FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

カバンのレビュー

安いカバンが好きだ。

ブランドものよりも、軽くて、てきとーに使えて、1000円ぐらいで買えるトートバッグや、紙袋の形をしたバッグも好きだし、2000円ぐらい出したら買える、ナイロンの軽いショルダーバッグも好きだ。

 リュックは2000円では買えないのが多いが、それでも丈夫で使いやすいのが3、4000円で売っている。
 
夫には「なぜそんなにたくさんいるかな、2つぐらいあればいいじゃない」と言われるのだが、時々買うのは楽しみなものだ。

 アマゾンで、通販するのも好きだ。レビューを見て評判を比べたりして、結構買うつもりになってみているだけでも楽しい。

 ある1500円ぐらいの肩掛けのカバンのレビューにあった文章が面白かった。

 あまりにもたくさん見て回ったレビューの中の一つだったので、後でこのブログに書くときにその文章がどこにあったか忘れて文章そのまま引用は出来ないが、

 「普段から、財布や、スマホをスーパーの袋にいれて出かけていましたが、家族や友達から、やめろといわれたので これを買いました。スーパーの袋で、何が悪いんでしょう、いっぱい入って便利で軽くて使いやすいのに」

グチっていた。
 まあ、物を持ち歩くという目的はクリアしているよね、スーパーの袋。
スーパーで買い物をして、たくさん物を買ったら、手に載せて持って帰ってくるというわけにもいかないから入れてくれるのがあの袋だということを考えれば、「物を入れて持ち運ぶ」さえできればいいのだからねえ。

 スーパーの袋の問題点は、あれは丈夫じゃないこと。豆腐のプラ容器のはしっこで袋がぴーーっと切れて破れたり、ちょっとしたものの角が、袋を突き破ったりしたのを見たことがあるし、たとえば遠くへ行くとき、スマホと財布をあの袋にいれて出かけて、途中で破れたら……コンビニへでも飛び込んで新しい袋を調達するんだろうか。

 ふと思い出したのが、90年代に初めてアメリカに行ったときのこと。
 空港まで迎えに来てくれた夫は、車を持っていなかったので、州都の空港から、遠くの町まで私たちはグレイハウンドバス(長距離バス)に乗った。電車がつまり、日本でいう「新幹線しかない」ぐらいの状態にあるアメリカでは、ほとんどの人が鉄道ではなく車を使う。車はかなり貧乏な人でも持っていて(それがボロボロ、ガタガタでもだ)、グレイハウンドに乗るのは、もの好きでなければ、うーーーんと貧乏、貧困層、移民、それも年齢が低め、有色人種ばっかりだ。

 底抜けに明るい若者たちのグループの笑い声、スペイン語混じりの雑談に、暗さはなかったが、その子たちが手に持っているのが、大型の黒いゴミ袋。
 みんなが荷物としてぶら下げているのだ。
 アメリカのゴミ袋は、口に紐がとおっていて、ぎゅっと絞れるように巾着状になっているのが多い。
 こんなところにゴミ出しに来るわけはない、あれは、彼らの旅行の荷物なのだ。

 ……日本では、貧しそうな身なりをしたバックパッカーでも、かばんは持っている。バックパック、肩掛けバッグ、ダッフェルバッグ……布のカバン、ナイロンのカバン。でもゴミ袋なんてもって旅行しているのは見たことがない。
 大型で、厚手とはいえ、ごみ袋。その長距離バス停に来るバスは、数百キロ移動するものも少なくなかった。私たちが乗るのだって、100キロぐらい移動するものだったぐらいだ。アメリカ縦断だと1000キロじゃすまない、その長距離移動に、ごみ袋……。
 私は、アメリカの貧富の差というものが、ここまでひどいということをその時知った。
 
 今はどうなっているのか知らないが、1990年代後半はそんな感じだった。

その時のことを、今回のレビューを読んで思い出した。 
スーパーの袋を持って歩いていた人は、別にカバンなんかどうでもよかったに違いない。

大事なのは物が入ること。
でも、友達や家族に言わせると、格好悪いからやめろ、ということだったんだろうなあ。

 300円ぐらいの、エコバッグだったら、どうだったんだろう。いきなり1500円と言わず、試してみたらよかったのに……と、レビューを書いたどこかの誰か言ってみたかった。

« フタのないリュック|Top|置ける折り鶴 »

コメント

スーパーの袋に入れて出かける・・・それでも、本人がそれでよければ良いとは思うけど、待ち合わせた友達がスーパーの袋をバッグ代りなら、ちょっと『バッグ、余ってるのあるからあげようか』と言いそうになる・・・けど、それって本当に気に入って使ってるのなら言えませんよね~バッグ買えない訳ではないから、本人にしたら大きなお世話ってなりますよね。

一時期、風呂敷に凝ったことがありましたが、実際にスーパーで取り出して使おうとしたら、じろじろ見られて恥ずかしかったのでやめました。旅先のホテルで小さいタイプを、朝食の時に持ってるくらいは平気でしたが、旅行のパッキングに便利でフレキシブルに使えるのが便利です、今は撥水加工された風呂敷があるので、それなら毎日の買い物によさげです。

こんにちは~。

ジャイアンツの上原選手が、持ち物に興味がなくて、同僚選手がブランドバッグを下げて歩く中、紙袋で移動している、と聞いたことがあります。

野球選手として実力のある人が、そういう飾り気ない性格だというのはちょっと魅力的だけど、紙袋はイヤだなあ、と思いました。

私は今、母のお下がりが無限にあるので自分でバッグを買う自由がありません。高かろうが安かろうが、無心で日々使いつぶし、数を減らすのみ。けっこうなストレスではあります。

学生時代、同郷の友人が教科書を紙袋に入れて自転車通学していました。決して貧乏な家の子じゃないんだけど、持ち物にこだわりがなくて、飾り気がなくさっぱりしてて・・・そんな彼女の生活スタイルが素敵に思えて、紙袋すら格好良く見えて、ちょっと真似した時期がありました。記事読んでたら、友人Fちゃんのことを思い出しちゃいました。ちなみに彼女、幼稚園〜小学校はアメリカで育った帰国子女でした。

レツゴーさんへ

風呂敷は要は木綿の布ですからね、軽いし、畳んで持って歩いて、袋にして……というのはなかなか合理的だと思いますが、90センチ角ぐらいだと、それほど大きい袋にはならないんですよね、結んで手に提げる分を考えると。そして3巾の風呂敷ってあんまりかわいいのがなくて。そう、私もやってみようと思ったことがある口ですw。

ぢょん でんばあさんへ

紙袋は口がちゃんとしまらないし、割と破れやすいですからね。でも、自立するし、外側が撥水だったりして、紙のくせに高機能……とおもうようなのもあったりして。ちなみに今思い出しました。幼稚園のお泊り保育の時には、かばんでどうこうという問題が起きないようになのか、お泊りグッズをいれて持ってくるのは紙袋という決まりがありました。
  しかし……人の好みで買われたバッグを使うのも何となくストレスですねえ。でも節約しないで捨てるのもなんとなくストレスなような…。難しいところです。

さとちんさんへ

私が学生のころは、持ち物を選ぶのに「みんながもっているから」という基準があった気がします。私はそういうのをやりませんでしたが、雑誌にのっている「今季流行りのアイテム」というようなものをみんながもっていて、街を歩いているだけで「こういうのが今はやりなのね」というのがはっきりわかったものです。
 今はもうちょっと分散している感じがしますが、やっぱり流行りのものを持つのは、好みで、もちたくなければそれでいいんじゃ……ぐらいのノリのほうが楽かもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる