FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

中学校をどうするかなあ。

 うちの息子の小学校の学年は、かなり荒れている。
5年生の時には、教室で椅子を先生に投げつける子が出たとか、カッターナイフでクラスの女子を脅した男子が出たとか、大問題になったし、教室を抜け出す子もいたし、非常ベルのボタンを押す子もいたし…と中学生みたいな挙動で、参観の時にそのあたりの子を見たら、まあ大きいのなんの!160センチはあるな…という男子。尻馬にのって騒ぐというグループの男子も、体の大きいスポーツマンタイプと言うと聞こえはいいが、つまり体力が余っている感じだった。
 脅された女子たちはもちろん学校に親がやってきて話し合いになったのもやむを得ない。

 その荒れ具合に担任の先生はひとり、学校に来なくなってしまったぐらいだ。教頭先生が入って回しているものの、相当の負担だったらしい。来なくなってしまった先生は、なんと、一年生の時にこの学年を持ってくれた先生で、「あの小さかった子たちが、こんなにいろいろ出来るようになって、感動です」と4月に語ってくれたのが忘れられない。一年生の時は、新任の先生で、特に思い入れが深かったらしく、すでになんとなく荒れているのがわかっていたのに、担任を引き受けてくれて、子どもたちにも慕われていたのに、卒業まで見届けられないのは気の毒だ。

 うちの息子はそういう意味で問題を起こすほうではない。どちらかというとスポーツが全く出来ないので馬鹿にされているぐらいが関の山で、呼び出されたりしたことはなかったが、懇談会のトピックに「〇組について」なんていうのが別口で用意されていたことからも、荒れているのは知っていた。

 隣の学校も実は似たり寄ったりで、低学年で学級崩壊して、保護者が教室を見張りに行っていたという話もあるぐらい。先生が代わってからはなんとか3、4年と持ち直したが、5年生でもう一回学級崩壊状態になって、やっぱり理由は元気のいい男子グループ。

 隣の学校と、うちの学校は同じ幼稚園の子が多いので、私にも情報が入るぐらいには、ママ友つながりがある。そして最寄りの公立中学校は、うちの学校と隣の学校からの子供が全員入る中学校。
 荒れた学校の問題児が2倍になって同じ学年に入る…。なんとなくどうなるか、予想がつく。

 …というわけで、今年は私立受験が増えそうね、という話だった。
大体、小学校というのは、停学とか退学とかないからねえ。
 
 私が子供の頃は、つまりそういうことをして授業の邪魔をする生徒は、机の横とか、廊下とか、教室の前とかに立たされるなんて当たり前だったし、先生によっては容赦なくげんこつの先生だっていた。そんなに体力が余っているなら、校庭3周してこい!なんて、走らされた子もいたぐらいだ。
 今は、教室内で立たせるのすら、やらないことになっているらしい。

 アメリカの場合もはっきりしている。
授業の邪魔になる行為とか、いじめとされている行為とか、タブーとされている言葉を発するとか、はっきりと基準が決めてあって、最初の1回は確か親が呼び出し注意だが、そのあとにも起きると、いきなりスクールバスに乗せられて家に帰らされる。アメリカでは親が14歳以下の子供を1人で家に置いておいてはダメ、というルールがあるので(州によっては12歳)親が仕事を早退することになる。

 次に抵触すると、ルールが決まっていて、何日間学校に来られません、という決まりがある。
親はベビーシッターの手配をするか、家で付きそうかの二択。親の財布直撃なので、親も子供の態度を改めさせるのに必死になる。

 それでも態度が変わらなければ、もう退学だ。校長の権限でそうなる。
 「もううちではお引き受けできません、よその学校を当たってください」で終了。
公教育でも、そうなる。親はしょうがないから、他の公立の小学校に手続きをすることになるか、もう近隣の学校がなくなってきたら、高いお金を払って私学に転入するか、ものすごい通学時間をがまんするか(ちなみにスクールバスが近隣まで来ていなければ親が車で送迎することになる)…でなければ、家で勉強を見る、ホームスクールにするか、という選択になってしまう。
 ちなみに、家に子供を一人で置いておいて、仕事に行くと、法律違反になってしまって、警察が踏み込むことが出来て、子どもはあっというまに施設に入所。取り戻すのにはものすごく時間がかかるそうだ。

 まあ、別に態度や行動が悪くなくても、勉強が出来なければ、小学校でも落第で、同じ学年をもう一回なんていう制度も当たり前にある。学年がぴっちりそろって同じ年齢ではないのも普通で、早い子なら年中ぐらいの年で1学年上のクラスにはいって小学校のK(日本の年長)というのも珍しくないし、うちの子は自分でよく出来ると感じてリーダーとなってほしいから、と本来なら行かせる年齢より半年から1年遅らせて入れる人もあるぐらいだ。一学年ぐらい留年してもなんのことはない、という考え方がある。

日本の学校で気の毒なのは先生だと思う。
 公立の小学校では停学や、退学や落第にすることが出来ないからだ。
 日本の親は、学校は何が何でも子供を置いてくれるものだ、という前提の下、のらりくらりと「うちの子は悪くないです」と逃げ続けてもデメリットは何もない。子どもも勉強しなくても、ところてん式に押し出されて中学生になれるのだから、自分の行動がひどくても、まったくデメリットなし。
 多分高校入試の時に、もうちょっとやっておけばぐらいのことは思うかもしれないが、今は多分気づける年齢ではないだろう。

 徒手空拳で生徒に挑まなくてはならないのだ。
そりゃ、病むよねえ…。この年齢の男子は、本当に言うこと聞かないだろうしなあ。
周りの目を気にする女子は、生徒間のプレッシャーがある分、行動に制限が効くのだけれども、男子がそういう年齢になるのはまだまだあと数年かかる。

 公立の中学にいくと、一年生から「内申書が悪くなる」とそういう生徒を脅すという話を、今中学生のお子さんがある人から聞いたけれど、それしか武器がないだろうし、当然だよなあ。と思った。
 
 中学受験を話題にお茶を飲みながら、まだ選択肢があるだけ、うちはましか…とため息。
私学だと、退学停学、ありだろうからねえ。退学になっても公立中学校はあるでしょう、と言われると何も言えないだろうから、やっぱり抑止力になるだろうしなあ…。

 地元の中学校の見学会も夏に1回、冬に1回あるんだけど、行っておくべき?
ちなみに5年生の親でも行けるので、去年行ってきた中受組のお母さんに聞いたら、なんだか中学にすでに上のお子さんが入っている人が我が物顔で闊歩していて、肩身が狭かった、と。

一応、かなり下位の私学の統一試験日よりずっとあとの受験なんていう感じのも、情報だけは調べてあるし、(つまり、落ちまくった子を拾ってくれる試験だね)そこの「プレテスト」なんていうものも受けさせる予定はあるから、うちは多分、なにがどうでも私学にいかせることになりそうだし、もう近隣の中学の見学はいかなくていいかなあ。

 あんまり親の言うことを素直に聞いてくれる年齢じゃなくなってくるし、噂によると相当元気なお子さんがいっぱい……のようなので、運動音痴で、体が小さめのうちの息子は勉強優先の私学のほうがいいかもしれない。

« 夏の買い物は昼は危険かも|Top|冷たい麦茶 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる