FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

EXレイド(ポケモンGO)

ポケモンGO、つまりスマホのポケモンゲームで、EXレイドのチケットに当選して、レイド(戦闘)に行ってきた。
これは、普通には出てこないモンスターの特別捕獲作戦が用意されていて、チケットに当たった人だけが参加できるという仕組みになっているもの。

ポケモンGOのスポンサーになっている場所で、レイドをクリアしたことがある人から抽選でチケットをくれる。スポンサー企業は、「マクドナルド」か「ソフトバンク(と系列のワイモバイル)」「伊藤園(の自販機。全部ではないらしい?)」それと「イオン」。スポンサージムで戦わないと、チケットが当たらない。
噂によると、exレイドに決まっている日の直前に行くといいとか。要は、抽選で、一度当たるか外れるかしたらリセットされているんだろうね。だから何回も行くことになる。自販機ならいいけど、確かにうちはマクドナルドの利用頻度が上がった。

戦闘は、いつでもできるわけではない。ランダムで45分間セットされるので、スポンサージムで「戦闘出来ます」というマークが出ている時を見計らってやらないといけない。モンスターも、どれがセットされるかは決まった種類からランダムなので、弱いモンスターなら一人で倒せるが、飛び切り強いのが出てしまうと7、8人ぐらいはいないと無理…みたいになったりする。

 あんまり遠くからだと、そういうことは目視出来るようになっていないので、ソフトバンクや、マクドナルドをわざわざチェックしに行くわけだから、これが、スポンサーになるメリットというわけなんだろう。

 足繁くソフトバンクと、マクドナルドを見に行った甲斐あって、EXレイドチケットに当たって、決まった時間にその場所に行くことになった。

寒い…。かといって、「ミュウツー」を手に入れる手段はこれだけしかないし、抽選なんだから、これを逃したらいつ当たるかわからない。

 夕飯の支度は終わらせて、駅前まで出かけた。

うわ…。すごい人数。大体、「ソフトバンクの前」とか「マクドナルドの前」というのは、あんまり人が「たまる」場所ではない。人通りは多いが、流動的で、通過する人が多い。が、今日は別だった。まるで昔の乗換駅の待ち合わせの定番の場所みたいな。ハチ公前とまでは行かないが、相当の人だかり。

 「青チームの人はこっちへー」「赤はこっちー」「黄色はここですー」…と仕切っている人がいる。

同じチーム同士で組んで、「チームダメージ」を与えた量が多いと、もらえるモンスターボールが増えて、捕獲のチャンスが上がるので、チーム分けをするほうが有利ということで、やってくれているらしい。

 私は青チーム。「コード組みますから」と言われて、レイド開始と共に、プライベートコードをいれる、で青チーム専用レイドに。「ピカチュウ、ピカチュウ、ちょうちょでー」…ってちょうちょ、あ、バタフリーか。

 私はまだレベルが20台で、それほど強いモンスターはいないが、チームメイトはレベル37、38、40の人がいっぱいいて、ミュウツーはあっという間に倒された。ボール13個。あ、結構ある。

最近は、グラードンレイドで鍛えたのもあって、カーブボールでグレートも出せるようになったし!張り切って投げる。
金のベリーも使って、5投目のエクセレントでゲット。あ、グラードンより取りやすいかも?「よし、ゲット!」と思わずつぶやいたら、まわりの人が、「おお!おめでとうございます!」と祝ってくれた。

 ありがとうございますー、とニコニコ答えながら、なんかいいな…と思った。次々と、取れた!という人が出て、みんなが祝福する。私も、おめでとうございます!に参加。

 みんな、とてもうれしそうだ。「あ!このミュウツー強い!多分98だ!」と喜んでいる人がいた。私はあんまり調べていないけれども、個体値には1から100まで段階があって、98だの100だのとなるとかなり珍しいらしい。
 「いいなあ、ちょっと見せて!」と人が群がる。CP2270だった。

「やったー!イエ―イ!」と、ハイタッチして、にこにこしているオジサン、お兄さん。みんな、楽しそうだ。
 きれいな化粧のお姉さんも、厚着のおばちゃんも、若い金髪の兄ちゃんも、「初めて捕りました!」とか、「残念、このミュウツーは弱いなあ」なんて雑談。突然町のここだけが、パーティの後か、お祭りか…というような状態に。

 初めてですか?なんていう話になって、そうなんですよ、残念、これは個体値、低いですね…とか答えながら(2250以下だった)、でも、ポケモン図鑑が埋まるのだって、大事ですからねえ…と負け惜しんできた。

 全然知らない人たちなんだけど…でも、なんて楽しそうな集団だろう。

任天堂の岩田さんはきっと、こういうことがやりたかったんじゃないかな…と思う。もうなくなられて数年経つけれども、みんなが外へ出て歩き回って、ポケモンを捕って、力を合わせてレイドをやって、こうして珍しいポケモンを捕ったときには見知らぬ者同士がニコニコして祝福しあっているこれを見たら、ゲームが不健康な趣味だなんて、もう誰にも言えないよね。

 街のレイドで顔を見たことがある人がいるぐらいの知り合い度だけれども、こういう薄いつながりでも、ちょっといいな、と思うのだ。オンラインゲームにも、あるけれども、通りすがりの人が苦戦しているパーティを見て、体力回復の呪文だけかけて、去っていくとか、荷物が重すぎて運べない時に、手伝ってくれるとか。あれが、リアルでも起きるようになったんだね、と思う。

 いけるだろう…と思ってチャレンジしたレイドのモンスターが強すぎで、一人で全滅して、再挑戦、と思ったら、どこに人がいるか全くわからないけれども、レイド参加人数が「2」になっていて、手伝ってもらって勝てたり、(いったいどこから参戦していたのか、いまだに謎)、珍しいモンスターのレイドがあって、歩いてその公園まで行ったら、がらーんとした公園に、もう一人スマホ握った人がいて、お互い、照れくさく挨拶したり。「色違い、出ませんかね…」「なかなか出ませんね…」なんて。

夫のほうには、私が行った一週間後に、EXレイドのチケットが!冬休みの間に、マクドナルドでレイドしたのがよかったらしい。
キタ――(゚∀゚)――!!と大喜びで帰ってきた。

ポケモンGO、まだ、しばらく楽しめそうだ。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    12 | 2018/01 | 02
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる