FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

夏はきぬ

卯の花を見かけるようになった。
私が小さかったころ、祖母は、この花を見るたびに「夏は来ぬ」という歌を歌ったものだった。

その歌は「卯の花のにおう垣根に…」とはじまるのだ。

文語調の歌詞で、まだ4歳、5歳ぐらいだった私には意味があまりわかる歌ではなかったが、それでも、一緒に歌った。

当時はだれもスマホなんて持っていない。暇つぶしに歌を歌うという娯楽があった。

なんせ田舎のことだ、声を張り上げて歌っても誰にも文句を言われない。小学生ぐらいの子供から、道を散歩する親子連れ、孫を子守するおじいちゃんおばあちゃんまで、みんな歌っていた。

 明かりをつけましょ爆弾に…というひな祭りの歌の替え歌や、軍艦マーチの替え歌で、「戦艦ヤマトが沈むとき、山田太郎が逃げおくれ、破れたパンツにパラシュート、落ちたところは女風呂」みたいな、男の子好みのからかい歌まで、遊びの一種としてみんなで知っている歌をうたいまくる…という遊びがあった。歌謡曲も、一人が歌えば流行りの歌なら大抵みんなが歌えた。

 そういう歌に比べると、祖母が歌う歌というのは、昔の学校の唱歌などが多かったけれど、子供はつまり暇がつぶれればなんでもいいのだ。

 そんなわけで、私は文部省唱歌が結構歌えたりする。

 そこで、「ホトトギス」という鳥はどんな鳥なのか、とか、ただ鳥が鳴いている…ということを詩的に表現…という言葉は知らなかったが、「しのびねもらす」と、普段は使わない方法で表現する、歌を歌うときのやり方があることを覚えた。

 これを家で歌っているときに、親戚のおじさんがいると、必ず最後に「冬は木綿か」と言っては笑う。
 小学校入学前の私には、何のことなのかさっぱりわからなかったが、オジサンは必ずそれを口にした。誰も反応しないそれを、思い出したのは、今日、卯の花を見たときだ。

 歌詞と、メロディと、そして最後のおじさんのセリフまで全部思い出してから、私は、「冬は木綿」というのが、歌詞の最後の「夏はきぬ」にかけた冗談だ、ということを40年以上たった今、知った。

 夏が絹ごしなら、冬は木綿か(豆腐の)。ということだったんだね。
全くもう、オヤジギャグだ。それもそれほどウケるものでもなく、毎回言うので、スルーされてたんだね…。

 当時の私にはわからなかったけど、お愛想にでも、笑ってあげればよかったなあ。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる