FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

お弁当を作る

息子を一人で電車に乗せるとか、お弁当を持って行かせるとか…と4月から生活が一変。
塾に行ってお勉強をする人は土曜日曜はお弁当2つだとか聞くと、まだ1つなだけいいのかもしれないが、お弁当なんて幼稚園の時ぶり。
遠足とか運動会を除けば、お弁当なんてずいぶんやっていないので、「お弁当力」は落ちている。

 そう…お弁当を作る力は、筋力、体力のように使わないと落ちる力なのだ。

 幼稚園の時の小さいお弁当箱では到底足りない上に、夕食分のお弁当ということになると、かなりサイズがいる。
 2段の弁当箱で、大きいほうにご飯を、大体半合ぐらい分は入れるとして、短い時間で食べられて、なおかつ満足感があるものを出してやりたい。おひるごはんの弁当とはちょっと違うというわけだ。

 かといって、私の料理技術がこの5年で格段に上がったという事実もないし、息子がお弁当がどっちが上かということを正確に判断して、お弁当をゆすらないように持ってくれる保証もないものだから、私が簡単に作れて汁気のないものという条件が付く。
 肉と野菜の炒め物(たいてい根菜)、青菜の胡麻和え、ちくわに何か詰めたの、ウインナー(息子が絶対入れろという)、卵焼き。なんのことはない幼稚園のお弁当のサイズアップ版だ。ちょっと、肉率が高いかな…というぐらい?

 玉ねぎをあまり入れないハンバーグを練って、焼いてから保存したのも作成して、保冷剤代わりに解凍せず入れるという乱雑なお弁当となったが、それなりに喜んでいるっぽい。
 デザートは果物をいれた常温でとけないゼリーをネジでしめるフタのついた容器で。
 常温で固まったままのゼリーは4gの粉寒天が小分けのスティックになったもので作成するのだが、袋の裏の表示通りに500mlぐらいの水分量で作るとガッチガチ。
いや、もちろんスプーンが刺さるのは刺さるんだけど、なんていうか口の中で崩れない。
 だんだん水を増やして実験したところ、「割とやわらかくて、いける」というのは4gの寒天に800mlぐらいからで、1000mlぐらいまでちゃんと固まる。ただ、4gの寒天に1リットルの水分にするとお皿の上で自立はしてくれないので、カップに入れて作成を推奨。
 ただし!1リットル出来てしまうが、どうも寒天ゼリーというのは3日位しかもたないらしい。

 1リットルって結構あるんだよねえ…というわけで、親も寒天ゼリー三昧になってしまうのがちょっと難点。

 上がれ弁当力!ちなみに息子が幼稚園の時に、練習した卵焼きの作り方はちゃんと今でも有効で、ちゃんと作れた。
 これも多分、自転車に乗るとか、25m泳ぐとか、そういうことと同じで一度覚えたらずっとできることなんだろうな。

 今度図書館でお弁当のおかずの本でも借りよう。

« マンモグラフィーの体験談|Top|スーツはやっぱり黒なのか »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる