FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

温度変化

別に、疲れることなんか何一つしていないのに眠くて、だるい感じ。
これが例えば旅行の次の日だとか、昨日は徹夜したとか、そういう話だったら「そうだろうねえ」というような感じだ。

掃除機と、床にモップかけて洗濯とちょっとだけアイロンかけ、そしてトイレ掃除…まではなんとかなったが、そのあとがいけない。もう座り込んでぼうっとネットを見たり本を読んだりするのはなんとかなっても、このだるさ、何なんだろう?

実は朝、寝坊して普段より一時間も遅く起きたのだし、昨日はなんだか風邪気味な感じがしたので30分早くベッドに入ったはずだから、寝不足のわけはない。遠くにも行っていないし、誰か気疲れするような人に会った覚えもない。

 目を閉じて体の状態をチェック。手足が冷たくないか。動悸がしないか。うーん、更年期の症状だったら、こういう時にちょっと脈が速かったり、胸が苦しい感じがしたりする朝もあるのに、そういう問題はなさげ。
 おなかはすいていない。
…微妙に脱水気味…?

とここまで来た時にわかった。暑い。
 こないだまで結構寒くて、冬物が出したままだったのに、ちょっと暑くない??

 靴下を脱いで、上着を脱ぎ、麦茶を飲んでからちょっと横になって30分。
 回復した感じがちょっとする。元気いっぱい本調子ではないが、マシな感じがする。
 これは多分、温度の変化に体がついていっていないってことなんだねえ…。

はあ…20代は遠くなりにけり…。中年も極めた今となっては、こういうことにも気を付けないといけないんだなあ。
うっかりすると熱中症で倒れるお年寄り予備軍だ。

 今年は、春がなかった感じがする。気が付いたらこう…もう初夏。
 景気づけに麦茶とほうじ茶を両方こしらえて冷蔵庫にいれた。

 しばらくこういう温度が続いたら、多分なじんでくるよね。夕飯の下ごしらえが終わったら、本でも読んで過ごそう。
 そう思ってがんばっておいた。

 最低ラインの家事は終わっているし、夕飯も目鼻つくところまでやっておけば大丈夫。
 こうやって少しずつ、日常の対処が若いころとは変わってくるんだなあ…。

 学生だったころは季節の変わり目は、制服の衣替え程度のことでしかなく、なおかつ体感温度からかなりずれていて、この時期にブレザーを着ているのが暑かった思い出しかない。後は中間試験が…というぐらいのことだものね。
 
 どの小説の主人公の女性だったか、「どうして人間ってずっと20歳でいられないのかしら。そのぐらいで年齢が止まったままで寿命を過ごしてぱったり倒れて死ねばいいのに」と言っていたのがあったのを思い出した。
 うん…賛成する。

 20代の体のまんまで60歳まで生きて、そのまま寿命が尽きて突然死ぬシステムになっていたら楽だろうなあ…。
 …と書きながら、本気で想像してみたらそれはそれで怖いかも、と思った。
 バリバリ現役の人が突然死するシステムってことだものね。不慮の事故とかが起こりそうだ。やっぱりだめか。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    04 | 2019/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる