FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

「小公女」 川端康成/野上彰 共訳

 

小学校5年生ぐらいの頃だったか…。この本は100円で、住んでいた小さな町の、古本屋さんにあった。コンクリートの打ちっぱなしの、トタン屋根の倉庫みたいな場所に、本棚がずらっと並んでいる部分が古本部門。お店の人が座っているのが、もっと普通のお店っぽい古道具部門。田舎の町の、もとはもっとにぎやかだった…という、電車の線路から離れた場所に、酒蔵と並んで立っていたお店だった。

 板チョコ1枚100円ぐらいはしたし、自販機のジュースが1本100円、そういう頃のことで、ひと月に使える小遣いが400円ぐらい。古本屋さんで床の上の段ボールに放り込まれた20円、30円、50円の文庫本を買うのは私の楽しみだった。

 100円もする本というのは相当高いほうで、さすが100円、カバーはついていた。故に今もカバーに覚えがある。
これが多分私が「自分の名作全集を自分で揃えたい」と思った1冊目の本だった。模造紙でカバーを作って、スタンプで柄をつけて、背表紙の部分には題名を書き、てっぺんには消しゴムのスタンプで番号が押されていた。「1」がこれ、というわけだ。
 ほかの本がどの順番だったか、さっぱり覚えていないが、これが「1」だったのは覚えている、そんな本。

 これは英語でもかなり易しいほうに入るので、英語が読めるようになってからは日本語版をもっていなかったのだが、日本語の本を取っておきたいなあ、と思うようになって、探したら同じ本は絶版。



 それどころか、この本、古本でも1000円以上するんだ、なぜだ、ほんとに。
 ネットを見て歩いていると、どうもこの訳について、言及した有名な人があるっぽい?(しかも最近)。
 同じ川端康成/野上彰訳の「小公子」は安いのに…と思ったら、「小公子」は出版年月日が今年の7月?めちゃくちゃ新しいんだけど!つまり、小公子の方は再版したってことだね。

 いろいろ迷っている1か月のうちに、アマゾンのこの本の値段はずんずん上がり、ついに1800円に。おおぅ。みんな手回しのいいことで。去年買ったら360円だったろうになあ。ちぇ…。
 図書館で借りた。文庫本なのにこれは残っていたということは、訳者が違うものを意図的に残しているのだろう。やっぱりこれだな、という慣れた感じがしたので、私が読んだ訳はこれで決定なんだけど…。けど、そんなのに限って、突然ないのはなぜだ。村岡花子さん訳でもいいようなものだけれど。

 ちなみに、伊藤整さん訳の新潮文庫も出回っていたのだが、セーラの名前が「サアラ」になっていたのが違和感があって(ちなみに英語の発音はカタカナで書くとしたら「セアラ」となるはず)買わなかった。私が子どもの時に読んだ抄訳版が「セーラ」だったからだろうなあ。どういう名前になっているのを最初に読むか、ってことだね。「セイラ」「サァラ」「セアラ」「セーラ」あたりのバリエーションがあるようだけれどもアニメも「小公女セーラ」だったし、「セーラ」になじみがある人のほうが多いと思う。
 難しいところだよねえ…。正確に訳すより、ポピュラーな方を採用するほうがウケるわけだから。そう考えると1作目を訳する人の責任重大だ。
 

大統領選挙に思う

 バイデン(民主党)が勝ったらしい。
 マイノリティや、女性に支持の高かったバイデンのサポーターは大喜びだというニュースにも、さもありなん、と思う。

 日本では、日本人である以上差別を感じることはまあ、ない。女性差別も30年前とはずいぶん違うと思う。私が小学生の頃は、女子がいい成績を取ると「女のくせに」という男子がいたものだ。「お医者さんになりたい」なんて女子が言える雰囲気でもなかったし、私が高校生だったころはまだ「女子が四年もある大学に行くなんて、嫁の貰い手がなくなる」なんていうことを真顔で言う大人が当たり前にいたものだ。
 今はさすがにそういうことを大っぴらに言う人はいない。そういうことを言う人はもう「高齢者」であって、「まあ、昔はそうだったのかもね」で終わりだからだ。

 日本に住んでいる日本人にとって、差別は話には聞く、程度のものになり、女性差別は「まあ、あるけど徐々になくなっていくだろう」と思っている人が多いと思う。90年代から、2000年代あたりには、アメリカの差別もそういう風に思っている人が多かった。

 「あるけど、だんだん減っている」し、「差別主義というのは、大っぴらに口に出すことではない」。少なくとも、自分が教養ある、洗練された人間だと思われたければ人種差別主義というのは知られてはいけないことで、表向きは当たり前にアジア人や黒人と知り合いになれなくてはいけないという雰囲気があった。

 それが、トランプが来て、そういう過激なことを口に出すようになってから、事態はどんどんひどくなった。一番強い人がそういう発言をすると、尻馬に乗って「そうだそうだー」という人が増えるような感じ。南部の旗を大っぴらに車につけている人が増え、白人至上主義団体の活動が活発化し、そのワッペンを付けた人が闊歩するようになり…。
 警官が黒人を殺す事件は今までもあった。丸腰の市民を撃つというのは恐ろしいことだ。

 大体、アメリカで個人の武装の権利を上げる人たちは、西部劇みたいなメンタリティの人が多い。「強くなければ、生きていく資格がない」的な。でも、そういう人のほとんどはプラスして「卑怯ではない」ことも、すごく大事にする。つまり、弱者を攻撃せず、逃げる人に追い打ちをかけず、敵ははっきりしているが、お互い五分の戦いであることを大切にする…というようなことをだ。
 それが、最近の事件では丸腰の相手を「後ろから撃った」なんて。アメリカンスピリットはどうなったんだ?
 きれいごとだとは思うが、銃を持ち、自立して、自分の人生を切り開いていくことを良しとするアメリカ人にとっても、ショックだったと思う。いくら自分が共和党支持のWASPで多数派だといっても、「アメリカ的理想」とは程遠いやり口で、今の状況に失望した、というSNSの発言はいくつか読んだ。

 古い価値観を持つ、既得権益層の中にも、丸腰の相手に後ろから、それもまっすぐ致命傷を目指して銃を撃つような警官はごめんだ、という人がいるということなのだろう。

 アメリカに住んでみればわかる。差別的な雰囲気を感じながら生きるというのはキツイことだ。
 私たち日本人だってもちろん「チャイニーズゴーホーム」と言われる。レストランでいきなり銃で撃たれるかもしれないのだ。普通にご飯を食べていただけで。「仕事を奪う、エイリアン」みたいな感じに扱われて、見た目が違うだけで差別され、うっかり白人が多いレストランに知らずに入ったら、全員に振り向かれたことがあったりするんだな、これが…。あれはものすごく怖い体験だった。いや、そこで食べて帰ってきたよ?来たけど。お店の人も丁寧だったけど、どこにも、何も書いているわけではないけれども、砂漠のペンギンみたいに場違いだと思われていることがよく分かった。

 その話を知り合いにしたら、すごく気の毒そうに、いくつかのレストランを挙げられて、このあたりもダメだと思う、と教えてもらった。同じようなものが食べられて、問題のないレストランというのも教えてもらった。もちろん誰も行くなとは言わない。好きなところに行く権利があるのだが、と付け加えて。

 そういう国に住んでいたら…。私は日本人で、日本に国籍があるわけで、アメリカに定住するのが嫌だったから日本に帰ってきたわけだ。私の国民としての権利を、他の人と同じぐらいに差別されずに享受出来て、法律で守られる国に。でも、アメリカ生まれの、アメリカ育ちで、アメリカの国籍しか持っていなければ、どこにも逃げられない。

 黒人のほうが逮捕率が高く、黒人を殺した白人は無罪になる率が高く、丸腰でも後ろから撃たれる危険があり、町を歩いているだけで「不審人物が歩いている」と通報されるような場所に住み続けることは、大変怖いことだ。
 ただそこにいるだけで不審人物として声を掛けられ、警官にそんな権利はない、と抗議したとたん撃たれる可能性があるなんて、日本に住んでいる日本人には起きない(はずだ)が、もしアメリカに自分が住むとして、とアメリカの状況を考えた場合、トランプ政権が怖いというのは理解できる。

 トークショウホストとしてはトランプは面白いだろう。過激な発言も好きな人がいると思う。でも…。強さを求める人たちが、トランプに心惹かれるその効果として、弱いものが虐げられていくという図が見えるだけに、バイデンが勝つのは当然のような気がする。バイデンがいいのではなくて、トランプが嫌、ということだ。

 株式投資をさほどしていない人、普段町で買い物をする人、子どもを学校にやっている親にとっては、日常生活が目に見えやすい。外国との関係だとか、国の経済よりも先に、自分が、知り合いが、親戚が街を歩いていて撃たれないか…ということが大事になってきてしまう。
 「そんなこと」を気にしないといけない人がいるのがアメリカなんだよねえ。

 日本にとっては、経済効果だとか、軍備が、基地が…という話になるのだと思うけれども、私にとっては「あそこに住むなら」になってしまうのは、アメリカで暮らした思い出深い時代があるからだと思う。アメリカで会った人たちには、素晴らしい人たちもいっぱいいた。人種差別とは縁遠い人だって多かった。まあ、今でもつながっている人で白人という人は、私と友達になったという都合上、人種差別をしない人たちなので、反トランプになるほうへ偏っていると思うから、意見は聞くまでもないだろう。

 そしてアジア人なんか友達にもなりたくないというタイプの人はもう、トランプ派なんだろうなあ。
 これからトランプを敵に回して、バイデンさんは大変だと思う。トランプは責任はもう全然ない人として、好き放題なことが言えるし、それにまた、心惹かれてついていく人がいるのだから、人種差別主義者と、マイノリティの衝突はひどくなりそうだなあ…。

 4年前に当選したときは、「周りの人がうまくやるだろうし、トランプも重責ある立場にあることを自覚して、過激な発言はしなくなるだろう」なんて言われていたのに、こうなったからなあ。
 
 今から4年たって、次の選挙になった時はどうなるかなあ。やっぱりトランプはまた、出馬するんだろうか。
 アメリカの歴史上では、続けて2期じゃなくて、とびとびに2期やった人もいるので、そういう可能性もないではないけど。(ちなみに、とびとびであっても、3期は出来ないことに決まっている)あとはオフィスの明け渡しまで、どのぐらいトランプがごねるかだなあ。

 さすがに証拠もなしに違法の投票だったなんて言っても裁判所も棄却するしかないだろうけど。ここで裁判所まで癒着しているとしたら、もうアメリカ史上に残るスキャンダルだものね。20年ぐらいたってから、このあたりのことを書いた暴露本を読んでみたいものだ。
 
 あと、すごいのは初の女性副大統領が選ばれたこと。前回ヒラリーが勝っていれば初めての女性大統領だったのだろうけれども、まあ、それは出来なかったが、副大統領でも、すごく画期的だと思う。私が25年前ぐらいに読んだ、アメリカの女の子向け雑誌(大人用より言葉が簡単なので、英語の学習用に読んでいた)で、非白人の大統領と、女性の大統領、先に出るのはどっちだと思うか、なんてアンケートをやっていたものだ。オバマ大統領が先だったので、非白人の大統領のほうが先だったわけだけれども、それでも副大統領に女性が出てきたんだから、女性の大統領が選ばれる日も近づいたと言っていいだろう。

 次の大統領選には、誰が出るんだろうなあ。前の大統領選の時にはアメリカにいたんだよね、私。
 4年後には何をしているかなあ。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる