FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

帽子のゴム

風が強い日に、自転車に乗るとどうも帽子が飛びそうになる。

結構深めに帽子をかぶっていても、あおられるし、かといって帽子がかぶりたいのは、髪に花粉が付きづらくなるから。

この場合…対処法はやっぱり、ぼうしにあごひもをつけることなのかなあ…。
野球帽の形の帽子は、たいがい後ろで大きさが調整できるようになっているのが多いのだけれど、私がかぶっている帽子は、つばがぐるっとついているもので、調整機能がない。

子供の頃にかぶっていた麦わら帽子には、必ず、あごにかけるゴムひもがついていた。おさがりで、のびちゃったのがついているにしても、ついていれば風にあおられて背中の方へ落ちることはあっても、落とすことはない。

小学校の時の体育の時の赤白帽にもゴムがついていた。赤白帽の後ろにはちょっとゴムも入っていた気がする。

大人になってからの帽子で、ゴムがついてたのは…そうだ、ベレー帽。
頭の上にちょこっと乗せるだけのベレーで、祖母が取っておいたのをもらったもので、帽子屋さんの箱に入っていた。
黒くて細いゴム紐がついていたので、てっきり、あごひもかとおもったら、頭の後ろにおいて、髪の毛の下に入れるものだということがわかって、「あごにゴムひもをかけて、外に出なくてよかった…」と思ったっけ。

当時は髪が長かったので、ベレー帽のゴムひもは無事、髪の下に隠すことが出来たが、残念、今の私はかなりのショート。髪の下にゴムをいれてもすぐ帽子ごと落ちそうだ。

しょーがない、園児スタイルであごにかけるしかないか…。

白いゴムと黒いゴム、両方あった。どっちにしろ目立つけれども、これは息子が幼稚園だったときの帽子があごひも式だったので取り換えるのに買ったゴムだ。古いな…大丈夫か…と思ったけど、ちゃんとまだ使えた。

白いゴムをあごに回して、自転車に乗る。

風が吹いても余裕、手で帽子を押さえながら自転車をこがなくてもいいし、かなりの強風でも、帽子がずれないし快適!
みかけより、快適さを取る年齢になったんだなあ…としみじみしながら自転車をこいだ。

早く花粉の季節が終わらないかなあ。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる