい頃は学年誌や、少女漫画雑誌の付録を使っていたけれどさすがにいまはそういうのがない。
 バイシクルのやつで、ぱらぱらっと配って遊んで、あ、失敗した…となった。
 まあ、ウィンドウズについている典型的やソリティアは勝率3割行かないからなあ。
 そう思って配りなおしたら、面倒くさい!!!

 パソコンで遊んだら一瞬なのにね。特にレイアウトが簡単なのと面倒なのがあるからなあ。
 「絨毯」なんか面倒で配る気にもならない。

 それでも1ゲームだけなら、案外いいと思う。
 これは1ゲームだけやって、さっさと切り上げろ、ということなのかも。

« 何の日だっけ|Top|やっぱり、カレー »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    11 | 2021/12 | 01
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる