FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

永谷園のカード

昔、永谷園のお茶漬けのりには、絵のカードが入っていた。
ルノワール、ゴッホ、浮世絵なんかがあったと思うが、近所のおばちゃんがこういうカードを集めている私にくれたりしたものだ。

 私は、当時、多分5歳で、「森永ハイクラウン」というチョコレートについていた妖精の絵のカードがほしかったのだが、「これは、もっと大きい子が集めるものだから、お姉ちゃんにね」というよくわからない理屈で姉のほうへ全部行ってしまった。それを聞いた近所のおばちゃんがくれたのだった。

 ルノワールの絵が何枚か、それから浮世絵があったのだが、小学校に上がる前では名画の価値がわかるほどでもなく。

 お茶漬け海苔は「ぜいたく品」であった。お茶漬けというのは、お茶と、梅干しとごはんのほうがずっと安い。(梅干しは家で作っていた)滅多なことでは「子供には味が濃すぎるから」と使わせてもらえないもので、お茶漬け海苔のあの袋は、見知ってはいても、あんまり子供の頃は食べないものだった。

 オトナになってから、今、塩分のことに関して言えば、私は普段は薄味にするようにしているし、たまに食べるお茶漬け海苔に目くじら立ててもなあ…と思うので、息子が食べたいといえば出す。息子は案外お茶漬けが好きらしく、特に鮭茶漬けがいい、とかうるさいことも言う。

 そんなわけで、時々永谷園のあのパッケージはうちにくるのだった。

 この前買った、お茶漬け海苔には、「ついに復活!東海道五十三次カード」とか書いてある。
えー。あれ、まだあるの?

 復活ってことは途中でなくなって、また出てきたってことなんだろうけど。
 私が持っていたものとは違うが、これが、なかなかにいい。

 今更だけど、こういう名画のカード、かわいいなあ…ほしい。と思った。

 アメリカの国立美術館に行ったときに、はがきのセットとか売ってたしな…。買えばよかったかなあ。ルーブルに行ったときも、いろいろそういうものが売られていたけど、全然買わなかったなあ。
…大人になって、そういう機会をもてるようになるなんて、子供の頃には夢にも思わなかった。モナ・リザの本物を見られるなんてねえ。私は小さいころは、「がいこく」という国があると思っていた。つまり、「ちゅうごく」とか「かんこく」があるなら、「がいこく」だってあるだろう式だ。
 自分が行くなんて、5歳の頭では考え付かなかった。旅行というのは、遠いほうの祖母の家にいくことであり、船といえば近所の観光地の遊覧船であり、飛行機といえば、ヘリコプターしか見たことはなかった。


 ネットで検索すると、そういうカードが出てくる。でも、なんか違う。サイズが違うって。
 ハガキぐらい大きくなっちゃうと、あんまりかわいくないのだ。

 このちょっと小さいカードサイズがいいのであって。

 幼児用教材が引っかかるけど、お値段が高い(上に大きい)。

評判が良ければ、浮世絵以外も、復刻しないかなあ。

 修学旅行のお土産にあった、名所のミニ写真カードのことも思い出した。
あれ、買ったけど…どうしたんだろうなあ。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    01 | 2018/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる