FC2ブログ

LuckyDuckyDiary

ところてんを自作

誰でも、自分の中に「やりたいことリスト」をもっているのではないだろうか。
 「絶対やりたい」ではなくとも、「機会があったらやってみたい」「時間が出来たらやってみたい」「お金があったらやってみたい」とか、そういうようなこと。

 もちろんリストの一番上にあるようなものは、実行に至るまでを目標として少しずつ準備したり、心づもりをしたりするから、一番上は少しずつ入れ替わっていく。

 でも、たとえば真ん中のあたりにあるものだったら、どうだろう。
 別に急がなくてもいい、そのうちそうする機会もあるだろう、どうしてもやりたいなら、本気を出せば来週にでも出来てしまうような、そんな何でもない小さなこと。

 私にとって「ところてんを自分で作る」というのはそういう、リストの真ん中あたりにあるやりたいことだった。

 ところてんは、私にとって「甘いもの」の一種だった。これは住んでいる地域の文化によって差が出る。かき氷と同じ場所で売られているものというカテゴリわけだったので、たとえば子どもの頃誰かがそういうお店へ連れて行ってくれるとしたならば、ところてんと一緒にメニューに出てくるものは、わらびもち、白玉、あんみつ、かき氷…とかそういう和風甘いものラインナップ。フルーツとアイスクリームが乗ったクリームあんみつに、ところてんは絶対かなわなかった。

 不思議なことに、母はフルーツが入った四角い寒天はこしらえたし、水ようかんだって作ったし、なんならフルーツ寒天ののっかったケーキまであったぐらいだが(ゼリーケーキと呼ばれていた)、なぜかところてんは作らなかった。そんなわけで私がところ天を買って食べたのは一人暮らしを始めてから。

 売っているところ天は、酸っぱかった。保存のために、ところてんのパックの中には酢が入っているようで、ザルにあけてから洗って黒蜜をかけても、どこか酸味が残るような、そんな味。
 あんみつに入っている四角い寒天の味は知っていたし、ところてんというのは形こそ違え、その味がするものだという知識はあったから、酸っぱいのは何となくダメだった。酢醤油をかける人があるというも知っていたので、しょうゆだけかけて食べて、こんなものかな…ということにしておいた。

 いつか、作ってみたいなあ。そう思ったのだが、当時近所で見かけた「ところてん突き器」は木製だった。
 粗い銅製の金網が貼られたそれは、職人さんの使うような立派なものだったが私は思ったのだ。「絶対カビる」と。

 私の一人暮らしの部屋の台所は収納が少なかった。そして流しの下の物入れはかなり湿気がひどく、サイフォンのコーヒーを入れるときに使う竹べらとか、竹の巻きすとかに私はカビをはやしてしまったことがあった。一度目はいいだろう。でも私は毎日ところてんを作るほど、手作りが好きだろうか、と聞かれたら答えはNOだし、好奇心はあるしやってみたい気持ちもあるが飽きっぽい自分にもう私は気づいていた。

 あいにく、ところてん突きはちょっと高くて2000円近くした。多分作りがよかったのだろう。一人暮らしの安い給料でただ一度だけの楽しみのために2000円出すのはちょっと無理だった。しかも後でカビが生えたのを見て捨てるのがほぼ確定。
 そんなわけで「いつかやってみたいことリスト」の下のほうに入れて早何年。

 今年の夏、見つけた道具はこれだった。なんとプラスチック。製造元は【曙産業】さんというメーカーらしい。

 これならカビない。ちなみにゼリーなんかをこれで作るのもよさそうだ。
 息子はプリンより断然ゼリー派なので喜ぶだろうし、ところてんはローカロリーだし、私のおやつにも。

 ところてんを作って、黒蜜…は使い切るまでに時間がかかってだめになりそうだったので、黒砂糖をかけてみた。
 おいしい…。生クリームと黒砂糖をかけたところ天は、どこかのファミレスのデザートみたいだった。
 黒糖ゼリーにしてもおいしかったし、夫と息子はコーヒー寒天に牛乳いれて、謎の飲み物みたいになってるのが気に入ったみたいだった。

 やっぱり市販のところてんと違って酸味がついていたりしないので、ちょっときなこなんかかけて食べてもおいしい。
 大体のお菓子は市販のもののほうがおいしいので、そんなに作る気にはならないけど、ところてんは家で作った方がおいしかった。

 夫はところてんは甘くないものという文化圏で育ったので、「これ、海藻サラダにいれたらよくない?」と言っていた。
 なるほどー。
 「鍋に入ってるやつとは違うの?」と聞かれたけどそれは「くずきり」では?
 寒天は熱々に煮ると溶けちゃうので、ものが違うと説明はしておいた。

 息子は「細く切る意味が分からない」と言って、押し出す前のを全部欲しがるので、そういう点では要らなかったが、まあ…。
 
 息子もどうも甘いのよりは「そうめんみたいに、つゆで食べたらおいしそう」という感想だったから、お菓子派は私一人に終わりそうだけど、やってみたいことリストの1つがちゃんと出来たのが楽しかった。
 




 

« 久しぶりにころんだ|Top|源氏物語の解説本 吉屋信子 »

コメント

ところ天を手作りするってすごいですね~しかもあれが現代的になって売っているとは知らなかったです。需要があるんですね、きっと。
スーパーのは、ちょっと酸味ありますね。
子どもの頃は、和菓子屋さんで売ってるのを買ってまして、酸っぱくはなかったですね~黒蜜です。きな粉も良いですね。
甘味処で、クリームあんみつにみたいに、ところ天の上にソフトクリームが乗ってるのがありましたね。

こん○○は。

 
思わず、えェー!?

と声が出そうでした、だって私にとって心太は酢醤油に和がらしを添えて青のりを振りか
けて食べるものだったのです、食べた後の歯には青のりがお約束。

小学校の裏門のすぐ近くに心太と焼きそばを焼いているたたみ一畳ほどのお店があったの
です、お店のすぐ脇に竹の長い縁台がありそこに座って一日のお小遣い10円で暑い夏はよ
く食べたものです。

本来心太は酢醤油でかつ箸は一本で食べるのだそうですが子供にそんな曲芸などできるは
ずもなく普通の二本セットのお箸でした。

息子さんの「細く切る意味が分からない」理由はこんなところかと。

ここのおじさん、もう90歳近いのに元気に自転車乗ってます、昔は店は奥さんが、おじさ
んはバイクで屋台を引っ張って市内のあちこちを回っていました、夏はかき氷です。

私の生家は酒屋、今書いたご夫婦はお得意さんでもあり奥さんにいつも「のんちゃん」と
呼ばれていました。

甘い心太てどんな味かとWebで調べたら心太を干したものが寒天、これは蜜豆やあんみつ
に入っているものがそうなんですね、これで合点が行きました。

酢醤油で心太を食べる文化をご存じない方に申してもアレなんですが酢醤油に少しだけウ
スターソースを入れるとなかなかですよ、これはラーメンでも。

しょうもないことを書いてしまいました、とても懐かしいことを思い出させていただいて
感謝します、有難うございます。

こんにちわ!

ところてんを作るのは、けっこう凝らないとできないのかも。
でも、簡単にできるものとかあるんですかね。

今年の夏はところてん食べなかったなあ。
自分は酢醤油で食べるのが好きですね。
ちょっとからしを添えたりしてね。
ちょっとした涼しいおやつですよね。

なんか、食べたくなってきちゃった!

レツゴーさんへ

ところてん、って実はあの細い形にする前までなら、ゼリーとどっこいどっこいなんですよ、難易度。問題はあの細いかたちにあるんですよね。
 レツゴーさんは私と同じで甘い派なんですね。それに和菓子屋さんでかうのですね。うーん…うちのそばの和菓子屋さんにもあったのかなあ。覚えがないです。

のんちさんへ

おおっと、のんちさんは辛い派でしたか。大体味がないものなので、どっちを食べつけているかというだけの話なんですが、青のりなんですね。つまり「そうめん」か、「冷やし中華」系統の食べ物みたいになるんですね。
 あんみつのイトコぐらいの食べ物と認識していましたから、やっぱり地域差は大きいのでしょう。
 ちなみに場所が分かれる場所はやっぱり、カップ麺の味の好みが変わるあたり…つまりフォッサマグナのあたりが境界だとか。

CLIMB AGAINさんへ

ところてんは、最後に細く切るところを除いては、結構簡単です。
水に寒天の粉をとかして、(喫茶店で出てくる、細い袋入りのグラニュー糖みたいな形の寒天の粉を売っています)温度をかけながらぐるぐる混ぜて溶かし、沸騰してからしばらく煮て(大体1分)つぎわけてひやせば、もう出来上がり。沸騰させて煮たてちゃっていいので、うっかり沸騰させると固まらなくなるゼラチンのゼリーより簡単なぐらいです。
 それを細くきると「ところてん」に。1センチ角ぐらいの立方体に切るとあんみつに入っている寒天になります。
 カップに缶詰めのフルーツをいれて上から寒天をいれてもおいしいです。ただ、ところてんのように何かかけて食べる場合味は要りませんが、果物を中に入れてゼリーのように食べたいとか、あんこをまぜて水ようかんにしたいとか…という場合は甘さがほしいところです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    08 | 2021/09 | 10
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる