FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

中学受験のいいところとは。

息子に中学受験をさせるつもりでいる。
本人も割とその気だし(その割にはすすんでは勉強してくれないけど)、親も、本人が望むなら、と思っているというのが表向きの理由。

誰が聞いたとしても、「子供がやりたいっていうから、まあいいかなあと思って」というのは、「えええー?」とは言えない理由だし、親の考えがからんでいないですよ、ということでもあって、中学受験「なんて」と思っている人の批判をかわしやすい表看板だということだ。

 裏の理由は、というと、実は息子があんまり、努力をしないこと、それから運動がものすごく苦手だということ、美術もかーなーり点数が取れなさそうである…ということがある。
 そう…うちの子はつまり「内申点をとれない」タイプ。

 お勉強も、自分が好きだと言っている算数と理科は、悪くはないが、国語と社会は、時々、「うっ」と親が詰まるような点数を取ってくるし、算数も、「このミスはないだろう」というような、たかが計算ミスを多発する。
まあ、お勉強関連は多分、もうちょっと改善するだろうという希望もあるので、おいておくとして。

体育に関しては、私もかなり苦手だったので、そうだよね、得意になるわけないよね!という分野だということはわかる。

 一応幼児のころから苦手をちょっとは減らそうと、基礎の体操教室(バック転をやらせるようなのではなくて、跳び箱、鉄棒などの学校体育強化系)に幼稚園の頃から行かせたり、サッカー教室だとか(競技会とかもない、楽しくやりましょうタイプ)に行かせたり、空手教室やスイミングに通わせたりということもやってみたが、努力が好きではないという性格は全体的に影響があるんだな…と思うしかないぐらい。どれも最低3年、長いのは5年ぐらいはがんばったのだが、学校の体育の成績は、「がんばろう」連発だった。

 家庭科も、たいして好きではなく、(ここは教育しそびれた)美術は、どう贔屓目に見てもコメントは避けようかぐらい。
 近隣の中学校へ行かせると、「内申点が悪くなる」と生徒を脅すようなこともあるというし、かといって先生とうまくやっていけるタイプかというとそうでもない。自分が知っていることを教えられるとイライラするというぐらいなので、態度がいいわけもなく…小学校でも先生になんとなく敬遠されるぐらいならいいけど、こういう子、嫌いな先生は多いだろうな…という感じ。
 最近反抗期も発症しているな、というのがちらちら見えることもあるから、余計にそう。

 先生に嫌われて、もともと取れない内申点が余計に低くなることが目に見えるよう…。
うまく立ち回ることが、自分のメリットにつながるということがまだわかっていないし、これがわかるようになったころには高校受験には手遅れになっていそうな気がすっごーーくする。

 中学受験をするのは、つまり話が簡単だから。
ペーパーテストの点数が取れたら入れる、取れなければ入れない。
 体育の成績は考慮されないし、先生への態度がいいかどうか、ということも、先生に好かれているか、嫌われているかということもほとんど関連しない。

 そして多分、親の力で勉強させられる最後のチャンスだと思う。
 多分、これから大きくなったら、親の言う通り勉強なんてしてくれなくなる。
 この、努力が嫌いな性格は、多分このままの可能性もある。

 なるべく努力を認めて、ほめる方向で進めてきた育児なんだけど、努力しないで最高、という状態を求めたいという、それは無理でしょう…という要求がかなわないことに苛立ちを覚えるという、これ、大丈夫なのか?と心配する現状では、息子が自分の夢に向かって努力をする高校生になるというビジョンが描けないのだよね。

 だとしたら…。
 ペーパーテストの成績だけで、割とお勉強が進みそうな学校に入れてやれる今だけが、親が手を出せるチャンス。公立の中学校は、私も通ったから知っているが、勉強は自己責任だ。やりたい人はやればいい、やりたくない人は落ちこぼれてもそのまま。大勢を一度に教育するとそうなるのがあたりまえだ。

 私立の学校は、そこでクラス分けを習熟度別にするとか、補習を手厚くするとか…というような対策をとる学校が多いので、努力が嫌いでも、学校のカリキュラムに乗っかっているだけで、公立の学校よりは効率よく、長時間勉強することになるので、落ちこぼれる危険が減る。

 日本の場合は、就職までに評価されるのは、学校の成績「だけ」と言っても過言ではないぐらい、学歴重視。
 自分で起業するとか、とても珍しい体験をして、それが強みになるとか…というのは例外的にあるかもしれないが、あくまで例外だ。
 つまり…あとから問題になるかもしれないが、学校にいる段階では学業の成績さえよければ、職業選択の幅が広がって、きっかけだけでもつかめるようになる。
 そのきっかけがつかめるようにするのが教育…ということになっているから、これが一応、今の日本社会における正解なんだろうということで進めるしかない。
 
 平凡を絵にかいてから、ずらりと並べて写真に撮ったぐらいのその他大勢だった私のことを考えれば、息子もそうなる可能性は高い。もちろん、個性と可能性が…というような話はステキだから、そっちに寄りたいのも確かなんだけど…。
 体を動かすのがもっと好きなら、お勉強は全然でもいける!という進路もあるんだろうけど、春休みに外に出た回数を考えると、「超絶インドア」としか表現のしようがないからなあ…小学生なのに。

 やっぱり、中学受験は親の力と、金の力で勉強をさせて、バスではなくて飛行機に乗せるようなものなのだと思う。
 乗り継ぎを何度もしてたどり着ける場所は最終的には同じでも、乗り物が違うだけで労力が違う。

  長時間演習させてペーパーテストの成績だけをあげていく中学受験には、思うところがある人もわかる。これが「いい教育」なのかということに関しては、私も、「まあねー、あんまりいい感じはしない」と思う。
 勉強以外のことにも目を向けて…というようなことにも、そうだね、と思う。子ども時代は一度しかないのだから、遊ばせてやれ、という人がいるのも、わかるわ、とは思う。

 でも、これから息子が生きていく年月を考えると、学歴は多分、あったほうがいい。
 努力が嫌いな息子のことを考えると、親の力で底上げ出来るほうが、多分いい。
 
公立の中学校と、私立の中学校を比べると、確かに私立の中学校のほうがいいところが多い。施設も、カリキュラムも。
 私立の中学校の問題点は、ぶっちゃけていうとお金の問題だけだ。

たとえば、私立の中学校の学費が、地域の公立の中学校と全く同じだと仮定したら、公立の方を選ぶ理由は、入りたいクラブがあるかないか、ぐらいじゃないかと思う。

 そしてもし、公立の中学校に受験なしで息子をいれたら、高校受験をするときに、「あーーー。受験のない中高一貫に入れておけばこんな思いしなくて済んだのにーーー!」と思う私がいそうな気がする。
 多分、息子は一生懸命勉強なんかしてくれない。平均よりは上ぐらいの成績で、「おれは出来るやつ」と自信満々で、テストの間違いを指摘されたらカッとなるという、今のままだったら…絶対そうなる。

 点数だけで学校に入れるのは今だけだ。
 だからきっと、内申点が取れなさそうな息子にとってこれが最善なのだと思ってこれを書き始めたのに、気が付いたら受験をしたいのは、本当に息子なのかなあ…という気がしてきた。

 しょーがないので息子に、「ねー、息子さー。近場中学校に行くっていうのは、どうなの?」と聞いてみたら、「えー。いや。オレ、XX中へ行って、パソコンクラブに入りたいから」って。
 うーん。息子もなんとなく、斜め上の方向に決着している感じがする。
 
…でも、この年齢なら、そんなものなのかもしれないなあ。

 

« 液体ミルクって何がいいの?|Top|フリクションボールペンにジェットストリームの替え芯をいれる方法(改造) »

コメント

娘を中受させた理由が全く同じです (苦笑)内申向きでない子は公立は厳しいですよね。
本人がここしか行かない!というくらい気に入った学校だったので、6年間とても楽しく過ごしていました。
息子さんも良い進路を選択できますように。

私が息子さんと似ているw
数学は得意だったけど、分かっているのに計算ミスするって言うケアレスミス連発してたからw
今や、お受験なんて当たり前ですが、私の頃は私立中学へ行くのは非常に少なかったもの。
特別、頭の良いやつが、開成だとか、灘だとかへ・・・くらいのもの。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

yukikoさんへ

学校見学へ行って、ここがいいという学校はあったんですが、誰でも入れてくれるわけではないですからね…。本人自信満々なんですが、親はドキドキです。

南斗家団兵衛さんへ

考え方がわかっていても出てくる答えが間違っている場合は点数がそれほど取れませんからね…。中間式にまで点数をくれる学校とそうでない学校があるようです。
 開成とか、灘だとかは、「超難関校」ですね。うちの子はまったくかすりません。名前としては知っていますが、その程度で。
 大体ああいう学校にさらっと受かるお子さんは勉強時間もうんと短くても大丈夫なんですよね、うらやましいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる