FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

服を買わない暮らし

息子は、最近、おさがりを着るのにちょっと抵抗があるらしい。
かといって面倒がって買い物にはついてこないのだから自業自得だ。

 大体、うちが譲ってもらうおさがりは、息子の習い事の先生からくる。お子さんは二人とも小学校から私学というおうちなので、一番着ている時間が長いのは制服!というお子さんたちだ…ということは、私服もかなり傷みが少ない。おまけに小学校からお子さんを私学に…ということは、お洋服などにもお金をかけているおうちなので、どれもみんな「私だったら絶対買わない」というブランドのものが多い。

 厚手で、乾きにくい…というぐらいのトレーナーなんて、ねえ。私が買うのは町の安売り洋服屋さんのもので、薄い上に半分ぐらいポリエステル混紡で、乾きやすいが安っぽいので、そりゃ、もらい物はありがたい。
 私もおさがりで育ったし、こんなことでどうこうなるプライドなんかないほうが人生楽だし、小さいころから一体いくら節約になったのかと思うと、十万円単位あるのでは…というぐらいだ。

 私の服も、こないだ買ったのはショッピングセンターの催事場の安売りで買った700円のカットソーと、ホームセンターの698円のフリースだし、薄手の上着が破れたので買った春秋用(あ、これの記事を書いていない)トラベルジャケットは、10年着るつもりで5500円。それまで使っていた上着は、写真から察するに、多分12年使った。春秋物はシーズンが短いので長持ちだ。

 夫のジャケットは義父のおさがり(笑)で、私のいまのジャケットも、1枚はお友達が、「ごめん、失礼かもしれないけど、これ、ほとんど着てなくて…まこさんに似合いそうだと思ったんだけど、いらない?」と言われてタダでもらったものだし、(確かに、私の好きそうな色と形だったし、似合ったと思う)もう一枚は買ったのは息子が幼稚園に入るころだった。

 服にはお金をかけていないなあ、と衣替えのたびに思う。
でも…私も夫も、お金をかけていないことが一番気にならないのが、服飾なんだよねえ…。
 私はカジュアルが好きだし、若いころから同じような服ばっかり着ていた。ジーンズ、カットソー、ベスト。若いころにおばさんっぽい格好だった、ということでもあると思う。

 夫も、スーツを着る機会は少ない職業だというのもあるし、ジャケットのもちがいい職業だと思う。
 ただ、同じチノパンを年中履くので、これだけは時々買わないといけないが、それでもユニクロのだったりする。
 
 年齢も上がってきたし、上質なものを着る…とかも考えたほうがいいのかというアイディアもちょっと心をよぎるのだけれども、いくら平均年収よりも上のお金を彼が稼いでくるからと言って、ちょっといいものを買いつづけると、やっぱりジリ貧になるんだよね。ところどころで一万円、五千円を余計にかけるというのは服飾系統においてはむずかしいことではない。正直それほど見かけがちがわないのに5900円のカットソーだとか、9900円のジャケット…ではなくて19800円のジャケットなんて、そこらじゅうにある。
 もっと高いジャケットを着ている人もたくさんいると思う。桁が違うのだって見るぐらいだ。

 それが年に何回かあったとしたら、3人分で結構な出費になりそうだ。服には流行というものがあって、気にする人にとっては「去年の服なんか着られない」というものだそうだから、そんなことまで考えたら、ねえ。
 
そんなわけで、うちの服は、年収が200万円以下だったころと同じ買い方になっている。

多分、おやつや、おいしいものを食べに行くということのために使っているお金のほうが、服飾費より高い。
息子の中学受験のことを考えると…そしてそれに付随する費用、中高6年の学費のことを考えたら、何百万円なんだから…。教育費には、かなりかけていると思う。

 でも、どこかを削らないと、年間100万円以上の学費を出したら厳しいもんねえ…。私がそのあたりに全く不満がないことは、多分いいことなのだ、うん。
 700円の服がダメになるまで着る。アメリカにいるときは古着屋さんにも行ったし、破れを繕って着るのもやったし…。

やっぱり新品を買い、そして数年で傷んで捨てるというのが一番自分にあっていると思う。いいものを買って、長く使うというのは、多分あてはまるのはコートぐらい。他のアイテムは「いいもの」と「安いもの」の値段の差が大きすぎて、長年着ることで「元が取れない」感じがする。
 わかりやすく言うと、7000円のカットソーは700円のカットソーの10倍もつか…というとそうでもない。7万円したら100倍すごいのかもしれないが、そういうお洋服を着る機会はまず、ないからねえ。

多分、和装というカテゴリだったら、いいものを買って、長く着るのはありかもなあ、と思う。手書きのものや、上等の染めや…親子孫にひ孫まで行こうか、という勢いのものはある。なんせ正絹、この現代に十万円、百万円…でも、普段に着物って着ない。普段着とか浴衣とか、実家に住んでいたころは着たこともあるが、あれはなんといっても動きづらいし、簡単にお洗濯というわけにもいかないし、明治ならともかく、今の生活スタイルに合わないからねえ。すごーく見栄えはするんだけど…。

 お金をかけないことも大事。稼げる額には限度があるし、マンションも買ったし子供の学費もいるし…。
 …とか思いながら捨てた、ユニクロの長袖シャツ2枚(多分7年もの)。今年はついに、新しいのを買わなかった。
 

« 1人暮らしへのきっかけ|Top|春が来た »

コメント

私も若い頃は、デパートに入っている程度のブランドの服を気に入って着てましたが、クリーニング代も大変やし、ある時期から、服は自宅で洗濯できて、数が多いほうが良い!と思うようになってから、安い服を買うようになりまいた。今となっては、数が多いんで困ってはいますが。

700円と7万円ではあきらかに違うと思いますが、7千円なら、たいして違わないと思ってます。
本人が納得して着てればいいかな~。他人が着てる服は似合ってるかどうかで見てるので、清潔感があるかどうかで良いかと思います。

自分が納得出来れば、何にどのくらいのお金をかけても良いと思います。( ´ ▽ ` )ノ

確かに、子供の学費、すごくかかりますし。それも家庭によっていろいろと思いますが、我が家はけっこうかかったよ。自分にとってはね。早く大学を卒業しないかなあ。

わかります。

私も流行り廃りもあるし、服はそんなに高価なものを買わない方がいいと思いますね。
転職が多くて、その度に買ってたような就活服も、2、3年もしたら微妙にデザインが変わっていて、古臭くて着れなくなってるし。
その手の服でいまだに何年も来てるのは喪服ぐらいでしょうか。
着古すまでフォーマルな服を着るような人生でもないしね。

いまはいわゆるヒートテックインナー以外は大抵しまむらで安物の気に入った物買いしてます。
ヒートテックのレギンスを8年くらい履いたのですが、この冬初めて古さに気付いたので、衣替えの時に捨てるつもりなんですよ。
同じ時期に買ってそんなに着てない色のものはまだまだ着ます!

wancoさんへ
まあ、おしゃれじゃなくても生きていける…ということではありますからね。
こないだ、どこかで読みましたが90年代と比べてもずいぶんと服飾費がへっているそうです。
 ですよね…。って感じです。ユニクロ、なかったですものね!
無印良品は安めだと思ってました。今ユニクロと無印の値段を比べると、ほぼ倍?

きたあかりさんへ
うちの子はまだ小学生なので、これからがかかる時期なんですよね…頑張ってためておかないと、って思っています。
 教育費だけは。
どこへ行っても、頭の中に入れておけば持って歩けるんですからね、知識って。日本、アメリカ間を行き来する時に捨てたいろいろなもののことを考えれば、やっぱり物よりもコンテンツ…ということにしておこう、と思います。

腹黒烏龍茶さんへ
就職活動のスーツって、ウールのちゃんとしたのを買ったはずですが、就活が終わったら、活躍の機会はなかったですよね。
 その当時のスーツとかワンピースとか、全部捨てたはずですが、今考えたらレトロかわいいデザインのものもあったし、とっとけば売れたかな、とか。
でも!そういうことは考えないほうがいいんですよね、断捨離の時は!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    01 | 2020/02 | 03
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる