FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

5月。

雨と風がひどい一日だった。帽子がとぶぐらいの風で、朝から洗濯物が乾いたと思ったら、夕方からひどい雨が。
洗濯物を入れたのが早かったのでなんとか。

夫が買い物に行って、アイスクリームの箱と、冷蔵のピザを買ってきた。
私はそれに気づかず、買い物に行って、おせんべいとチョコレートを買った。

夫はブドウを、私はバナナを。そしてお互い、それぞれ飲み物をかっていた。

帰ってから家になんだか物が多い…。見ると、しょっぱいのから甘いのまで、家にはおやつがどっさり、アイスクリームもどっさり、ついでに飲み物と、ピザと果物が…。

これはつまり、ゴールデンウィーク用だね、と二人で笑ってしまった。
あとは全員で、動画サービスで映画見て。

どうせ引きこもっているなら、それ用に準備してもいいよね。
アイス、映画、ピザ。そしてソーダ(とビール)。

悪くないゴールデンウィークになりそうだ。
全員、インドア派でよかったね、ほんと。

誤訳

ゲームの中に、自分が所有する建物を建てることが出来るゲームを遊んでいる。
英語で遊んでいる時は別に何とも思わなかった建物のが名前が、「Queen's Retreat」。
女王の別荘、という感じ。

仕事を離れて、休暇に行くのがRetreat。大体人里離れたところにあることが多く、街中!というのは本でも見たことがない。
大抵「引っ込む」ところだ、とそういうイメージを持っていた。
これが、日本語のローカライズだと「女王の退却」と名付けられているということを今日知った。

いや、retreat一言だと退却かもしれないけど、突然落ち武者感が出る。
海辺や、避暑地の素敵な別荘だと思っていたのに、突然王冠をかけた身内の争いになり、王権を簒奪されて、忠義な護衛や、侍女や、お城で働いている人と一緒に逃げ出し、落ち延びて、ついたところがここ…みたいなイメージだ。

グーグル翻訳とか使って、直訳したのかなあ。
元々が英語圏で開発されたゲームだし、日本にも相当数のプレイヤーがいるけれども、いまも運営はアメリカの人たちで、日本人スタッフがあまりいないという話はきいたことがあったから、これでしょうがないのかな。

一応ネットで調べて他の建物の名前見てみたが、これはちょっと、と思った翻訳はこれだけだった。
頑張って英語は勉強しよう。ちょっとずつでも本を読んで。

こういう誤訳を見るたび、あー。やりそう、と思う。

別に。

別に普通の日曜日だと思えば、そんなに気にもならないのに、ゴールデンウィークだと思っただけで、なんとなく損をしたみたいな気持ちになっている。よくないよなあ、こういうの。

よく金言っぽく、今あることに感謝しろとか、毎日ありがたいと思って生きろとか、そういう話があるけれども、要はそういう考え方の方が、不幸かも、なんていう気分になりづらいからだと思う。

たとえば、何かが起きてしまったら、私はこの日の日記を見て、「こんなこと書いてるよ、本当にもう、気楽だったよなあ、あの時は」なんて思うのに違いない。
そんな日が来ないことを祈って。

今日は休日っぽく、カレーにした。
見たことがないルーを使ったら、中辛だったのにちょっと辛め。バーモントカレーのルーはちょっと甘めだもんね。

思ったより肌寒くて、息子が小さかったとき住んでいた北海道を思い出した。
大体外で過ごせるようになるのがこのぐらいの時期で、本州だと2月に咲くような花も、この時期に咲いた。チューリップ、梅、桜、桃、フリージア、クロッカス、水仙まで、全部同じお庭に咲いているのをみたことがある。

雪が大体、雪捨て場以外になくなるのもこの時期だった。久しぶりに、ベビーカーで外へ出て、軽装で遊ばせたときのかわいい写真が残っている。

冬が長い土地の、春の訪れは遅く、そしてうれしいものだった。
元気出そう。普通にすごせているだけでも。雪がない、寒くない、天気がいい。

なーんか面白いことないかな、なんて言いたくなる時は、身の回りのことだけに集中して、一日をすごすのがいい。
ゴールデンウィークも、後半。

チョコレートチップクッキー

大体こういう題名の記事があった場合、チョコレートチップクッキーを自分で焼く話が多いのだろうが、私に限ってはそんなことはない。クッキーはおいしく作ろうと思うと、バターと砂糖がものすごくたくさんいるものなのだ。バターが高い昨今、その代金だけで美味しいクッキーが買えてしまうのが日本だし、お菓子を作る過程に楽しみを見出すほどは料理が好きというわけでもない。

そして、100均で買ってきたこのクッキー、フルーツ入りの方もおいしかったけど、このチョコレートチップ入りもこの値段にしては素晴らしい出来だと思う。日本製ではないみたいだけれど、それは気にする人は日本製を選んで買うしかない。100円というお値段も評価のうち。

ちょっとお高い、チョコレート味でナッツの入ったシリアルと同じような味がする。オートミールの入ったクッキー。安いクッキーだと、ちょっと癖があることが多いけれど、これはチョコレートが入っていて、あんまりそういう癖が感じられない。これで298円だと、それほど魅力的には感じないけれど、小袋に3枚入っていて4袋。また、買いたいなあ。

おいしい、と一枚食べていたら、夫と息子が一枚ずつ、もっていった。うちでは3枚入りは便利。

雨の日

買い物帰りに、ふと見た植物。

赤と緑のコントラストがきれいだった。雨だったので葉っぱに水玉も乗っていた。バラの香りがどこからかして、もう5月。
バラ園に行きたいなあ。6月の、あのバラの一番いい時の、雨の日に、ゴム長靴を履いて、レインコートを着て、バラの咲いているところをちょっと歩きたい。

雨の日は人も少ないだろうし。
身の回りの人は二つに話がわかれている感じ。
経済のことを考えたら、もう気にせずなるべく外食にぐらい行こうよ、換気してマスクしてアルコール消毒して、テーブルの距離をあけたら大丈夫、みんな怖がり過ぎ、という人と、念のためもう会食なんかやめた方がいい、っていう人と。

お店をやっている人のことを思えば、つぶれないようにしようと思えば前者なのもわかる。
でも、うつる原因には、一緒にご飯を食べる、というのも入っているんだよね。

間をとって、テイクアウトか、ということで、今日はテイクアウトの寿司。
連休スペシャル終了。

実は連休じゃないほうが、私の仕事って減るんだよね。連休でいいところは、早朝のお弁当がないことぐらい?

チョコレートシリアル

チョコレートの「ハーシーズ」のロゴがついたシリアルをスーパーで見かけた。それも、お菓子売り場で。

あー。こういう形のシリアルで私が見たことがあるのは、ブランのシリアルで味があんまりおいしくなかったので一度食べて終わりにしたのが何年前だったか。これは朝ごはんというよりはおやつ寄りか…と思って買って帰った。

息子には「うわー。健康に悪そうー」と言われた。確かに。でもこういう新しいものをちょっと試すのは楽しいね、ということで食べてみた。あれだ、オレオみたいな感じ。ココア味とクリーム。ミルクをかけないで、普通のスナックとして食べてしまった。夫は「あまっ」となっていた。

まあね…アメリカのシリアルはこれより甘いのがあったぐらい。まあまあ食べれる、となっていたシリアルがこういう甘さで、牛乳をかけて甘さを和らげて食べていたよね。それほどたくさんは入っていないので、そのうち食べきると思う。

ネットでケロッグのサイトを見に行ったら、イチゴとか、抹茶とか、チョコとかの違う味もあった。とりあえず今回はこの味だけで終了。チョコレートが入ったお菓子系、つまりトッポとかコアラのマーチとかが好きなら、ちょっと試してみていい味だと思う。

わかりにくい略語

新聞記事をネットで読んだり、ニュースサイトを軽く流していると、時々、これは何の略?となるのがある。
今日のは、「金ロー」。

金色の…なんなんだろう。ロープ。ローブ、ローカル、ロースト、ローソク…いや、何かな。
テレビ番組で人気作品を放映するという話だった。

つまり「金ロー」とは「金曜ロードショー」だった。
月曜日の夜9時からを「げっきゅう」、つまり「月9」と書くのは何となく知ってたけど、金曜日の夜の映画をそういう風に読むのは初めて見た。

「先週のきんろーでさー」と話しかけられても、多分反応できない。
それ以前に、もううちにはテレビもないしなあ。

そういう映画とかは、月々いくらで見放題のサービスか、1本いくらで見るサービスに入っていることが多いし、どうしても見たかったらそこでみようかとか思うので、テレビで映画ずいぶん見ないな。前に見たの何年前だろう。10年じゃきかないかも。

映画は長いし、CMがやたらとはさまるので、見づらいのもある。それしかなかった頃ならともかく、今はなあ。

Stand By Meを放映かあ。あれ?なんか最近あれのリメイクがあったような…。
曲はいいよね。

頭の中にあの曲が流れて、これを書いている。

生存報告?

散歩中にちょっと、写真を撮りたくなるのは雨の日が多い。
これはそういう風に撮った一枚。

毎日、今日のご飯はなににしようかな、と思いながら歩いて行って、安売りのものを買って、それでご飯を作っている。
当たり前と言えば当たり前の日々で、意外性はないな。

しいて言えば近所の火災報知器の点検があって、隣のマンションからずーっと「火事です、火事です」という声と、警報音が聞こえてくるけど、見てみても全く何も起きていないし、何度も何度も間を置いて聞こえてくるということで、点検と判断がついた。

ゴールデンウィーク明けで今日はまだウィークデーみたいな気がするのに、もう週末。
今週もゆっくりしよう。

iphoneのカメラ


適当に、公園のバラを、ぽん、と撮っただけなのに、この水玉のうつり具合とか、すごくいいと思う。昔のケータイのカメラではなかなかこうはいかないし、やっぱり一番安いアンドロイドのよりも、ぐっときれいに撮れる感じがする。
加工ゼロだもんね。写真ソフトとかでどうこう、とかそういうことをしなくても。

iphoneが高いのには理由があるんだなあ。多分カメラのレンズとか、部品とかが高いのもあるんだと思う。
ふらっと歩いて、写真撮って、帰ってくる。

誰とも会わないし、マスクして歩いて。こんな毎日だからこそ、ヘタであろうと、日記のネタよ、と撮ってくるのがいいんだろうな。
バラはいつ見てもきれい。

「いつみてもきれい」。こんなこと言われたことは人生一度もないけど、とてもいい文字列だと思う。きれいなものを見る…。それがまた、元気が出てくることにつながる。

昨日、どこかで読んだ。小学校のそばに住んでいるシニア女性は、うつになる率がデータに出るぐらい低くなると。男性の場合には差はなかったそう。多分ね、かわいい小学生がいっぱい通るのを見ていると、ああ、自分の子もこうだった、かわいいなあ…と、心が温かくなって、それが、いい方向に作用するのではと思う。

そうだよね。赤ちゃんをみると、そのかわいさに心和む。にっこり笑いかけてくれる赤ちゃんなんか見た日には!
腕の中に子どもを抱いていた時は、早く大きくなってほしいとしか願っていなかったけれど…。

ちょっとずつ元気が出ることを集めて、今日も過ごそうと思う。

母の日記録

昨日、息子がくれたお花がこれ。
多分、近所のスーパーで一番最初に目についたのとかを手に取ったんだろうな、という感じ。

朝からそういう気配もなかったので、そんなもんだろう、と思っていたら、どうもピアノの先生からそういうラインをもらって、買いに行く決心をしたらしい。ちなみにピアノの先生は私とその日にラインをしている。

先生の家の息子さん(二人)が全く母の日などというものを無視しているというか、気づいてないというか…という話だったので、「うちもそうだよ、もうそんなものじゃないかなあ」みたいなことを返事したんだけど。
私はピアノの先生の家の息子さんたちとラインとかしてないからなあ。
ピアノの先生はレッスンの連絡などを息子にしてくれるので、ラインでつながっていたからこうなったらしい。

幼稚園のころは、「おかあさん ありがとう」みたいなやつを持って帰ってきていたからね。あれはかわいかったなあ。

花をありがとう、と受け取っておいた。

それより、お弁当を学校から帰ってきてからすぐ出してくれ。そう言いたかったけど、言わなかった。
きっとこんなことも、いつか思い出になる。

古い感じ

こういうパンを見かけて、買って食べたときにブログを書こうと思っていたのに、多分書いていない。
あとから画像だけ発見した。

この1色しかない印刷といい、名前といいとてもレトロ。
クリームをサンドしたケーキで、100円とか150円とかで1本丸ごと買えるロールケーキみたいな、懐かしい味だった。

結構人気商品だというポップが飾ってあることが多いから、ファンがいるっぽい。

こういうパッケージのおもちゃとかが、昔売っていたなあ。コマとか、なわとびとか。近所の文具やさんに。印刷の色は赤だったり、白だったりしたけれど、基本こういう感じの、べったりした絵と文字だけみたいな。田舎の、売れ残り商品がしつこく売られているそういうお店には、何十年前?みたいなものもあったからね…

ヤマザキの「イチゴスペシャル」「アーモンドスペシャル」「コーヒースペシャル」が好きな人なら、これも絶対いける。そういうパンだった。

怒涛の夕飯

今朝、夫が「今日はとてもピザが食べたい気分で、ついでに近所のピザの広告が入っていたから、ピックアップして帰ってくるね」というので、トマトでも切ったらいいな!と思って、のんびりして、ちょうど夫が帰ってくるであろう時間に間に合うように帰ってきたら。

「おかえりー!今日はごはんなに?」と迎えられた。

ピザじゃないんかい…。

私のおでこに特大の「?」がはりついていたのがわかったのだろう。
あー!と思い出したらしい。

…しょうがない。小松菜をゆでて、胡麻和えと、ネギとキノコがあったのでさっとダシで煮て、冷蔵庫にあった豚肉の薄切りを焼肉のたれ味で炒めて、15分で夕飯をでっちあげた。

文字通り「でっち上げた」としか言いようがなかったが、なんとか普段の時間から15分差で夕飯完成。汁物は作らなかったけれども、文句は出なかった。ご飯は冷凍してあったのがあってよかった。

ふー。夫は「明日こそ、買ってくるから」と。材料があってよかった。これ、買い物に行ってなかったら困っただろうなあ。
パスタと、冷凍のチャーハンならあったけどさ…。

買い物の回数を自粛で減らしているのだけれども、ちょっとはストックを置いておかないとダメだ。

かわいいバイバイ

マンションの入り口で、子ども連れのお母さんに会った。
一人は多分、幼稚園の年長さんぐらいの男の子。近所のお受験幼稚園の制服とカバン。
もう一人は、3歳前ぐらいかな?小さい女の子。

こんにちは、とあいさつしたら、ちゃんと二人ともこんにちはが言える。
挨拶が上手に出来て偉いね、とほめたら、二人ともとてもかわいい笑顔になった。

あんまりお見掛けしないので、多分この間引っ越しがあったところへの入居かもしれない。

うちの階より1つ下で、降りて、女の子が、にっこり振り返って「ばいばい」と手を振ってくれた。
私も手を振り返しながら、なんてかわいい…とうっとり。

こうやって時々見かけるようになって、幼稚園の制服を着ているのを見て、ランドセルしょってるのを見て、そして中学校の制服を着て。

この間うちの息子よりいくつか年上だった男の子が、女の子に腕を組まれて歩いているのを見た。
おお!!どっちかといえば照れている男の子に、積極的な女の子が腕を「組ませて」いるという感じだったけど、とても青春っぽい雰囲気だった。

マンションのエレベーターの中でも、ちょっと、おばちゃんがいるんだから、二人っきり見たいな空気を出すのはやめて、と思うぐらいラブラブだった。

小さいころから見ていると、本当に面白いな、と思う。
今日手を振ってくれた、ちっちゃい女の子。きっと来年は幼稚園だろう。

そういや、エレベーターの中で会ったご近所さんに「いつも、息子君早いですね、早番のときにいっしょになるんです」と話しかけてもらったこともあった。息子…挨拶してるといいんだけど。

近所づきあいというのは、ほとんどないようで、ちょっとはあるんだなあ。

微妙な温度

朝は結構寒いのに、昼頃には暑くて靴下が脱ぎたくなり、夕方また涼しくなる。

こういう温度変化がちょっと、嫌な感じ。
確か…と思って日記を見ると、やっぱり肩が凝って、お風呂にお昼から浸かった、なんていう記事が出てくる。
季節の変わり目になんかこういう感じになるんだなあ。

コロナの今、ちょっとでも体調が悪いとドキッとする。
コロナだけではなくて、普通の風邪もあるだろうし、ちょっと気温の変化にやられるぐらいのこと、別に珍しくもないのに。

熱を測ったら、36度以下だった。まあね…平熱は35度台だし。
ちょっと心配症の自分がイヤになったりして。

寝よ。

あっつい

今朝、なんか暑い、汗かいてるな、と思って目が覚めた。
こういう風になることはあんまりない。微熱とかあるのか!とおもってがばっと起きた。

そう…このご時世、微熱はつまり、コロナってこともあるかもしれない。
体温計は…。ドキドキするなあ、もう!

と思っていたら、夫が「奥さん、今日は暑いよ?熱計るより先に、靴下脱いだら?今気温ここ29度半あるよ」と。

…寝ぼけてたけど、そう言われるとそうかも!
下着を夏用のものにして、長袖を脱いで半袖に。薄いスカートを履いて、お茶を飲んでしばらくたったら、大丈夫になった感じが。

昨日の朝は22度とかだったのに。

窓を開けて、水分補給。一気に夏になった感じがする。

冷静な人が一緒にいるというのはいいことだ。しみじみそう思う。

モンブラン再び

料理をするのが好きではないのに、おいしいものが食べたい。そして外食はあんまりできない。

お菓子屋さんで割れている栗が入っているという甘栗の袋を2つゲット(1つ120g)。安い植物性の生クリーム1パックと一緒にフードプロセッサーにかけて、プラスチック容器に分けてフタをして、冷蔵庫に積んでおいた。

気が付いたら減っている。あ。いうの忘れてた。
「食べる時に、黒砂糖かけてね」
「かけずに食べちゃった。おいしかったよ?」
まあ…甘さ控えめだったろうけど、おいしかったならいいか。

粉になった黒砂糖かけて食べると、和風パフェの味。
あんこと、ほうじ茶ぜり―の乗った、和風パフェ、食べたいなあ。

面倒だからと作ってなかった栗のクリームだけど、やっぱりおいしい。
クッキーとかケーキとかよりはずっと手順が少なくて簡単に完成する割には、クッキーやケーキと違ってケーキ屋さんのと近い味になるので、作る甲斐はあるんだけど。

リンゴをバターと砂糖で炒めて、クラッカーに乗せて食べるのとかもいいな…。
アップルパイも随分食べてない。

そういう話をしたら、「ファーストフードのでいいなら、買ってこようか」という話になった。
たしかに、混まない時間に行って、さっと買ってくればいいかもね。

息子が「俺はポテトがいい」と言い出した。
あー。フライドポテトも、そういや食べてないか。

あれは家で揚げないもんねえ。冷凍のまま油で揚げるのとか、売ってないわけじゃないけど。
外食が早く普通に出来るようになってほしい。

減塩ゆかり

お弁当のおにぎりに混ぜたり、ご飯にかけたり、大根サラダにかけたり、と意外とうちでは活躍しているふりかけ、「ゆかり」。
こないだ、減塩のゆかりをスーパーで発見。

最後の方が塩ばっかりにならない、という話に、心惹かれた。

ゆかりは好きだ。ふりかけのなかでまず一番にかうとしたらこれだし、同じメーカーの「菜めし」と混ぜてお茶漬けにするのも好きだ。ごま入りとか、しょうがいりとかも好き。でも、これが最後の方になると、確かに塩が多くなって、もう捨てようかな…ってなりやすい。

その欠点がなくなるってこと?
…というわけで、ゲットして、しばらく使い続けて、そして今日、そろそろ残り少なくなった。

なるほど、最後まで塩だけたまったりしない。
むしろ、なぜ、レギュラー商品の「ゆかり」がこうならないの?というぐらい。
減塩というから、味が薄いのかとおもったらそうでもなく、違和感なく食べちゃったし。

今度からこっちにしよう、と思って、買い足しにいったら、小さめのスーパーにはなかった。
あっちゃ、問題はこれか。

大きいスーパーに行ってから買おう。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    04 | 2021/05 | 06
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる