FC2ブログ

LuckyDuckyDiary

六花亭おやつ便

 北海道の六花亭は、おみやげものとかで食べたことがある人が多いのではないだろうか。
 マルセイバターサンドを「すごくおいしいから」と言われて、取り寄せたのはまだ20代前半、「コンピューターで通信販売が出来るようになった」時からそんなに経っていないころだった。

 その当時はネットは「インターネット」ではなく、「パソコン通信」で、プロバイダーは大規模なものが3つぐらいしかなく、パソコンで通信をするとなったらたいていそのどこかに申し込んで、回線はNTTの電話のを使うことになっていた。

 プロバイダにあるでっかい「サーバー」というコンピュータの中でやり取りされる情報しか使えない「閉じた」ネットワークで、いうなれば、auに申し込んだ人はauの人としか通信できない、docomoに申し込んだ人はdocomoの人としか通信できない…というような感じになっていると思ってもらうとわかりやすいだろう。NTTの固定電話の人とは通信できないと思ったら、その不便さがわかると思う。

 私が入っていたパソコン通信の通販コーナーには、六花亭のバターサンドが買える「名産品のお店」があった。
 そこで取り寄せて食べたバターサンドは、一人暮らしの家に遊びに来ていた友達と分けたから、1つしか食べなかった(5つ入り1パックしか買わなかった。送料が高かったのよ)。六花亭との出会いは一瞬で終わりだった。北海道旅行に行ったこともなかったなあ。
 確か、姉が大学のクラブで北海道に合宿に行ったとき、六花亭の板チョコレートをくれたことがあるような…。

 北海道に住んでいた時には、割と近くにショップがあったので、六花亭の80円ぐらいのシュークリームや、クリームの入ったケーキ、プリンなんかも食べた。ちょっと長持ちする焼き菓子や、お饅頭などを箱に入れたのはお土産として人気だが、そういうお菓子をバラで買えるのがお店のいいところ。デパ地下までいかなくても、駅前とか、スーパーの一角にお店があるのもよかった。北海道は冬は雪が多くて、わざわざ電車に乗ってデパートまでとはなかなかいかない。
 お値段リーズナブルで大変おいしいので食べるたびに北海道に住んでよかった…と思ったものだ。

 でも北海道を出てしまえば、手に入れる機会がないんだよねえ…。
 コロナのことがあって出張も減り、旅行する人も減り、地方の名産のお菓子はなかなか手に入れにくいものになった気がする。

 そんなある日、うちに六花亭のチラシが入った。
 新聞のチラシは大体近隣のものが多い。六花亭は北海道、かなり遠くの海の向こうで、今まで見たことがないようなチラシだった。
 
 送料200円で、3000円分のお菓子をクール便で届けてくれるという【六花亭おやつ屋さん】
 夫と二人で「おいしそうだね…」と眺めて、はがきはチラシについていたけれども、ネット通販があるのでPCで見て、申し込んだ。
 ちなみにはがきで申し込むと、代引きでお届けに来てくれる(代引き手数料のため、ちょっとその分値段があがるが、クレジットカードがなくても申し込める)。

 ひと月ごとに、入っているものがちょっと替わって出されるようだ。
 毎回入っているものと、そうでないものがあるらしい。
 
 到着してから、食べた。「シーフォームケーキ」が一番足が速いので、特に「これを最初に食べてほしい」と特記されている。
 キャラメルクリーム、最強!おいしい!このクリームをちょっとやわらかくしたようなのが入ったキャラメル味のシュークリーム、北海道に住んでいた時に一体いくつ食べたことか。
 この世のすべてのキャラメルクリームは、これを見本にしてほしいと思うぐらい好きな味だ。
 
 私が北海道にいた10年前は見かけなかったが、アーモンド入りのキャラメルもおいしい。…単にキャラメルが好きなだけ?

 いや、定番の大平原(マドレーヌ)も、雪やこんこ(ホワイトチョコレートサンドココアクッキー)もすばらしい。
 バターサンドは息子が一気に2つ食べようとしたので止めたぐらいだ。もったいない!そんな8本198円のアイスと同じようにたべないでほしい。

 多分、六花亭は製造ライン保持のため、ある程度利益を少なくして出しているのだと思う。一度止めると費用がかさむだろうし。
 おやつセット、買うよ、毎月買う。そして旅行できるようになったら、北海道旅行して、夫と息子はスキーでもして、お土産を買おう、という結論に落ち着いた。

 キャラメルは全部私のねっ!
…と予約しておいた。
 

« たまねぎの漬物(漬物体験その後)|Top|おいしいソーセージを食べるには »

コメント

パソコン通信!

 
いや~懐かしい言葉!今や完全に死語になっていますよね、私も初代のダイナブックでや
っていました、当時購読していた本にたまにフロッピーディスクが付録になっていてそこ
にフリーソフトなどが入っていました。

パソ通はテキストデータしかやり取りできないのでフリーソフトは楽しみの一つでしたが
あるときその中に.EXEや.COMなどの実行ファイルをテキストデータに変換してくれるフ
リーソフトが入っていました。

これを使うことでパソ通でも実行ファイルのやり取りができるようになって助かったこと
がありました。

今では笑っちゃうほど低次元のシステムでしたがどんなシステムも最初があるのですから
笑っては失礼ですね、当時としては最先端だったのですから、最先端すぎて人に話しても
「こいつ、何言ってんだろ」と思われるのは間違いなかったので私は黙ってました。

それと「六花亭」、その昔NHK教育テレビで社長さんが出ていてその企業理念にとても感
動したことがありました、思わず会社にその旨を認めた手紙を出したらなんと社長御本人
から印刷ではありましたが返事が届いたのです。

NIFTY-serve@のんち

こんにちわ!

六花亭、バターサンドが人気ですね。
自分、前に函館行った時に、おみやげで六花亭のチョコだったかな?買ったことありますよ。
あ、チョコはロイズ(ROYCE)だったかな?
北海道は、けっこうお菓子の有名名菓がありますよね。

のんちさんへ

ニフティ派だったんですね。ニフティ、PC-VAN、それからASAHI-NETだったかな?ちなみに私もそういうフロッピー付きとかCD付きの雑誌、買ってましたよ。フリーソフトとか、シェアウェアとかが入っていました。今だと、ネットでダウンロードが当たり前ですものね。
たしかあとからダウンロードソフトも出てきた気がしますがデータが大きくて通信費がかさみました。mac用のデスクトップマスコットとか、作ったものです。懐かしいな。

CLIMB AGAINさんへ

最初ロイズがポテトチップにチョコレートかけたの出した時は、ええ…と思ったものでしたが、今ではポピュラーですよね。
 ロイズのお店は私が北海道にいたときもちょうどバスで通るところに帰るお店があって毎回、降りようかな!どうしようかな!と迷ったものでした。
 北海道はおいしいお菓子が多いイメージがあります。酪農が盛ん、というイメージも。私が子どもだった頃にもらった北海道土産はバター飴だった気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    08 | 2021/09 | 10
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる