FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

息子の作文

息子は作文が苦手だ。国語全般、成績は平均以下で、「てにをは」が怪しい作文を書く。
四学年ぐらい引き算すれば、こんなものかな…という感じだと私は思っているのだけれども、男子のお母さん方に話を聞くと大体「あるある」のようだ。

 指定の文字数、なんとかして埋めなくてはならない作文は、本当に大変。
今回の作文は「偉人の生涯」を書くらしい。リストされた人物から一人選んで、どんな人だったか書け、というものだ。リストを見てみると、図書館にある「伝記シリーズ」にありそうなラインナップ。息子が選んだ人物は、10冊セットなら入っていないだろうけれども、50冊セットなら、入っている出版社もあるかもしれないな…ぐらいの人物だった。

 「全然うまらなーい、もうかくことなーい」
――という息子のセリフだが、しょうがない、たかが原稿用紙3枚分が埋まらないってどうよ?と思って、読ませてもらった。

 まず、どこにうまれて、名前はこうで、名付けられた由来と、改名したことが書いてある。オッケー。
っていうか、改名したと書いてある名前は聞いたことがない。これ誰よ。
 つまり「偉人伝」のその人の名前は、もっと違う名前だということ。

 滅多に外国に行く人がいなかった時代に、外国へ行って学校へ入っている。
 いくつか学校に行っている記述があるのだが、入学したと書いてあっても、卒業した記述はない。

 帰ってきて、日本で学校を作ったらしい。まあ…近代化における教育の充実はいろいろな人が試してみているものね。私立大学はこの時代に建ったのが多いし。まあ、この人が「偉人」なのはつまりこの学校を作ったところにあるってことだ。

 学校を作った次の記述が、「しかし、XX年に死んでしまいました。理由はXXX病でした」

――っておい!いきなり学校作ったあとに即死!
死んだところでもう書くことなーい!となったらしい。

ひっどい作文だなあ。こういう人物レポート書くときに「死んでしまいました」と表現する人を初めてみたわーとか感心している場合ではない。
 この作文を読んだら、この人は頑張って留学して、そのあと卒業はせず帰ってきて、なんとなく学校を作った後いきなり病死した人になってしまう。
 一つずつ、詳細を足して文字数を稼ぐしかないだろう。というわけでヒントを出しつつ調べさせる。

 あまりにも記述が飛び飛びなので、どんな本を読んで書いたのかと聞いたら、情報元はウィキペディア。だあ!そんなテキトウな情報ソースダメに決まってるだろう!ウィキは、大体のことならわかるけれども、情報が例えば間違っていても全然わからないものなので、こういう時は本を使うこと、と言っておく。マンガ偉人伝でいいから図書館で借りてこい、と借りてこさせた。

時系列に沿って書いていけば、多分うまるだろうということでスタート。
まず、名前は生まれたときの名前、改名時の名前、それから最終的に名乗る名前の3つがあるので、その由来を書く。
ちなみに最初の改名は「元服時」らしい。うわ、お侍さんだ。まだ「元服」があったころということだね。

 外国に行くといっても、当時はいきなり直行便なんかないんだから、紹介されて最終的に留学先の大学に入るまでの経緯を書く。

 入った学校の卒業年次を書く。この人は最初、小さめのカレッジに入り、そのあと大学へ行って学位を取ったらしいので、全学歴書かせる。

 日本に帰ってきてから、学校を作ったまではいいけれども、いきなり一人で作ったのではなく、協力してくれた人がいるはずなので、その人の名前と、何をしていた人かを書く。(伝記に名前はあった)

 家族は?結婚した人を書く。名前は誰か、どういうつながりで紹介されたのか、どんな人だったのか。

 学校を作ったときにその学校のポリシーはどんなのだったか。その学校でどんな仕事をしたか。
 
 いつ、どこで 「なくなった」のか。「死んでしまいました」ってのは小学校2年生ではないのだから使いません、とアドバイスしておいた。

 最後に、今はどこにお墓があるかを書いたら、大体所定の文字数になった。ふう。
 
リストにあるのは昔の……例えば夏目漱石とか、野口英世とかだったけれど、ビルゲイツとか、スティーブジョブスとかにすればもうちょっと筆が進むのかもしれないなあ。

 そういやあ、私はたしか小学生の時のこういう宿題の時に、野口英世のことを書いたな、と思い出した。全文思い出せれば丸写しにさせてもよかったんだけど、さすがにそこまでは覚えていなかった。
 
スポンサーサイト



« バタフライの謎|Top|自分だけの新製品(?) »

コメント

こんにちは

作文かぁ。
言葉の選び方で文章が長くなるか、短くなるかとかもあるねぇ。
○百文字用紙の作文を3枚かけとかって昔からありますねぇ。
何とかして条件を満たそうと長くかくようにやってたなぁ・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる