FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ゴキブリポーカー

ゴキブリポーカーという、カードゲームを夫が買ってきた。
息子と、夫で一度遊んでから、誘われたので、私もやってみた。

どんなゲームかというと、これは絶対「ポーカー」ではないことがわかった。

トランプでやるゲームのどれに似ているかと言うと「ダウト」。
全員でカードを分けて持って、一人一枚ずつ、順番に数字を言いながらカードを場に裏がえしに出す。
言った数字と同じカードを出してもいいし、違うカードを出してもいいのだけれども、カード出したとき、他のプレイヤーに「ダウト」と指摘されたら、そのカードを表に向けて、「宣言した数字と同じ」であれば、「ダウト」と言った人に場のカードが渡される(手札が増える)。宣言したのと違う数字であれば、そのカードを出した人の手札が増える。
先に手札のなくなった人が勝ち。

…というのがダウトのルール。嘘をつくのが下手だと、このゲームには勝てない。
私は嘘をつくのがすごく下手くそなので、大抵このゲームには大負けするのが常で、年が2桁になったころには「もう遊ばない」ことに決めたぐらい。
ポーカーフェイスなんて言葉があるけど、まず無理。

このゴキブリポーカーは、トランプで言うとハート、スペード、みたいなマークが4種類でなく8種類あって、そレが、このゲームの名前の由来なんだろうけど、ゴキブリ、カメムシ、ネズミ、カエル、コウモリ、クモ、サソリ…後は忘れたけど、ともかく、どれもあんまり触りたくないような生き物になっている。

まず、一枚、好きなプレイヤーにだして、数字でなく、マークを宣言、たとえば「カエル」。
出されたプレイヤーは、「ウソ」「ホント」のどちらかにきめる。

カードを表にして、「ウソ」「ホント」が、当たりだったら、出した人がカードを引き取って、前にならべる。
はずれだったら、出された人の前にカードがならぶ。

出された人には、一つ、違うアクションが取れて、それが、「他のプレイヤーに、回す」事が出来る。そうなると、出されたプレイヤーと、回されたプレイヤーの勝負になる。当たりだったら、出されたプレイヤー、はずれだったら、回されたプレイヤーの前にカードが並ぶことになる。

同じマークのカードが4枚前に並んだら、負け。(多分、この「揃う」ということのために、名前がポーカーというのだと思う)

…というルールのゲームなんだけど、これが…。最近、9歳の息子は、案外こういうときにウソをごまかせるようになってきた。やたらニコニコ笑う。
そして、夫は私のうそを見破るのが…結婚して長いんだもん…。上手いんだよね。

二人に集中攻撃されて、あっという間に負けた。

ぬーーーー。ってなってたら、息子は、「ごめんね、ママー、今度はパパにするからね?」とかいうし。
夫は「ごめんごめん」と笑っていた。
二人ともひどい。

あとで、夫が、「かわいかったよ…わざと狙ったんじゃないかと思ったぐらい」と、笑いながらキスをくれた。
だまされやすいんだよね…こういうのって、どうしようもないのが、ちょっと悲しい…と思ったけど、夫が割と本気でそう思っていることもわかったし、気分は直った。

…でも、もう遊ばない。

« おおきくなったなあ。|Top

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる