FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

並んで買う高い食パン

近所に、食パンの専門店が出来たのは、去年の冬だったと思う。
開店準備の時から、「生・食パン」などという看板が出ていて、私は、「えー。家でわざわざ焼くの?どうせならもう焼いてあるやつのほうがいいなあ…」なんて思って通り過ぎていた。

 生ぎょうざとかと同じカテゴリだと思っていたってことだ。
でも、後からわかった。「生」というのは、「やわらかい」というのと同義語のほうで、いうなれば「生チョコレート」と同じ分類ってこと。そりゃそうだよね…練り粉状態のものをボウルにいれてもらうとか、パッケージになっているのを持って帰ってオーブンで焼くとか、みんな絶対やらないよね、面倒すぎる。

 そんなわけで、開店した食パン専門店はものすごい行列だった。
商店街をはみ出して、ぐるっと回って…列の後ろに「最後尾」なんていうプラカードを持った人が立っているぐらいの行列で、ディズ〇ーランドのアトラクションじゃないんだから…。
パンだよ、それもただの食パン。そりゃおいしいパンかもしれないけど、開店前から並んで2時間とかかかって買うほどのパン…なのか?

 アメリカの食パンは、はっきりいうとまずかった。パン工場で焼いて、スライスしてから袋に詰めずに3日ぐらい放置してからあらためて包装しなおしたのでは…というようなパッサパサのパン。
 いっそラスク?というぐらいカリッカリに焼いてから食べるのがマシではあったが、正直1ポンド99セントでも、値段が4倍の3ドル99セントでも、どっちにしてもおいしくなかった。

 あのアメリカの食パンに比べれば、日本のスーパーの100円の安売り食パンでもかなりおいしい気がする。軽くトーストすると、「ふんわり、さっくり」だ。

 この「生食パン」とやら、値段は一斤432円。まあ…出せない値段じゃないけど…でも、真冬の商店街に並んで買うのもなあ…と思って冬が過ぎた。

 春が来ても、この食パン屋さんは、私が買い物に行く頃には閉まっていることもあった。大体販売数が決まっていて、その日に売る分が終わってしまうと店じまいになるのだ。開店直後に、並んでいるお客さんによって、すべて買われてしまうのだろう。

 最後尾の看板の人は、いつしか見かけなくなったが、それでも相当の列なことは確かで、みんな…時間あるんだなあ…それと、お金もあるんだなあ…と感心しながら通り過ぎた、夏。

 秋も深まった今、時々午後まで開いているのを見かけるようになった。
多分、こういうパンが食べたい人が飽きるまで買って一周回ったのだろう。

 それでもまだ、開店時には何人か並んでいる。

今、私は「本仕込」食パンを一生懸命食べて、ミッフィーちゃんのシールをためている最中(あと1枚)だからねえ…。
それとアメリカのパンのことを考えたら、正直なところこれで十分だし…。
432円の食パンを食べなれて、安いのを食べるのが嫌になったら、家計が大変だ。

 夫に、どう思う?と聞いたら、「もらったら食べるけど、並んでまで買うほどとは思わない」と言っていた。
ちなみに、夫の実家のそばにも支店があって、姪がアルバイトをしていて、もらってきたことがあるそうで、夫は何度か帰省中に食べたことがあるといっていた。

 ほかのパン屋の高めの食パンと区別はあんまりつかないようなパンで(158円のスーパーのパンとは区別出来るらしい)、それなら、他のベーカリーのパンでいいんだって。
 彼は確かに、他のベーカリーの食パンを買ってくることがある。240円ぐらいのとか、300円ぐらいのとか。

うーん…と思っていたら、夫に指摘された。
「もともと、パンよりごはん派だよね?」

うん。朝ごはんは、パンより米がいいほうだ。
なら、いいんじゃないの、買わなくても。

私がこの、生食パンを食べるまでには時間がかかりそうだ。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる