FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

栗落雁

 物産展で栗らくがんを見かけた。

 懐かしいな…。実は祖母の家のある県の名産で、子どものころはよく食べた。

 あんまり旅行に行けるほど余裕がなかった実家の家計では、旅行=帰省で、夏は毎年田舎に行って、お墓参りもそこそこにいとこと遊んだり、冬は全員で温泉に泊まったりでその県の観光地と名所と銘菓はほぼ制覇。そのなかでも、特にこの栗落雁は出番が多かった。

 昭和50年代だというのに、このお菓子の製造元には「直営ショップ」と「直営喫茶室」があった。今でこそ直営ティールームのあるお菓子屋さんなんてよく聞く話だが、当時は珍しかったのではないだろうか。
 このお菓子屋さんは栗のお菓子ばっかりを作っていて、直営店の前にはどーんと大きな栗の木が何本かあった。
 栗かのこ、栗ようかん、栗まんじゅう、栗の練り切り、栗のケーキ、モンブラン、マロングラッセもあったかな?栗のお菓子ばっかりが並んでいて、お土産に持って帰れるように缶入りの栗かのこや、箱詰めの栗ようかん、そして栗らくがん。

 栗かのこは家に戻ったら、母方の祖母の家にもっていったり、お世話になっている人のところへ風呂敷に包んだり、持ち手のある紙袋に入れたりしてどうぞ、と持っていくものだった。箱入りの栗落雁は栗かのこよりは落ちるが、これもちょっといい感じに出すもので、次が乗換駅で売っているような箱入りのお菓子。多分持って帰るのに軽いから選ばれていたと思う。
 その箱入りのお菓子と袋入りの栗落雁、という組み合わせは、「お互い帰省のお土産を交換し合う人」との交換に使われる。
 もっと気安い仲になったら、栗落雁「だけ」がほかの袋入りの軽いお土産と交換されたり、誰かがお茶を飲みに来ておしゃべりしたときのお茶菓子に出されて、10月に入ったころに「お盆に買ってきたお菓子」が「遅すぎて出せなく」なり、家で子供のおやつに出る。

…というような感じで、毎年、余らなければちょっとだけ、余ったらかなり長期間おやつに出た。割れたのとかはお茶菓子に出すわけにはいかないので、回ってきたこともあったなあ。結局物心ついてから、20歳過ぎて家を出るまで食べたので、いうなれば「飽きた」ぐらいの扱い。それ以来食べたことがなかった。

 大人たちがティールームで食べていた栗のぜんざい、栗ようかんや、地味な栗のケーキ(多分パウンドケーキ?食べればよかったのにね、当時の私も)にそれほど心惹かれず、子どもだった私(たち)は珍しさに惹かれて「栗のかき氷」を食べていた。シロップが茶色いし、氷イチゴ、氷レモン、氷メロン、ブルーハワイで打ち止めだった当時のラインナップからはあり得ないチョイスに、テンションを上げて食べてみたのはいいものの、やさしい甘さで、上から栗のシロップをかけた氷は大盤振る舞い過ぎて下半分はただの氷、自分で頼んだのでしょうがないとは思うもののあっという間に飽きて、全員外で大人を待つことに。

 初めて見るような大きな、大きな栗の木の下で、7歳か、8歳だった私は「ここはやっぱり、ふさわしいのでは」と突然の衝動にかられ、木の下で「大きな栗の木の下で」を歌った。
 3フレーズしかない、8小節?しかない曲だったのであっという間だった。
 

 緑のイガが木の下に落ちていて、夏の日差しと、その深い緑の梢を見上げて、毛虫が落ちてきたらちょっと嫌…と思っていた、そんな夏。ピケのワンピースは前ファスナーで、一人で着脱がしやすいお気に入りだった。

 ポリポリとかじれば、意外と…記憶にあるよりずっとおいしい。なるほど…小学生にはウケないお菓子なんだな、つまり。
 
はあ…森の中の直営ティールーム。いいなあ。行きたいなあ。旅行の出来ない今年の夏は、思い出すだけにしておこう。

« ひもつきの耳栓|Top|安楽死の問題 »

コメント

こんにちわ!

らくがん、あまり食べなくなりましたね。
好きなんですけどね。
抹茶と一緒に食べると、美味しいですね。
たまには、和菓子屋さんに行ってみようかな。

CLIMB AGAINさんへ

そういえば、京都のおみやげだといってもらった、きれいな形のお干菓子は、強烈なお値段でしたが、とてもおいしかった覚えがあります。
 古くから作っているお店も結構あるのかもしれませんね。

こんにちは

栗落雁・・・生協のチラシで見かけるとたまに注文しています。
初めて食べたのはもう30年くらい前でしょうかね・・・
栗の上品なお味が口の中に広がって、おいしいなぁと感じています。
京都のおみやげの落雁もかわいらしくて色とりどりで 食べるよりずっと眺めていたいなぁと^^ でも食べちゃいますけど(笑)

昔は仏壇にお供えする落雁はかたくてあまり食べたいとは思わなかったけど、今は中身は砂糖になっているものが多いので何と懐かしさもありかじってみる程度に食べてみたいかなぁなんて思いました。


花梨さんへ

お仏壇のお供えにするあれは、大きくて、小さい頃はもらったらがぶっといきましたが、今になると親がなぜ「げっ」という顔だったかはわかる気がします。
 栗落雁は苦めのお茶と食べると大変おいしかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる