FC2ブログ

LuckyDuckyDiary

おいしくないブドウ

緑色で、皮ごと食べられるブドウを初めて食べたのはアメリカでのこと。大体900グラムあたり、3ドル、といったところだろうか。それほど甘くなく、皮が薄いブドウで、丸いというよりは楕円形っぽい形をしていて、これがずいぶん気に入って食べていた。

ちょっと酸っぱさが勝った味なので、そこに岩塩をふって食べるのがいい、というと、ええ?と言われると思うけれども、まあトマトに塩をかけて食べるのが好きという人なら、なんとなくわかる味だと思う。
さっぱりしていて、なんとなくグズベリーと似たような味。

ここ数年、日本でもそういうブドウを見かけるようになった。アメリカにいた頃は最初は慣れなくて、皮がむきたくてしょうがなかったのだが、慣れた。きっと日本でも、皮をむかない食べ方に慣れた人が多くなってきたのではないかなと思う。
好きでずいぶん食べていたのだけれど、季節的にはもっと後のもの?

久しぶりに買うかと思ってちょっと安売りだったそれを喜んで買って帰ってきて食べたら、皮がちょっと固い…のはまあ、こういうのもありがちだと思うけれど、渋い。

はっきりと渋い。渋柿とまでは行かないけれども、あの口の中になにかがくっついたような、渋い感じがする。
酸っぱい。甘酸っぱいのじゃなくて、渋くて酸っぱい。これは栽培種のブドウにするべき味ではない…という味がする。

これが山に生えてるやつとか、うちの庭のやつとかだったなら、まあ、ありだ。こういう味でも食べられないことはない。
でもだいぶこう、非常時にしか食べない系の味だ。

皮が固くて、皮と実の間のところが激しく渋くて、そして全体的に味が薄くて、かなり酸っぱい。苦みがどこかに見える気がする味。つまり…私はブドウでここまでおいしくないのをお店で買ったことがない。実家の庭のブドウが、熟れないうちに食べるとか、おいしくないのが混ざっているとか、という状態で食べるとこういう、きぃんと酸っぱいのがあったなあ…と思い出がよみがえるぐらいだ。

このブドウは皮が柔らかくて、渋くなければ、私はかなり「酸っぱいだけだね、この味は」と夫が嫌がる味でも全然平気で食べてしまう。酸味と塩分ですっきりおいしい夏の味覚、暑い時に食べるのにはそういうのもいい。
でも、これはダメだなあ…。

食べ物を無駄にするのは好きではない。なるべく無駄にしないように気を付けるし、大抵のものは「まあ、あまりおいしくなかったけど」と食べてしまう方だが、これはだめだった。
夫と協議の結果、この味は無理、という結論で、8割がた、残っていたけれど終了、廃棄となった。

普段ひいきにしている果物やさんじゃなくて、スーパーの商品だったので、もうちょっと季節が暑くなって、「ブドウのシーズン」になるか、いつもの果物やさんで買おう、ということになった。

珍しくここまでおいしくないのを食べた。体験としては新しかった、ということで。
「ブドウというものは、ここまでまずくなりうる」という記録更新。

いつか、これと同じぐらい「ブドウってこんなにおいしいのがあるんだ」という体験もしたい。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    02 | 2021/03 | 04
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる