FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

日本のマナリズム

 コーラスの周年コンサートが近づいてきた。こういう演奏団体によっては、大掛かりな周年コンサートに練習期間が短い人が出るのを嫌がるところもあって、練習期間が半年どころか、3カ月しかないというのに「一緒に出ましょう!」と反対者が全く出ないというのは私にとってはちょっと驚きだった。正直出演は辞退しようと思っていたぐらいだ。こういうところでもめると後が面倒だからね……。

 基本音楽系統の団体は女性が多く、そうなるとこう、人間関係が割と面倒くさくなることも多い。そういうのが苦手だとじぶんでわかっているから、なるべく問題を避けようと思っているわけだ。ただ、アルトは不足気味だったということも大きいだろう。これがソプラノだったら話は別だったかもしれない。

 一応細部はともかくも、はっきりわかるような間違いはしなくなり、振り付けに余裕はないものの目立つほどは落ちなくなってきた。
音程で上がりきらない、下がりづらい、または下がりすぎる……というような細かいところで失敗しやすいところのチェックは、習い事の先生(コーラスのではないが、音楽系の人。細かい音程が聞こえる)に頼んで終わっているので、そこだけ暗記しておけば多分、失敗しないはず。

 隣で歌っている人にも「ここ何週間で急に覚えたねえ」とほめてもらったし、練習に行くのに気が重いということもなくなった。
やっぱりちゃんとできるとわかって不安がなくなると違うものだなあ、と思う。

 コンサートには途中、団員の子供が出るステージがある。ちなみにうちの息子にも出演の打診があったのだが、「いや、遠慮しておく」というのでうちの子は出ないが、つまりこのコーラスグループは幼稚園のコーラスのOB会から発生したものなので、団員の子どもたちは全員同じ幼稚園の卒園生。全員が練習をそれほどせずとも歌える愛唱歌がいくつかある。

 通し稽古の時に、その子たちが出るパートもやるのだが、その時、ここでお辞儀をします、となって、先生が和音を弾いた。
 ジャーン♪じゃーん♪ジャーン、と、三回、最初の和音で気を付け、真ん中の1回がちょっと低くて、そこで頭を下げ、3回目の和音で頭をあげて、直れ、となる和音で、全員がお辞儀のタイミングがわかるという機能がある。

 そういやあ、これって日本独特かも、とふと思った。

 この和音を聞いたら、日本ではお辞儀をするのだとわかる子がほとんどではないかなと思う。
 たとえば即席で舞台にでて、全員並んで、この1つ目の和音がなったら、「あ」となり、2つ目がなったらぺこり、と全員出来る気がする。
 上の方はちょっとわからないが、1960年代に教育を受けた世代から、現在の幼稚園ぐらいの子供までの幅広い年齢の人がこの合図を理解できると思う。

日本の幼稚園、保育園、小学校でも私立公立を問わずやると思うけど、アメリカにはなかった気がするなあ。舞台に出て、最後にお辞儀をするという文化はアメリカにもあったけど。

 ここまで幅広い年齢に知られているマナリズムというのもちょっとおもしろいなと思う。これより幅広くとなると、手を合わせて「いただきます」と「ごちそうさま」をいうとか、そのぐらいまで行ってしまいそうだ。

 昔、アメリカのオンラインゲームを遊んでいた時に、日本人同士は助け合いましょうという風潮もあったし、日本人には助けられたからと日本人に親切な人もいて、日本人であることが「得」になることが結構あったころのこと。日本人だ、と口ではいう人がそれほどいい行動をとらない場合に、英語圏の人から本当に日本人なのか判定してほしい、と呼ばれることがあった。英語が通じない場合が多かったので、日本語ネイティブで、英語がある程度使える私は通訳代わりに重宝されていた。

 この場合本物の日本人なら説教確定、日本人全員の評判が悪くなるからとタブーである行為については厳しい目が向けられたし、リーダー的役割をしている人はそういう解説もした。それでも行動言動があまりひどい場合はグループ内に周知されて日本人同士の無償の助け合いには入れてもらえないという、割と「日本人だなあ」というルールがあった。

 もちろんよっぽどひどくなければそれほどは問題視されなかったが、どこの国の人かはともかく、ゲーム内で嫌がられる行為というのは現実世界でも嫌がられるだろう暴言、セクハラ、パワハラ、横取り、詐欺、搾取、殺人、というようなことだったから、それほど理不尽とも思われていなかった。

 質問はまず、簡単なところから。「日本の何県からいらしてますか?」
大抵の人は何県、とか、有名なところだと名古屋とか、横浜とかの都市名が答えられる。個人情報というにはあまりにも広範囲なので、これに個人情報だからとしり込みする人はまずいない質問なので、これに答えない人は日本人ではないという判定でOKだった。
 誤答した人も同じく。18歳以上限定のゲームでPCが使えないと遊べないゲームで、これに答えられない日本人はいない。
誤答例には「とうきょうけん」というのはもう一つ「東京のあたりから、ですか?」「東京県です」という繰り返しがあったため外人判定。
 ばれた、と気づいたのだろう、東京県と答えた人は英語で放送禁止用語をわめきながら切りかかってきた。全員に取り押さえられて名前を日本人ギルドを通じて流され、日本人ギルド経営の値段の安いお店から出入り禁止になった。

 これをクリアした後は、「食べたことのあるお正月のお雑煮は、どんなの?」
これは日本人なら、結構長い答えになって、すましだ、味噌だ、餅はどうで、具がどうで、ダシがどうで……とこうくる。出身県がどこだとか、今住んでいるところでは…とかそういう話になってくると日本人判定でOK。ここで「えっ」となって沈黙になると外人の可能性がかなり高いと判定していた。

 これも個人情報とは言えないし、身バレの可能性はまずないので答えられる人がほとんど。そしてここで答えが長々と出せるのなら、日本人の中に住んでいる可能性が高く、どのような行動が日本人らしいとされるのかがわかっている人が多いため、外国の人だとばれない可能性が高く、暴く必要が減るというのもあった。単に日本語が不自由な二世だということが判明することも。

 ばれたら暴れるというか、質問している人に武器をもってやけくそで攻撃してくる人もあったので、このあたりで偽日本人と判定がつく。それ以上の質問はほとんどしなくてもバレたり確定したりしたけど、文字チャットじゃなくて音声チャットが普通になっている今のゲームだったら、あのお辞儀の時に鳴らされる和音を聞かせて、「これは何の時に使う音の組み合わせ?」と聞けば、日本で初等教育を受けたかどうかが一発でバレるんじゃないか、と思う。

 今はそんなことする必要性が全くないけど。最近はゲーム内で国籍が混ざることは少なくなっているらしいし、日本人だからといって結束する必要もないゲームも多いからね。ちなみに私が遊んでいたのは2000年±4年ぐらいの話。アメリカ人でも日本人ギルドに入っている人もいたが、その人は日本人の推薦者がいて、なおかつ行動規範を日本人ギルドに合わせられる人で、ということになっていたから、興味深い、と喜んで入っていた人がいたのを覚えている。

 よく「なぜ思うことが違ってもそれを黙っているのか」とか、「もめないことがなぜ、大切なのか」とか聞かれて解説した覚えがある。全員同じ行動をすることが当たり前ということにものすごく疑問を感じるアメリカ人は多かった。グループ行動の時に、自分の行動よりも、譲り合い、グループとしての結果を出すことに意味があると思う人が多いというような解説は何度もしたなあ。

 それを思うと、私たちが当たり前と思っているマナリズムには、なかなか珍しいものも混ざっているのかもしれない。

« カラメル作成|Top|音楽会 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる