FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

窓の結露を拭くコツ

朝起きると、寒さのために窓が結露している。結露する場所は、リビングと寝室。
これがね…。結露を拭くのが苦手だ。

そんなものに苦手も得意もないだろうよ、と思うだろうが、これがぱっと、手が出ないんだな…。
かといって、密閉度の高いマンションのこと、これを拭かないとカビが生えたり、壁紙のほうまで侵食して隅がはがれたりとか、いろいろと不都合が出る。

 めーんどーくさーーーーい。 <要はこれ。

私のブログを読んできた人にはわかるだろう。毎日掃除をするだけでも「快挙」ということになっているのだ。結露を拭くのは冬だけだが、習慣になっていない分、これが出来ない。

だが!せっかくある程度は掃除の出来ている家になってきたのだ、ここはがんばるほうがいいよね?

ちなみに、雪の降る寒いところに住んでいた時はとても結露が顕著だったので拭かないという選択肢はなかった。
水が吸える卓上掃除機で吸っていたんだけど…(多分壊れて捨てたと思う)。掃除機は数千円するし、置き場所とかのことを考えると、この狭いマンションには限界がある。冬限定で、そこまで買うのはなあ…。
 
 ちょっと考えてみた。

朝、起きてまだパジャマのままでカーテンを開けたとき、拭くのはどうだろう。

勢いがついたところで、リビングへ移動、リビングの窓も拭いて、終了。

始めてしまえば出来る作業は多い。要は始めるまでの手間を省くのが大事なのだ。
やってみて損はない。古いタオルをたたんで5枚ぐらい、ベッドの頭のところに積んでおいた。

一枚使って拭く。結露が激しくて、1枚でもうびしょびしょの時は2枚目も使う。
ぬれたのを洗濯機前を経由して洗濯機に放り込み、2枚目を持って移動、リビングの窓も拭く。

オッケー、多分いける。リビングの窓枠にある手すりにも、古タオルをひっかけておいた。カーテンを閉めたらタオルは見えないし、ここにもう1枚あって取りに行かなくてはならない…とはならないのが大事なのだ。
 
1:結露を拭こう、と決意。
2:タオルを取りに行く
3:拭く
4:タオルを洗濯機に入れる。

この4つの工程のうち、2を省くだけで全然違う気がする。

そんなのでー?と思う人はものぐさではない人だ。すばらしい。
でも、ものぐさな人に、必要なことをさせるためにはこういう見直しがいるんだよな…。

結露がしみこむ窓に貼るテープとかもあるのは知ってるんだけど、あれって、サッシの結露は対処できないからなあ。
今年はちゃんと拭くぞ、という決意をしたのでした。

« NintendoSwitchのスタンドの最適解|Top|待合室で聞く漫才 »

コメント

ああ、よかった、私だけじゃなかったんだなあと思いました。
私は面倒で拭いてません(;'∀')
寝室に今予定より一つ多くベッドを置いてるおかげで、窓が拭きにくいんです。だから・・・(と言い訳)
寝る時に寝室のドアをちょこっと開けるようにしたら、少しは結露がましになったような。。。
花粉が飛び始めたら窓が一切開けられなくなるので、今年は除湿機買いました。ズボラすぎます。

しおさんへ

なるほど、除湿機ですか。そうですよね、部屋の温度が低いか湿度が低ければ結露しないんですから、そうなりますよね。うーん、除湿機の水を捨てるのとどっちが面倒かなあ(そこ?と突っ込まれそうですが)。うっかり放置すりとあれもカビるんですよね。難しいところです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる