FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

気分をあげたいときどうするか

朝から、元気が出ない。顔の濡れたアンパンマンみたいな感じ。

わかっている。。。これは多分、更年期とか、ホルモンバランスとか、そういうもののせいだ。
それでも、気持ちが落ち込むのはもう、どうしようもない。

この前はマンガ喫茶でどうにかなったが、今日もまたかい…という気分がする。
頭でわかっていてどうなるというものでもないよなあ…。体がなんとなく気だるく、毎日結構な時間睡眠をとっているのに、どうにも歯切れが悪い。

 こうなったとき…。誰かが優しくしてくれたら、いいのになあ…。
 別に、その人に魔法のようにこれを直してくれ、といっているのではなくて、ちょっとこう…
 たとえば、「なんだか辛そうだけど、大丈夫?」と聞いてくれて、温かいお茶が出てくるとかさ?眠れない感じがする夜には、「目を閉じているだけでも、体は休まるからね、早めに寝ようね」と、静かな音楽を勧めてくれる人がいたりとか。

 誰かがごはん、作ってくれないかなあ…。あったかい野菜スープと、パンと、ちょっと軽いたんぱく質ならなんでもいいや…。なんならスクランブルエッグとか半熟のゆで卵ぐらいでいい。そうでなきゃあ、うどんとかさ…。ほうれん草とシイタケが入っていて、半熟たまごの入った月見うどん…。

 今日一日だけ、やさしくしてもらって、そしたらきっとまたがんばれるのになあ…。
 そんなことを思いながら、トイレ掃除して、テレビとテレビ台のまわりにぞうきんかけて、床を一通り掃除機かけて、ワイパーにぞうきん装着して床を拭き、玄関掃除して、洗濯物を干して。

 本日分の掃除と洗濯は無事終了だ。
 夕飯に使う野菜だけ、ゆでておこう…。

これでなんとか…。ベッドに座り込んでkindleを取り出し、本をぼうっと読む。

「なんだか、元気がないみたいだね、そんなときには落ち着いてお茶を飲むといいですよ」
なあんてね…。そんな人がいたらなあ…。
 しょうがないから自分で紅茶をいれて飲んだ。

「甘いものを食べると、元気が出るよね」
 誰かが笑いかけてくれれば、私も笑える気がするのに。
チョコレートをひとかけら、口に入れて。

 これは、あれだな…。執事が出てくるんだよ、そういうマンガあった。気の利く人が一緒に住んでいて、掃除洗濯、つくろいものから、お茶のしたくに、日常のお世話をしてくれるというやつだ。ああいうの、あればいいのにな!
 誰だって、日常の面倒なことを誰かがやってくれればうれしいよねえ。

 今日は予定がないのだから、ゆっくりしても大丈夫。夕飯の支度に動かなくてはいけないのは午後4時ぐらいで材料はもうある。

 「今日は、予定がないのですから、ゆっくりなさっては?」
 頭の中のキャラクターに、「そうね…」と返事をして、読書することにした。

 部屋の温度は、整えてあるという設定だ(暖房付けた)。
 「お飲み物もお持ちしましょう」 (冷蔵庫の炭酸水取りに行った)

 うん…なんとなくいい感じがしてきた。頭の中に、コンシェルジュが住んでいるってのもいいんじゃないだろうか。

 妄想といえば妄想だが、便利な妄想というのは、いいアイディアのような気がする。

 元気がないときは、ちゃんとそういう風に気遣ってくれる。
 予定を管理して、動かなくてはいけない時はそういう風に助言してくれる。
 体のことを心配してくれる、そういう誰かが、誰にでもいるわけでもないし、執事なんて家にいる人は日本に何人いるんだろう!

 この現代にそういう人を雇っておく人たちというのは、少ないだろうなあ。
 自分の頭で、自分がしてほしいことはわかっているのだから、これほど気の利いたコンシェルジュもないだろう。
しばらく、頭の中に住んでもらって、お世話してもらうことにしよう、と思った。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる