FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

お揃いのアイテムを持つ

お揃いのアイテム、というのはほかの人とのおそろいではなくて。

 文具でいうと、学校の男子が使っていたのは「BOXY」なんていうロゴが入ったもの。ボールペン、筆箱、下敷き、定規…いろいろあった。高校生の頃に流行ったのは、united colors of benettonなんていうロゴが入っていて、子供のおもちゃみたいな赤、青、黄色、緑の4色だったりした。あれも、ノートやシャーペン、ポーチなんかもあったと思う。
 
 入学祝いや、就職祝いに、万年筆やボールペンとシャープペンのセットなどをもらった人も私と同じ年代の人たちなら、結構多いのではないだろうか。そういう「セット」が箱に入ったものは大抵は結構なお値段がしたもので、2本で数千円ではすまないものもあった。
 ああいうお揃いのアイテムを、ちょっといいな…と思うことはあったが、実際会社に勤めてみると、万年筆はインクの補充が大変面倒だったり、ボールペンは太くて手が疲れないグリップのついたものを愛用したりで使わず、ボールペンとお揃いのシャーペンは金色の金具にパールホワイトのボディがきゃしゃでかわいかったが、実用性の面で学生の頃から愛用している0.7mm芯のシャーペンが結局続投になったりして、それほどお揃いのアイテムを使う機会はなかった。

 が…最近、ちょっとやってみたのがこれ。

スマホとか、kindleとかの電子機器に貼る、模様のついたフィルム。目的は「柄を替える」ことのみにあって、全く実用性はないのだけれども、文房具の柄も同じだよね…。
 写真の左側が私のkindle。右側がiPhoneSE。iPhoneSEのほうは、上から100均で買ったプラスチックカバーがかかっている(ストラップ取り付けのため)。

 どっちも今、とても使用頻度の高いものだし、なんとなく柄がかわいいとうれしくなる。

今月はもう資金不足なのでやらないけど3DS用とかMacBook用とかもあった。うーん。全部同じ柄はちょっとやりすぎな気もするが、やってみたい気もする。電子タバコのケースや、ヘッドフォン用なんかもあった。
自分で塗るとかデコるとか、そういうことは技術はないので出来ないけど、出来たら自分でやったのかなあ。

トールペイントをやっているお友達に言わせると、「無地の平面を見ると塗りたくなってくる」そうだけど。
柄も、何百種類もあったし、雰囲気も色々で、誰でも好きな色柄が1つぐらいあると思う。【楽天のこのお店】で購入。
 結構きれいに貼れるし、あとからそーっとはがせば貼りなおすのも出来る。iPhoneSEはまっ平らなので貼るのは簡単だった。kindleみたいに後ろがカーブしている端末の角は、ドライヤーを当てるときれいに貼れた。
 ただし、端末の表面ぎりぎりいっぱいには貼れず、ちょっと隙間があるので、白っぽい端末には、絵の背景というか余白部分が白いものを、黒い端末には余白部分が黒いものを選ぶのがきれいに見えるコツ。

 あとは財布とかもこういう柄のが注文できると面白いんだけどなあ。
 カットしてないフィルムが頼めれば、kindleのカバーのカスタマイズも出来るのに。


 あんまりおそろいなのは逆にイマイチかな…とか。最近は「ダサい」が死語だとして、こういうのをなんというのだろう。
 

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる