FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

駅前のお寿司屋さん

息子が行きたいという学校の学校見学会。そのあとにポケモンGOコミュニティデー。
ついでにその学校の近所の科学博物館のロボットプログラミング講座、というもう、盛りだくさんすぎて大変疲れる週末。

最寄り駅に降りたときには全員、家に帰りたいモード全開。だが、このまま帰ると、私がごはんを作るのが嫌になるのは目に見えていた。
家のそばの定食屋さん(安い)でいいやね…と思っていたら、息子が、もっと「いいもの」が食べたい、という。
ファミレスや、フレンチレストランもあるし、回る寿司(高いのと安いのと両方)もある。が、ここで息子は、大変機嫌悪く主張した。「後戻りしたくない」と。

駅から家までの帰りに、どこかへ回り道をするのが嫌、ってことね?全くわがままなー。でもその気持ちはわかる。今日はつまりかなり長い間歩いていたのでくたびれたのだろう。私もへとへとだ。
 駅の階段を下りて、遠くへ歩くのと、定食屋さん(安くてテキトウ)なのと、どっちが嫌なのよ…という話をしたとき、「あのお店、お寿司だよね?」と息子が指さした。

確かに、お寿司やさんだね。チェーンとかではないお寿司屋さんだ。なんとなく、敷居が高くてはいったことはない。この駅前にきっとずっと前からあるんだろうな、といったたたずまい。
 夫が、「入ってみようか」と言った。おっけー。こういう時にお金を出すのは夫だ。ちょっと高いかもな、とは思ったが、夫は自分が入ろうか、と言ったのなら、後から高かった、とかそういうことは言わない人だからね、入って試せばいいってことだ。

 最初は、控えめに行きましょう、最初から特上とか頼んでおいしくなかったら残念だものね…というわけで、夫と息子はにぎりの並を。私はちらし寿司の並を注文した。
 出てきた湯飲みがびっくりするほど特大。子供には冷たいほうじ茶を、私と夫にはあつい緑茶。とてもおいしいお茶だった。

 息子も夫も、ものも言わずに食べていたが、身が厚くて、とてもおいしかったらしい。イクラの軍艦にそえてあったキュウリの切り方の細かさに、「みておかーさん、これすごいよ」と喜んでいた。
 私は、といえばちらし寿司なんて久しぶり。マグロ、イカ、蒸したエビなんかが載っている、いかにも、なちらし寿司だったけれども、これがね…すばらしかった。

 なんていうのだろう、これは江戸前の寿司ではない。文化の薫り高い、上方の寿司というべきだろうか。
まず錦糸卵がとても細く切ってあって、かかっていた魚のそぼろが、これは多分お店の手作り。着色料のピンクの、あの市販のデンブなんかそばにもよれないお上品な味だった。
 ごはん部分にいろいろな美味しい味がするものが混ざっていて…甘辛く煮しめてから細かく切ったしいたけとか、香ばしく炒ってから切ったゴマとかぐらいしか見た目はわからなかったけれども、どこを食べてもしみじみとかみしめたくなるような懐かしい味。

 こういう味のするごはんが入った箱入りの押し寿司を、家にくるお客さんが持ってきてくれたことがある。ご飯の上には、薄くアナゴや鱧の甘辛いのが乗っていて、四角いのを二切れぐらい、お皿に乗せてもらってお相伴にあずかった。電車に2時間も乗ってくるような遠いところから来る人だったが、「家のそばのおいしいお寿司屋さんのものだ」という話だったっけ。
 実は小さかった私は、お菓子を期待していたので、ちょっとがっかりしたのだが、それを吹き飛ばすようなおいしさだった。
 もう30年、いや40年ぐらい思い出していないようなことだったのに、突然そんなことが頭に浮かんだ。

おいしい。ちょっと甘酢漬けのショウガものっていたが、これも、回る寿司や、牛丼チェーン店のテーブルに備えてあるものとは明らかに違う味だ。もしかして、これもこのお店で仕込んでいるのだろうか。多分そうなんだろうな…。
 もちろん、スーパーのお寿司売り場で「ご自由にお取りください」と書いてあるガリの袋の中身が、これの真似だということは、わかる。別物というほどには違わない。
 でも、ガリとはかくあるべしというのがわかるぐらいには、違う。
息子は食べないのがわかっていたので、息子のにぎり寿司の台に乗っていたのは「これ、おかーさんがたべてもいい?」ともらってしまったぐらいだ。

ちらしずしを口に運びながら、しまった…と思った。
こんなおいしいのを食べてしまうと、スーパーとか、コンビニの398円のちらし寿司が食べられなくなってしまうではないか…。

 ごはんの味。のっている錦糸卵や、デンブの味、そしてショウガの味。どれもみんな少しずつ…しかし決定的に違う。
最後の…その90パーセントと100パーセントの違いがあるとしたら、最後の、とどめの10パーセントの部分が行き届いている感じ。

 チェーン店のちらし寿司は、魚が90パーセント。デンブと、錦糸卵とショウガが90パーセント、そしてごはんが90パーセントの出来。掛け算したら0.9x0.9x0.9=0.729で、73パーセント。
 ここのお店のは、1x1x1=1で、100パーセント。一つ一つはちょっとしか違わなくても、最終結果にぐっと差がつく感じがする。

 本当にいいちらし寿司だった。週末なのに結構すいていたので、これはやっぱりお店がなくなる前に食べに行こうね、と、お店の人が聞いたら気を悪くしそうなことを言いながら帰ってきた。
 夫は、「あれで並だなんてねえ…。もしかして、初めてだからサービスしてくれたとかじゃないんだろうか」と言うぐらい、おいしかったそうだ。

 この街にもうずいぶん住んでいるのに、前を何度通り過ぎたことだろう。
 多分だけど、法事の時の仕出しとかもしてくれそうなお店だったから、実はそういうことのほうがメインなのかもしれない。古いお店みたいだしね。
 高いほうの回る寿司ぐらいの予算で、ずっと満足度が高い、と夫が喜んでいたので、また行くことになるだろう。次回もちらし寿司にしようか、それとも巻き寿司にしようか。楽しみになってきた。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる