FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

数学と、慣れと、スタイル

息子がやっている受験算数の問題というのは、小学校で習うこと以外のやり方を使わないで解くことになっている。

こんなの、方程式使ったらあっという間ですね、というようなものもあるが、方程式は使えない。

問題集は、メルカリとかで買っているのもあって、時々答えがないものもある(とても安い)。その場合、親が答えを求めておくわけだが、私はもちろん、方程式を使うわけだ。

 息子が、これをやりたい、というので、簡単に方程式とは…という説明をして、XとYの2つの変数を…というところからスタート。
出来る、やりたい、かっこいい…とうるさいので簡単な問題をやらせてみた。

 ミカンを何個かと、リンゴを何個か買って、合計金額は…とかそういうやつだ。

式を作らせてみると、まず、ミカンの数がX個。
 合計の個数がY。
で、リンゴの個数がY-X個

ちょっとまって!ちょっとまって!

ミカンがX個、リンゴがY個、ではないの??

「えー?これでいいじゃん、なんでダメなの?」

えーっと…えーーっとね…。説明できなかった。だめだ、ごめん、説明できないから、後でパパとやって…。

ちなみに、パパは息子が立てた式でもOKということにして、解き方を教えていた。さすが…。

こういうものにも、定番のスタイルというものがあって、私はそれに慣れているんだなあということが分かった。全く意識していなかったけれど、はじめて、ってそういうことだよねえ。
 
 決まった方式に当てはめて解くのは出来ても、仕組みがちゃんとわかっていないんだなあ…ということも分かった。
 中学校のテストであんまり困ったことはなかったんだけど、人に教えるほどはわかっていない。
 
息子は、今から本当に初めて知ることがたくさんある。うらやましいような、かといって自分でまたやるのかと言われると遠慮したいような。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる