FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ネジ式カッターナイフ

  ただ薄いものを、さっと切るときは、今まで家にあったカッターで大丈夫。
 プラスティックボディのカッターで、刃を送り出すとチキチキチキ、と音がして、そのまま普通に使える。

 でもちょっとこう、ひねるような動きをしたり、固いものを切ったりすると、なんとなく刃が押し負ける。
 まあ、一番小さい規格のカッターナイフでそんなものを切るな、という意見はあるだろうが、その時私は昔自分がもっていたカッターナイフのことを思い出した。

 紙の表面を削り取って作る紙版画工作があるというので、担任の先生が次回はカッターナイフを持ってきてください、と言った。
 当時私は小学三年生。カッターナイフは家にはあったが、自分のものはなかった。
 そんなわけで、親にお金をもらって、本屋兼、文具店に行き、買ったのがNTカッター。工作の時間に使う、といったらおじさんが出してくれたのはもうそれ一択。
  
 190円ぐらいだったと思う。姉が持っていたのはチキチキと刃を繰り出すタイプの、多分オルファのだったが、それはおばちゃんが書道教室と一緒に経営している駅前のちょっと遠い文具店のほうだったらしい。というわけで、私が最初に手に入れたのは金属ボディに青のプラ部品がはまっていて、ネジで締めて刃を留める、この左側の写真みたいなやつだった。
 クラスで同じカッターを持っている人が多くて、油性マジックで名字が書いてあった。ネジをなくす男子がいた覚えがある。故に、チキチキ繰り出し式のほうが人気だった。

 めちゃくちゃ長持ちした。中学校になっても、まだ使っていたし、高校生ぐらいの頃まで多分使っていた。
 そのあと、全体が金属でできたちょっとお高いタイプのに買い替えたのは、多分プラ部品が傷んできたからだったはず。刃をおるところの溝がだめになったんだったか。うちには刃を折って入れる道具なんてなかった。付属の溝で折りとるのでなければ、うちではペンチを利用していた。替え刃のケースにも溝があるのがわかったのは、多分自分で替え刃を買うようになってから。

 いつの間にか私が持っているカッターは、プラボディの廉価普及版になって、もしかしたらオルファでもNTでもないのになったこともあると思うけれど、結局そのどちらかのメーカーに戻ってくる。

 話は戻って、力で押し負けるときに、ネジ式で刃を留めるカッターがあったらいいなあ…と思った。探してみるとすごく少ない。
 ホームセンターには、かなりゴツい見かけの大型はあったけど、そこまで大きいと小回りが利かない。
 住んでいる街の老舗の文具店へ行ったら、あった。さすがだ。

 というわけでこのカッター。ちょっと一番下のところが中空になって、折った刃を貯めて置けるというのが違うけれど、私が持っていた初代カッターナイフと大体同じだ。金属ボディのは久しぶり。こういうのって、傷みにくいからね!ネジさえなくさなければ多分長く使える。

 手にもってちょ、と親指でネジを緩めて刃を出してまた締めなおした。
 片手で確かに、そうしてたなあ…。記憶自体は残っていないのに、私の手はこのカッターの使い方を覚えていた。
不思議な感じだ。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    09 | 2020/10 | 11
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる