FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

はじめてのミンスパイ

 英米の物語によく出てくる、「ミンス・パイ」。おいしいものらしい。「とてもおいしいミンスパイが焼ける」というのは、いい奥さんになれそうだ、ということとか、お料理が上手だということなどと同義に扱われている感じだった。
 何が入っているかというと、「ミンスミート」というものが中に入っているという、どうにもヒントにならない話で、子どもの頃から各種訳注を読んできたが、どうも干し果物、特に干しブドウが入っているということ。ブランデーが入っているらしいこと、瓶に貯蔵する保存の効くものであること…ぐらいまではどの注にもあったのだが、牛脂が入っているとか、ひき肉が入っている?みたいな注も読んだことがあるぐらいで、味がどうにも想像がつかない。くず肉とか牛脂を挽いて、混ぜる?干しあんずに、干しブドウに、ブランデー?ウィスキー、スパイス…??どれが正しいのかいまいちわかりづらい。なんせ昭和20年系の訳もあったからね…。訳している人にももちろん未知の食べ物だったりしたのだろう。クロテッドクリームなんて「クリームの塊」と訳してあったりしたし、ミンスミートのミートがmeatだということを考えれば、肉がちらついても不思議ではない。

 この「ミンスミート」というものを中に入れたというパイ、この令和の今になっても、あんまり日本じゃ見ない。
 フルーツケーキだとか、シュトーレンだとか、ショートブレッドだとか、クロテッドクリームだとか、ジンジャーブレッドなんかは大人になる過程で案外手に入れる機会があって、謎は解けたのだが、このミンスパイはまだ未体験だった。
 

それが、みよ、この箱を!この箱は通りがかりの成城石井にあった。
 大体このシーズンにはクリスマスめいたものを売るので、チョコレートのアドベントカレンダーなんか、ないかなあと思って入って見つけた。
 速攻買った。ホームメイドのアップルパイと、箱入りのアップルパイの共通点のことを考えれば、この箱入りミンスパイがある程度ホームメイドのミンスパイの雰囲気を伝えてくれるだろう。

 家に帰って紅茶をいれて、レンジでちょっとあっためて(そっちの方がおいしいと書いてあった)食べてみた。
 フルーツケーキの味だ。洋酒とドライフルーツを入れて作った、濃いめの味。ケーキと違ってねっとりしているが、基本そういう味。なるほど…。こういうねっとりしたケーキ、食べたことある気がする。干しブドウがいっぱい入っている。

 濃厚で、あんまりたくさんは食べられないなあ。こんなもの3切れ食べたとか、パイ皿のサイズによるだろうけど、どんだけ!トライしてみてよかった。今度からミンスパイと書いてあったらこういう味が頭に浮かぶようになるはず!
 9個入りだったのだけれど、個包装ではなかったのでラップで1つずつくるんで冷蔵庫に。早めに食べよう。

 

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる