FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

男ってやつぁ…

遠くの友達に手紙を出して、返事が返ってきた。

面白い話が書いてあったので、その話題を書こうと思う。

お友達の家の上のお子さんは、もう高校生。それも、県下では一番の私学に通っているという話で、すごいな、と思っていた。
そういう学校では、生徒全員に英検を受けさせるらしい。それも、3級とか2級とかじゃない。準1級とか、1級とか。
もちろん落ちる子もたくさんいるのだが(主にネックはスピーキングの2次試験らしい)、毎回必ず受けなくてはならないのだとか。

 そしてもちろんその息子君も英検を受ける(今回は準1級)ことになったわけで、「振り込んでおいて」といわれてコンビニでお金は振り込んだから、もちろん私の友達は、受けることは知っていた。
受験票が届いてびっくり、なんと受験地が「東京」になっていたのだそう。

 ちなみにその友人の家から東京までは新幹線でないとたどり着かない。片道1万ごえ、往復四捨五入すると3万円。
てっきり、コード番号の書き間違いか、と思ったら、そうではなくて、息子君は、なんと、(話に聞く、行ったことがない)「秋葉原に遊びに行きたかった」のだそうで、試験なら、お金を出してくれるのではないか…と思ってそうしたらしい。
 なんと、クラスの仲良しグループ5人全員、受験地に東京を選んで、一緒に行こうとしていたのだって。

友人は、何を考えてるのか、ありえない!と怒りまくったそうだ。…そりゃまあね…怒鳴り倒した後、お友達のお母さんと連絡をつけ、「今回は試験はとばしましょう」ということで一応合意をみて、母親たちは全員、息子たちにがっつり説教食らわしました…という顛末に終わった…のなら、私だって想像がついた。

 そのあとがまた、ふるっていて、その話を帰ってきたご主人にしたら、「俺が、出してやろうか」などとおっしゃったそうで、なんと!仲良しグループたち5人のうち、3人は「各自のお父さんの出資」により、秋葉原へ遊びに行けることになったのだって。
えーーーーー。ありえない。うちなら絶対やらない…と思ったけど、(あまりのことに手紙を読んだ私は彼女に直接電話でインタビューしたのだ。面白すぎる)ご主人は、ためておいたへそくりで、お子さんと東京へ行ったのだって!すごすぎる。

 家計にかかわっていないなら、文句は言えないということで、「今度から絶対やるな、遊びに行きたいなら正々堂々、交渉しろ」という条件で、OK出したそうだ。

 「私の立場って、なんなのよ、ねえ?」とご主人にもちょっと腹が立ったようだが、気持ちはわかる。
 うちの息子はまだ小学生だが、ちょっと考えてみると、なんか、うちの子もやるかもしれないな…という気がしてきたので、そういうと、「そうでしょう?男の子のお母さんは、みんな、「ばっかじゃないの」と笑った後、大抵、「うちもやるかも…」と考え込むのよ」ということだった。女の子しかいないお母さんには、軽蔑のまなざしで見られたらしい。

 女の子にはありえない思考回路だと思う。でも、10年以上男児を見てくると、これは男の子、それもグループで調子に乗った男の子だと、ない、とは言い切れない。
 多分だけど、このお子さんたちは、とても勉強の出来る…つまり県下でも一番の進学校の子だってことだからね、きっとそういう勉強がお得意なお子さんたちなんだろうけども、その場の雰囲気とノリで盛り上がって、そうなったんだろうなあ。

 夕飯の時の話題にしたら、息子は、「えー?俺はやらないよ、そんなこと」と言っていた。
 うんうん、将来同じようなことが起きたとき、思い出してね。
 夫は、「もし、やったのがうちの息子なら、お金、出した?」と聞いたら、「まあねえ…そういう冒険もさせてやりたいと思ったかもしれないなあ」と言っていた。
 (えーー?それはつまり、出したかもしれないな、ってこと?予想外だ)

男と女って、こうかみ合わないことがあるという話は昔っからあった。男は火星人、女は金星人みたいな題名の本、あったものね。
なんだかそういう本が書きたくなる気持ちがわかる気がする。
 

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる