FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

うううう、なニュース

私のスマホのニュースサイトに、見出しとリンクがあったニュースが、これ。見られない場合は画像のリンク切れです【ニューズウィーク日本語版の9月12日の記事】

 なんとなくクリックして読んで、「うぁあ!」と変な声が出てしまった。

 見出しは、「思い出として刺青を保存しませんか」。いや……見出しからわかれよ、という意見はあると思う。私も後でそう思った。

 刺青というのは日本では文化的にはあんまり、一般に受け入れられていない。琉球文化や、マオリや、ネイティブアメリカンの文化のように、一般の人が当たり前に自分の個性の発揮出来る装飾としてとか、お守りとして身を飾る習慣がない。

 まあ…こういう模様をいれている人は「やくざ」関連の人が多いということになっているし、そういう職業ではない人や、タレントさんが個人の好みで刺青をいれるのは眉をひそめられるようなこと……という感じになっている。
 かたや、アメリカあたりだと、「かっこいいから」「きれいだから」と十代二十代の頃に刺青をいれる人が多い。脱いだ時にきれいだから、と自分の魅力をあげるために肩から背中にかけて特大の刺青をいれたという女性に知り合いもあったし(私はびっくりしたけど)十代で「親友とお揃いを彫るの」と喜んでいたクラスメイトもいた(これも女子)。

 首の後ろに「漢字の意味、わかってんのかなあ」としか思えない2文字をでかでかと彫った男子は同じ学校のカフェテリアでしょっちゅう見たので覚えている(顔は覚えていない。覚えているのは刺青ってとこがなんだね)し、かなりいい成績でオールAを狙っていた同級生も、足首にピンクの雲と黄色い三日月と星……みたいなかわいい刺青を彫っていた。大体刺青率は20パーセントから25パーセントぐらいはあった。

 ちなみに、90年代のことだったが、それでも親の世代にあたる50代ぐらいの人に聞いてみると、「プロフェッショナルな職業に就くのなら、服で隠れる部分にしなさい」とアドバイスするといっていた。ぱっと見ですぐにわかってしまう、顔とか、首、それからひじから下、などは頼むからやめておいて……ということらしい。たとえばおしりとか、靴を履いたときに隠れる部分あたりなら、たとえプールに入っても目立たないから、と。つまり男性の胸と背中はオープンになることが多いため、勧めないとか。

 まあ、そういう文化圏では、カラフルに刺青をいれている人というのは割と見ることになる。上半身裸でバーベキューをしているおじさんにごちゃごちゃとした刺青が……というのは結構見たし、でっかいバイクに乗っている男性の刺青率はかなり高かった。ほぼ100パーセント。プールで女の人の二の腕に柄が入っているぐらいならスルーできるようになってしまう。

 なるべくそういう「文化の違い」については、偏見を持たないように注意しているつもりだった。これは意識しないとどうしても日本のことを当たり前に思いがちだということでもあるし、他の国のヒトから「えーー?日本人ってへーん」と言われるとちょっとムっとするからでもある。
 私は「民族中心主義者」にはなりたくないと思っている。そういう人はアメリカにいるときずいぶん見た。他の文化圏から来ていて、英語があんまり喋れない人にむかって、「どうして英語がしゃべれないの?」なんて真顔で悪気もなく聞いてしまう人たち。飛行機も船も自動車もないころに、人間の地域交流がほとんどないのは当たり前で、いろいろな宗教が歴史の中で各地で発生して信じられてきているという事実が全く理解できず、キリスト教だけが正しいのだと本気で思っている人たち。

 ああいう人たちと同じようにはなりたくない。ないが…。
 しかしこのニュース、つまり刺青をしている人の死体から皮をはいでなめして、保存する…ってことだよね。いや……動物の皮といえばそうなんだから出来ないわけはないんだけど、想像すると「うわぁ」ってなる。

 別の部屋でニュースを読んでいたのだけれど、その声にびっくりした夫に、「どうしたの?」と聞かれた。この際だ、夫も巻き込もう。
このニュースの解説をしたら、夫も「うわぁ、なんかエグい!」という感想だった。

 そんなわけで、この気分をみなさんにも無理やりおすそ分けすることになった日記でした。
刺激的な見出しと写真はもうネットでニュースを読むようになって見慣れたと思っていたけれども、まだまだってことだね。
 


« 100均のクッキーのレビュー|Top|Tシャツ500円 »

コメント

『魏志倭人伝』によりますと、当時の日本人男性は入れ墨をする慣習があったことがわかります。
日本列島に住んでいた人のすべてが入れ墨をしていたかどうかは判断できませんが、少なくとも、大陸からやってきた人の目には「日本男性は入れ墨をする」というのが一種のルールであったと映ったに違いありません。
現在の日本ではタトゥーをしていてもスーパー銭湯には入れませんが、当時の人からすれば思いもよらないことでしょう。
 
欧米人の中にはキリスト教のみを宗教と断じている人も少なくないようです。
昨年のユネスコの世界遺産登録では、”潜伏キリシタン”は認められたものの、”隠れキリシタン”は対象から外されました。
その理由は、”潜伏キリシタン”はカトリックと認定されたものの、”隠れキリシタン”はキリスト教ではないから、というものでした。
この発想こそ大きな偏見だと私などは感じたのですが。

そういう保存法なんですね・・・ちょっとひきますね。もっとデジタルな方法で、写真とかで3Dなのかな~と思いました。
文化の違いですが、そこの国の文化に合わせるのが、公平だと思うので、日本で偏見をもたれても仕方ないと解って、入れるなら、個人の自由だと思います。

たまに、スーパーで、みかける頭と首、膝から下と入ってるラッパーぽい人を見ますが、おもわず避けます。お子さんを連れてますが、『お子さんとプール行けないやろな~』とか思うし、子供と同級生のパパなら、友達になってほしくないな~と思います。偏見と言われれば、そうなんでしょうね。

若い頃、音楽の友達では、けっこう刺青入れてる人も多かったけど、元々知り合いだから、怖いと思わなかったけど、大人になって困ってるやろな・・・と思ったり。

声なき声さんへ

文化といっても、1000年ぐらい前…とかになると、今のとは似て非なるものだったりしそうですね。人の行き来も情報の交換もなかったでしょうから、その土地では当たり前でも、山一つ越えたら全然違うとかになったんでしょうから。

 それを思えば、今残っているマオリの刺青とかは、文化遺産ってことになるんだと思います。魏志倭人伝の刺青は、どこへ消えたんでしょうね?残っていてもよさそうなものなのに。

レツゴーさんへ

偏見というのは、自分が知っている個人にはあんまり出ませんよね。こういう人なんだよ、という他の要素を知っているかどうかで違う気がします。
 見た目とか、わかりやすいどの言語を話しているかとかしか判断基準がなければ、ひとまとめにして皮膚の色とか、刺青の有無とか、推察される出自とかで自分の中にあるイメージを当てはめてしまうというか。
 刺青のラッパーも、刺青のお父さんも、知り合って見ればいい人なのかもしれませんが、「知らない人」ってそういうものだと思います。

 肝臓にも悪いって言いますけどね、刺青って。誰だったか、外国のサッカー選手で、献血が出来なくなるから絶対刺青入れないと言っている人がいたのを思い出しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる